人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
大きな紹介記事ですね! ..
by sumus2013 at 20:53
捕まった、わけじゃないで..
by sumus2013 at 08:08
記事とは関係ないですが、..
by 神保町のオタ at 05:57
30年経ちましたか、事務..
by sumus2013 at 19:53
「装丁万華鏡」展、載せて..
by 藤城雅彦 at 17:45
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

知っておくと得になること全集

f0307792_20155429.jpg

『婦人ポケット經済讀本 知っておくと得になること全集 婦人倶楽部三月號附録』(大日本雄辯會講談社、昭和十年三月一日)を頂戴した。深謝です。272頁の厚冊で、食料品の見分け方、調理法、お勝手道具の上手な使い方、電気・水道・燃料、家具、家屋・建具、洋服・毛糸類、洗濯、シミヌキ、衣類の手入・保存法などなどから貯金の方法まで、家庭を預かる人間が知っておくべき知恵がギッシリ、という感じの小冊子(タテ9cmほどです)。

f0307792_20155981.jpg
見返しの見開き

f0307792_20160471.jpg


ふと目にとまったのが「美味しいバナナの見分け方」。《黒い細かい斑點》というのは「シュガースポット」と呼ばれてバナナが熟れ切った目印のようなもので食べごろを示すそうだ。《なるべく丸味のあるものが美味しい》これは角張ったものは若くてまだ熟していないという意味。だいたい今日言われているのと同じだが、色味については少し違う意見もあるようだ。

f0307792_20161132.jpg

黄色が鮮やかなものは美味しそうに見えますが、あまり美味しさには関係ありません。それよりも柔らかさと、色でいうと軸に近い部分の色をみましょう。軸の方がしっかり色ついてきていれば、食べ頃が近いバナナで、青臭みが少ないバナナです
http://www.inazawabanana.com/バナナ雑学/甘くて美味しいバナナはどれだ!栽培者だから分/

ひと昔前にはバナナが贅沢品だったという回想をよく聞いたものだが、この記事で判断するかぎり、昭和十年の時点ではそれほど特別な果物だったようには思えない。で、検索してみると納得である。バナナの商業輸入は明治三十六年が最初だそうで、大正十四年に台湾青果株式会社が設立されバナナのセリが始まった。昭和十年に築地が開場。昭和十二年には戦前におけるバナナ輸入のピークがくる。そういう流れがこの記事にも反映しているのである。

バナナの歴史

戦中に徐々に姿を消し、戦後になっても外貨不足からバナナ輸入も制限された。その時代しか知らない人たちがバナナ高級品説を唱えているわけである。昭和三十八年にバナナ輸入は自由化される。以後誰にでも親しまれる果物になったのである。

本冊子には、この他にもいろいろ戦前の暮らしをしのぶアイデアが満載。ちょっと首をひねるもののなくはないけれど、またいずれ機会があれば紹介してみましょう。

by sumus2013 | 2017-10-19 21:06 | 古書日録 | Comments(0)

定本市島三千雄詩集

f0307792_19591198.jpg

『定本市島三千雄詩集』(市島三千雄を語り継ぐ会、二〇一七年一一月一〇日)が届いた。市島は新潟の詩人で齋藤健一さんたちが熱心に顕彰につとめておられる。小生も新潟へ出向いたときには、いろいろ縁の場所を案内していただいた。なつかしい新潟の雪、傾く防風林、詩碑。下の白い冊子は『詩誌「新年」への想い』第五号(市島三千雄を語り継ぐ会、二〇一七年一一月二〇日)。

「詩誌「新年」と新潟の4人の集まり展」

市島三千雄の作品を一篇だけ引いておく。全文。


   痩せて悪智慧がある

 痩せてゐる
 其の上悪智慧があつて
 母はいつも泣く
 上等なペンと時計を買つてくれた。

 試験の點を言われてのち、一時間の課業をつぶして
 先祖代々の履歴をぬいて、母をぬいて先生にしかられて
 
 其の意氣を持つて其の意氣を持つて
 此の暴風[あれ]た堤を横にくたばれ
 貧弱に痩せてくたばれ。


《平生の暮らしの中、市島三千雄は踠き忍耐した。いらだち、せいて気をもむのであった。
 若さが有する道理上からもあったのだろう。彼は専心し、詩を書いた。生涯における二十一篇の作品。身体の全部であった。
 文字に残らずにおわった思考と実験。不可思議な実体が絶えずして忘れることをおさえとどめるのである。》(齋藤健一「後記」)

