人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
大きな紹介記事ですね! ..
by sumus2013 at 20:53
捕まった、わけじゃないで..
by sumus2013 at 08:08
記事とは関係ないですが、..
by 神保町のオタ at 05:57
30年経ちましたか、事務..
by sumus2013 at 19:53
「装丁万華鏡」展、載せて..
by 藤城雅彦 at 17:45
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サンシュルピス古本市2017

f0307792_14541671.jpg

サンシュルピスの古本市へ。今年は開催も危ぶまれたと聞いたが、結局、六月一日から六日まで、精霊降臨祭(Pentecôte パントコート、六月四日日曜日、翌日の月曜日も休み)に重ねた日程で例年通り開催されていた。出店数はおよそ九十。土曜ということもあってか午後三時頃から徐々に人が集まり始めて賑やかになる。例によって古本屋連中は一時頃から通路に出したテーブルを囲んでワイワイと昼食(ワイン付き)を楽しんでいる。その間、店はほったらかしに近いが、気にしない。今を楽しもう、という感じ。

f0307792_15083262.jpg

f0307792_15105152.jpg
f0307792_15184841.jpg
f0307792_15210161.jpg

旧知の古本屋さんご夫妻にご挨拶。久しぶりにサンシュルピスに出店したとのこと。ご夫妻も食事中だったが、まあまあ座ってとすすめられビオ・ワインを頂戴する。

「カトリーヌ・ドヌーヴが来てたんですって、わたしは見なかったけど、スッピンで。このすぐ前に住んでいるのよ」
と奥さん。ご主人はビオ(bio 有機農法による商品)に熱心。いや今日のフランス人はおおむねビオに敏感である。有機食品にはAB(agriculture biologique)というマークが付いていてすぐに判別できるようになっている。
「このワインはサンシュルファトなんだよ、分る? シュルファト」
「え、サンシュルピス?」
などと耳が悪いだけの反応をして苦笑される。シュルファト(sulfate)は硫酸塩でミネラルウォターなどに多く含まれているもの。サルフェート。最近はオーガニックの観点からサルフェート不使用(sans sulfate)が注目されているようだ。

ワインを頂戴したから、というわけでもないが、この日は会場をくまなく見て回っただけで何も買わず。会場の雰囲気を満喫するだけでいい気分になった。

by sumus2013 | 2017-06-30 17:19 | 巴里アンフェール | Comments(0)

トポールの世界

f0307792_15232627.jpg

六月忘日、パリの国立フランソワ・ミッテラン図書館(BnF)で開催されている「Le monde selon Topor」(トポールの世界、2017年5月28日〜7月16日)を見た。トポール歿後二十年を記念する展覧会である。

1950年代のデビューから60年代前半あたりが第一期、60年代後半から70年代が最も脂ののった充実期、その後の80〜90年代はテレビなど多方面で活躍した最盛期。原画や版画だけでなく、本や雑誌、ポスターも多数展示され(何しろ図書館なのかなりのものは収蔵品から選ばれている)、それぞれの時代の映像(TVインタヴュー他)もモニターで視聴できるようになっており、また、それらのヴィデオとは別に「ファンタスティック・プラネット」やフェリーニの映画に登場した場面、TVアニメなども部分的に映写されていた。

f0307792_15252495.jpg

会場の一番最初に展示されていたのが『BIZZARE』だった。

『BIZARRE』第九号の表紙

f0307792_15264788.jpg


f0307792_15274605.jpg


f0307792_15284822.jpg

よくまとまった展示ではあった。ただし、ジャーナリズムにおいて大変な量の仕事をこなした男なので、全体像というにはやや物足りない感じがしないでもなかった(小生が架蔵していてここに展示されていないポスターや出版物も少なくなかった)。欲を言ってはきりはない。とにかく多数の貴重な原画を実際にこの目でとくと見られたのが何よりの収穫。

f0307792_15295702.jpg
エントランスの脇にミッテラン図書館の模型が飾ってある。四冊の本を開いて四隅に立てたというデザイン。この図書館はパリ市内ながら南東の端にあって周辺にもとてもパリとは思えないウルトラモダンな建物が並んでいる地域である。

ロンドンではテロが頻発し、パリでもノートルダム寺院の前で警官が襲われたり、シャンゼリゼ通りで武器を積んだ自家用車が警察車両に突入するなど、ラマダン・テロが頻発していた。公共の建物に入るには必ず手荷物チェックを受けなければならない。bnfもエントランス前に行列ができていた。空港ほど厳しくはないが、カバンなどはトレーに入れ、それを係員がチェック、本人は金属探知機のゲートをくぐる。さっと通りたかったのでカバンは持ってこなかったものの、ポケットの鍵またはベルトのバックルに反応してゲートのアラームがビーッと鳴った。ところがなぜか係員は気もかけず、そのまま行かせてくれた。このあたりの緩い感じもパリらしい。(すぐ前のおばさんはルーペのような形の携帯金属探知期で再チェックされていたが)。

入って正面やや右にチケット売り場がある。図書館には利用料が必要。展覧会も常時いくつか開催されており、トポール展は9ユーロ(ただし会期中何度でも見られる)。バーコードの付いたチケットを展覧会場(Galerie 1)のゲートにある丸い読み取り窓にかざすとメトロと同じように回転棒が動いて入場できる仕組み。平日だったせいもあろうか、観客は数人、それもトポールと同時代を生きたと思われる年代の人たちだった。

f0307792_15313628.jpg

カタログやトポール関連書籍・版画・絵葉書などは館内の書店で販売されている。大判で42ユーロ、お買い得感はある。カタログについては後日紹介したい。



by sumus2013 | 2017-06-28 04:47 | 巴里アンフェール | Comments(0)