定価2500円(税込・送料無料)、御注文は「市島三千雄を語り継ぐ会」まで
950-0051 新潟市東区桃山町2-127 齋藤健一方

by sumus2013 | 2017-10-18 20:33 | おすすめ本棚 | Comments(0)

躍るミシン

f0307792_19460407.jpg

伊藤重夫さんの『踊るミシン』(初版は北冬書房、一九八六年一一月三〇日)が復刊された。伊藤さんには『ARE』八号(一九九七年六月一日)「すべてはマンガのために生きている」特集で大西隆志さんとふたりしてインタビューさせていただいた。その記事のために『チョコレートスフィンクス考』(跋折羅社、一九八三年八月)とともに二冊手に入れ、今も架蔵している。最近ではかなりの古書価になっていた。しかしやはり復刊は目出たいです。

伊藤重夫『踊るミシン』

by sumus2013 | 2017-10-18 19:57 | おすすめ本棚 | Comments(0)

海ねこ/青猫

f0307792_19460898.jpg


海ねこさんより最新目録届く。《スイス、ウィーンで買い付けてきた絵本、大正・昭和初期の絵雑誌などなど、新蒐品735点を掲載しました。》とのこと。いつものことながらフルカラーの書影が素晴らしい。めくっているだけで目の保養になる。でも、めくるだけじゃねえ……何か注文したい。

古本海ねこ

f0307792_19461196.jpg

しばらく前になるが、某氏が青猫書房の目録を整理したファイルを送ってくれた。七冊。上の写真に写っているファイルでは、B5判の用紙に裏表印刷で十四枚(二十八頁、未綴)という形式になっている。並んでいる本も見応え十分ながら、店主のエッセイ「青猫愛書閑話」が読みモノである。各地の古書店などをセドリして歩く様子を淡々と描いているなかに、自ずからなる喜怒哀楽がうかがえる。古書好きなら激しく同感するに違いない。一例を。第252号(平成十五年二月一日)より。

渡辺順三の大地堂書店は下北沢に在って、それと知らずに何度も店舗を覗いた。もう30年以上の以前の話だが、店の雑然とした佇まいはしっかり覚えている。間口4間の奥行きの少ない店で、壁三方は書棚だが、日暮里の鶉屋書店がそうだったように中棚を作らず、中央が平台になっていた。恐らく万引き警戒の死角を作らない配置なのだろうが、平台から山積みの本が溢れ、店舗の半分はどうしようもない雑本で埋まっていた。初めて見る詩集や歌集がふんだんに在って、此処の主人は何物だろうと疑問を抱いた。月に1度は草臥れた背広を着込んだ中年男たちがひとり二人と店主に挨拶して奥に消えていった。その光景が何とも不思議で仲間でない寂しさを覚えたものだが、それは単に同好の楽しみ、歌会を開いていたに過ぎなかった。

この後につづく渋谷・中村書店の回想もいいのだが、それは省く。大地堂書店については山下武『古書の味覚』(青弓社、一九九三年)にも出ているので参考までに引用しておく。

ぼくが下北沢の大地堂に足を運んだのは昭和三十年代前半からで、たまたま下北沢が通勤電車の道筋にあるためだった。下北沢というのは妙な町で、古本屋は何軒かあるにもかかわらず、これといった買い物をした記憶がない。
 丸井の先を行くと、古ぼけたという形容がまさにピッタリはまる古本屋があり、中年過ぎた夫婦が交替で店番していた。それが大地堂だった。店の棚は雑然として、値付けはマアマアだが、目を引くような本がない。時代がまだ高度成長期のこととて戦前の本が結構多く、プロレタリア文学関係の本が目についた。林氏が「戦旗」に作品を発表した詩人の仁木二郎と知ったのは後年のことである。何やら一癖ありげな風貌ながら、そのころはもう古本屋のオヤジが板につき、「何かお探しの本でもありますか」などと気軽に話かけてくる。
「黒島傳治の『豚群』を探してます」と返辞したことから、以来、大地堂へ寄るたび「『豚群』は見つかりましたか?」と聞かれるのに閉口した。

文中「林氏」とあるのは林二郎氏で『日本古書通信』に大地堂の開店から閉店までの経緯を書いていたそうだ。それを読んでの回想である。同じ店について書いても、それぞれ目の付け所が違っているのが一入面白い。



by sumus2013 | 2017-10-17 20:35 | 古書日録 | Comments(0)

平凡社/全国書房

f0307792_20294430.jpg

遠藤勁氏より私家版を六冊頂戴した。以前にもいただいていたのだが、今回は新作および増補改訂版だという。まず『平凡社 あの人、この人』から。古河三樹松が取り上げられている。全文。

四谷駅マーケット(新四谷見附橋)脇「古河書店」店主。大逆事件で刑死した古河力作の実弟。平凡社創業者・下中彌三郎の書生から平凡社編集者へ、『名作挿画全集』(昭和一〇〜一一年)などを編纂。私の在籍中は、出入りの書店として図書室や各編集部の資料図書などを納めていた。"見世物研究"の一環か近郊ストリップ小屋の調査?は欠かさず、近況を聞くとその成果をこっそり伝授してくれた。1.4メートルに満たない小躯だったのでカブリツキは得意だったようだ?。愛嬌のあるオジイチャンという風情だった。著書に『庶民芸能ーー江戸の見世物』など。

古河力作のところでも問題にした小躯だが、《1.4メートルに満たない》はたしかに明治生れとしても小躯であろう。他にもいろいろ興味深い方々が在籍されていた。さすが非凡なる平凡社。

『少年の洛中記』も面白い。氏は一九三八年京城生れ。敗戦で引き揚げ、昭和二十一年に縁者をたよって一家五人で京都市へ移住。東京芸大へ入学するまで京都で青春時代をすごされたようだ。まず書店に関する思い出を引用しておきたい。小学生時代の「立ち読み一人巡り」。

まずは家から近い寺町二条の「若林書店」を出発点とする。寺町通を南下して、本能寺向いの同級生・佐々木クンの家「竹苞書楼」はスルーして(漢籍はチョット……)、三条通で東に曲り「そろばん屋」に入る。次は河原町六角あたりの「駸々堂」だ。その頃は四階建てくらいの古びたビルの一階で(そのずーっと後の京宝ビルとは当然違う)、床面積が広く奥では古書も扱っていた記憶がある。そこを出ると向い側に渡り「丸善」に入る。最後は河原町四条近くの西側の「オーム社書店」で終わる。この間、小さな新刊書店や古書店が何軒もあった。美術書専門の「京都書院」はあったかどうかの記憶はない。

全国書房の思い出もある。

御池通を西へ富小路角に散髪屋があり、児童の私はいつもそこへ通っていた。その二、三軒西(柳池中学の東)に、「全国書房」という出版社があった。父親が親しくしていて時々寄っては刊行物を求めていたようで、私も一、二度付いて行った記憶がある。
 普通の町屋を事務所にしていて、なにやら本がいっぱい土間に積んであった。まだ出版社と書店の区別もつかない年頃で、活字だらけの大人の本には興味がもてなかった。
 ある日('49年・小学五年頃)、父親が少々興奮気味に厚い辞書をかついで帰ってきた。全国書房から出た新刊で、『言林』という国語辞典だった。その後高校生まで私専用の字引となったが今は手許に無い。新村出が"新かなづかい"で編んだ戦後初のこの辞書は、発売すぐ全国的にベストセラーとなった。あの近所の地味な会社が作った立派な本に、子供ながら驚いた記憶がある。

今となっては貴重な全国書房の記憶=記録であろう。深謝です。



by sumus2013 | 2017-10-16 21:34 | 関西の出版社 | Comments(2)

充たされざる者

f0307792_20085597.jpg

ちょっと外出したついでに立ち寄った古本屋にて。右の分厚い本はカズオ・イシグロ『The Unconsoled 充たされざる者』(faber and faber)。話題の人だからつい買ってしまった。ペーパーバック初版は一九九六年だが、それは表紙のデザインが違っている。昔、その別表紙本を買っていたことをフト思い出した(前の引越のときに処分)。

カズオ・イシグロ『The Unconsoled』(faber and faber, 1996)

バスで帰宅したので車中で少し読み始めてみた。あるホテルにやってきた客。受付に誰もいない。暫く待ってやっとチェックイン。ボーイが部屋までエレベーターで案内してくれるが、重い荷物を二つ、床に置かないでずっと手に持っている。置いたらいいのに、どうして?と客は尋ねる。すると年老いたボーイは自分のルーツェルン(スイスの町)での経験を語り始める……その会話がいつ果てるともなく続いて行く(とここまでしか読めなかった)。こりゃ、分厚くなって当り前。ただし英語はきわめて読みやすい。いずれ続きを読んでみたい。下記のブログに紹介がある。


左側のもう一冊は Lesley Reader『Book Lovers' London 愛書家のロンドン』(Metro Publications, 2006)。ロンドンの本好き拠点案内。ロンドンへ行く予定はないけれど、写真を見ているだけでも楽しいね。

f0307792_20110902.jpg
写真は新刊書店「Shipley」70 Charing Cross Road


f0307792_20111945.jpg
「古本屋および古書籍商」の章扉
写真は「Any Amounts of Books」56 Charing Cross Road


f0307792_20245244.jpg
Cecil Court の古本屋街



by sumus2013 | 2017-10-14 20:40 | 古書日録 | Comments(0)

朝陽閣鑑賞錦繍帖

f0307792_19463938.jpg

『朝陽閣鑑賞錦繍帖 巻下』(藝苑叢書、風俗絵巻図画刊行会、一九二〇年)。下巻のみ均一台にて。

フロイス堂 朝陽閣鑑賞錦繍帖 全2冊

明治16年に大蔵省印刷局(朝陽閣)より刊行された名物裂の図録『朝陽閣鑑賞 錦繍之部』を、中本2冊にして復刊したもの。裂の図版29点は全て多色木版摺で再現されています。

f0307792_19463365.jpg


f0307792_19462737.jpg

パッと見た目には、実物の裂(きれ)を貼付けてあるのか、と思うくらいよくできた図版である。この時代にもまだまだ木版画の技術は残っていたようだ。


図書館は文庫本を貸し出さないでほしいと文藝春秋の社長自らが全国図書館大会で訴えたという。気持は分る。小生も本を出している身としては、拙著が図書館で何人待ちだと聞いても、ぜんぜん嬉しくない。ただ、貸出し禁止になったからと言って文春文庫の売り上げが回復するか、どうか、それは分らない、というかほとんど関係ないような気もする。結局、人気が集中するのは売れている本であって、売れていない本は貸出し率も低いのではないか? 創業者である菊池寛(讃岐出身です)の意見が聞けたらさぞ面白いだろうが。

菊池寛『文芸当座帳』(改造社、一九二六年)

by sumus2013 | 2017-10-13 20:14 | 古書日録 | Comments(0)

藤井孫兵衛肖像

f0307792_20300401.jpg

星野画廊で開催中の「大政奉還150周年記念展 新発見!《戊辰之役之図》鳥羽伏見の戦い勃発の夕、京都御所では何が起きていたのか 〔150年目の証言〕併催「明治絵画拾遺選II」」展覧会図録を頂戴した。

星野画廊

小波魚青(1844 伊予国宇和島〜1918 長崎市)の描く「戊辰之役之図」もさることながら、「〈明治の群像〉関西の初期洋画家達」と題された諸作がいかにも星野コレクションらしくて面白い。なかで注目したのは上の肖像画。山内愚僊作「藤井孫兵衛肖像」。

五車楼の当主は江戸の創業時より代々「孫兵衛」を名乗り国学や漢学の出版で名を馳せた。新古美術品展覧会目録編纂者としても知られる。ところが10代目孫兵衛は病弱だったために弟の孫三郎に11代目を譲り隠居した。その後11代目も30代で亡くなり、書肆五車楼はとうとう閉店してしまったという。
 山内愚僊は10代目孫兵衛の21歳の時の肖像を、伊藤快彦は孫兵衛の祖母、知玉を描いた。》(本図録より)

藤井孫兵衛についてはブログ「関西の出版」に以下のように出ている。

《藤井孫兵衛 菱屋 五車楼
 創業者は孫兵衛. 近江大津の出身. 漢学者岩垣松苗の家で学僕をしていたが, のちに同家の著述ものを譲り受けて, 明和年間(1764〜71)に出版したのが始まりといわれる. 五車楼は12代続いた書肆で, 代々孫兵衛を継承した. 8代目のときが明治維新改革の時期で, 国学や漢学の旺盛期になったことから, 五車楼版の『国史略』や『十八史略』などが読書界人気の中心になった. また中学校, 師範学校の学制施行により, 教科書に採用されるなど9代目のころ全盛期となった. 9代目は病気のため42歳で死去, 長男泰二が4歳で10代目を継ぎ42歳で死去, 弟が11代目を継いだが30代で死去したのち閉店》(『京都出版史』日本書籍出版協会京都支部、1991)http://westedit.exblog.jp/11516471/

最近この名前、どこかで見たな、と思ったら、自分のブログで紹介していた。

皆川淇園・編次『習文録』(藤井孫兵衛、一八七六年五月一八日版権免許)

とにかく、明治中期の出版人の肖像画というのは案外珍しいのではないだろうか?

by sumus2013 | 2017-10-11 20:54 | 関西の出版社 | Comments(0)

博士の本棚

f0307792_19465568.jpg

小川洋子の書評を中心としたエッセイ集『博士の本棚』(新潮社、二〇〇七年七月二五日)。上手なエッセイを書く小説家だ。いろいろ参考になる意見がちりばめられている。例えば、村上春樹と柴田元幸の対談『翻訳夜話』(文藝春秋、二〇〇〇年)を評したくだりで次のように書いている。

カーヴァーの『COLLECTORS』とオースターの『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』を、お二人がそれぞれに訳した章は、大きな手掛かりを与えてくれる。同じ小説の二種類の訳を読むと、いかに翻訳者が注意深く自己の息をひそませ、作者の声に耳を澄ませているかが伝わってくる。当然、言葉の選択やつながり、文章の切り返しは違っているのに、決して揺らぐことのない、あらゆる差異にも損なわれることのない共通の響き、つまりはうねりが存在しているのである。》(「翻訳者は妖精だ」初出『波』二〇〇〇年一二月号)

翻訳は可能か? という永年の疑問に対するひとつの答えになり得るかもしれない。また、それは小川自身のフランス語の翻訳者に対して感じた印象につながる。村上春樹の発言から「親密で個人的なトンネル」を引きながらこう書く。

フランス人翻訳者との間に通じた温かみは、たぶんこのトンネルを伝ってきたに違いない。トンネルを堀り、物語を探索した向こう側に、書き手である私がいる。私たちは誰にも邪魔できない、二人だけの秘密の通路を共有し合うことになる。

小川の翻訳に当っているのはローズ・マリー・マキノという女性である。二〇〇〇年の六月、小川はパリの版元アクト・シュッドを訪れたとき彼女との間に《同じ作品を共有する書き手同士である》ことを感じた。これが良き翻訳のカギなのである。

ACTES SUD は先日触れた吉村昭の『La jeune fille suppliciée sur une étagère(少女架刑)』(ACTES SUD, 2002)の版元でもあり、フランスの文学系出版社のなかでは目立った存在。小川はパリのサンジェルマン・デプレ教会の近くにある編集室を訪れてこういう感想を持った。

静かな建物だった。緑の美しい中庭に面した部屋は、どこも本や印刷物が無造作に積み上げられ、壁には雑誌の切り抜きがペタペタと貼られていた。ものを作り出そうとする活気と、文学に対する思索的な雰囲気の、両方にあふれた空間だった。
 仏訳が出版されるたび本を送ってもらい、書評が出ればどんな小さな記事でもコピーを送ってもらい、ACTES SUD とはもう馴染みになっているつもりでいた。ただ日本にいる間は、自分の作品が遠いフランスで本になっているという実感を、どうしても持てなかった。ところが、編集室に一歩足を踏み入れた途端、リアルな安堵感を覚えた。テーブルの端に置き忘れたコーヒーの紙コップや、電気スタンドの笠にクリップで留めた黄色いメモ用紙や、そんな何気ない一つ一つが、私の小説のために人々が真摯に働いてくれている、証拠のように思えた。》(「パリの五日間」初出は『群像』二〇〇〇年九月号)

これも共感ということなのであろう。ただ、デプレ教会の近くにアクト・シュッドなんかあったっけ? と思って、今、調べてみると、パリ編集部(本拠地は南仏のアルル)は同じ六区ながらセギュイエ通り(18, rue Séguier)へ移転しているようだ。

「続・喫茶店の時代」に入れたい回想もある。早稲田大学第一文学部文芸専修に入ったころ。

大学に進んですぐ、文芸関係のサークルに入り、週に一度読書会を開くようになった。その第一回目のテキストが『死者の奢り』だった。高田馬場のルノアールで、七、八人がそれぞれに新潮文庫を持ち、小さな声でも聞き取れるようできるだけ身体を近づけ合って、三時間近く議論した。

新入生としての緊張と、ルノアールの柔らかすぎる椅子のせいで疲れきり、わたしは早く終わらないかとそればかり考えていた。ようやくお開きになる雰囲気が見え始めた時、先輩の女子学生がつぶやいた。
「わたしはもっと、徒労感にこだわりたいのよね。」
 そこからまた延々と読書会は続いていった。おしまいには、文庫本は表紙が汗で反り返っていた。

う〜む、ルノアールも迷惑だったろうなあ……。





by sumus2013 | 2017-10-10 20:49 | 古書日録 | Comments(0)

BOOK ART 2017展

f0307792_08230100.jpg

BOOK ART 展 2017
2017年10月10日〜22日

山崎書店
http://www.artbooks.jp


二点ほどオブジェを出品しています。

f0307792_08584010.jpg
カフカ作品集



f0307792_08585098.jpg
ディラン・トマス詩集その他


by sumus2013 | 2017-10-10 08:51 | 画家=林哲夫 | Comments(0)