林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
書き込みいただき有難うご..
by sumus2013 at 16:21
小生も大切な本には、イチ..
by 岩田 at 20:35
出水春三は私の亡くなった..
by 驚きました at 22:03
桑山太市さんですね。
by 相馬 at 23:30
かつて幕府の地方代官家に..
by koganemaru at 08:21
そうすると飼い主と同い年..
by sumus2013 at 07:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文筆=林哲夫( 41 )

本の虫の本

f0307792_16094400.jpg
『Pen』2018年11月1日号誌上で紹介されました。



f0307792_16185782.jpg

f0307792_20401864.jpg


f0307792_20401465.jpg


f0307792_20401120.jpg
赤井稚佳イラストより



本を食べる
 聖書には本を食べるという話が二度出ています。まずエゼキエル書第三章。

「我にいひ給ひけるは人の子よわが汝にあたふる此巻物をもて腹をやしなへ膓(はらわた)にみたせよと我すなはち之をくらふに其わが口に甘きこと蜜のごとくなりき」(1)

 有名なのはヨハネ黙示録第一〇章でしょう。

「われ御使のもとに往きて小き巻物を我に与へんことを請ひたれば、彼いふ『これを取りて食ひ尽せ、さらば汝の腹苦くならん、然れど其の口には蜜のごとく甘からん』われ御使の手より小き巻物をとりて食ひ尽したれば、口には蜜のごとく甘かりしが、食ひし後わが腹は苦くなれり。」(1)

 アルブレヒト・デューラーにはこの場面を描いた版画があります。それを見るとヨハネは冊子本を飲み込もうとしています。え? 引用した日本語訳では「巻物」と訳されてますけど……。英語版を当たってみますとエゼキエル書の方は「roll」で黙示録の方は「the little book」です(2)。さらにヴルガータ聖書のラテン語はどうなっているのか調べてみますと、エゼキエル書は「volumen」で黙示録は「librum」です(3)。「volumen」は「巻物」で、そして「librum」はデューラーの描くような書物とみていいのでしょうか?

 ところが、ある方にギリシャ語訳で黙示録の該当箇所は「biblaridion」となっており「a little book」の他に「a little papyrus roll」という意味もあると教えていただきました。そもそも黙示録の成立した時代(紀元後一世紀?)には冊子本はまだ一般的ではなかったはずですから、デューラーの絵が間違っているという可能性が高いように思われます(4)。
 エゼキエルやヨハネとちがって、世俗の王様から本を食へと言われた人もいました。[以下略]

(1)『旧新約聖書』米国聖書協会、一九一四年。
(2)『THE HOLY BIBLE』AMERICAN BIBLE SOCIETY, 1877.
(3)ヴルガータ聖書のサイト(http://www.drbo.org/lvb/)より。
(4)フランス語の聖書ではどちらも「livre」のようですが、「livre」も古くはパピルスでできた巻子の形をも意味したと言います(http://www.cnrtl.fr/definition/livre)。なお、現存最古の冊子本は四世紀に作られたとされるカイロのコプト博物館蔵の聖書『詩篇』。冊子本は一世紀後半から二世紀頃に現れたと考えられているようです。



空飛ぶ本
 芥川龍之介の短篇小説「魔術」をご存知でしょうか? 主人公「私」は、ある時雨の降る晩、印度人ミスラ君に魔術の実演を見せてもらいます。ミスラ君がちょいと指を動かすと、書棚に並んでいた書物が一冊ずつ動き出しました。「夏の夕方に飛び交う蝙蝠のように、ひらひらと宙へ舞上」っては「うす暗いランプの光の中に何冊も自由に飛び廻って、一々行儀よくテエブルの上へピラミッド形に積み上り」すぐに「もとの書棚へ順々に飛び還って行く」ではありませんか。仰天した「私」はミスラ君にぜひとも魔術を教えて欲しいと頼み込みます(1)。

 コウモリのように、いや、まるで鳥のように自由に空を飛び交う本たち、それはウィリアム・ジョイスの短篇アニメ「モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本」(2)にも描かれています。主人公のモリス・レスモアは読書中にいきなり襲ってきた突風に吹き飛ばされ、知らない土地に放り出されます。あてもなくさまよっていると、何冊もの空飛ぶ本に引っぱられて中空に浮かんでいる若い女性に出会います。すると、彼女の手に乗っていた一冊の本が、ピョンピョンとモリスのところへやって来て、彼をある石造りの建物へといざなうのです。そこは羽ばたく本たちの巣なのでした。モリスは本の守り人としてそこで一生を終ります。そして、彼もまた、空飛ぶ本とともに昇天していくのでした。

 アニメの冒頭シーンでは、強烈な風がモリスの持ったノートの文字を空中に吹き散らしてしまいます。これはカルロス・フエンテスの短篇SF「火薬を作った男」を連想させてくれました。フエンテスはもっと深刻にページから文字が消え去ってしまう光景を描き出しています。

「本という本の活字がインクの蛆のようになって床に散らばっていたのだ。あわてて本を何冊かひらいてみたが、どのページもまっ白だった。悲しげな音楽がゆっくりと、別れを告げるようにわたしを包んだ。文字の声を聞き分けようとしたが、その声はすぐにとだえ、灰になってしまった。このことがどんな新しい事態を告げるのかを知りたくて外に出た。空には蝙蝠たちが狂ったように飛びかっていた。そのなかを文字の雲が流れていた。ときどきぶつかりあっては火花を散らし、……《愛》《薔薇》《言葉》と文字は空で一瞬輝くと、涙となって消えた。」(3)

 妖しくも美しい情景です。作者が、紙の本の終りを、空を飛び交う言葉のスパークとして、表現しているとしたら、それは、ひっきりなしに電子データをやり取りする今日の世界を、クラウド(4)という概念にいたるまで、かなり正確に予言しているのではないでしょうか。[下略]

(1)『芥川龍之介全集3』ちくま文庫、一九八六年。明治時代の東京では市内でもふつうに蝙蝠が見られたそうです。
(2)ウィリアム・ジョイス著、おびかゆうこ訳『モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本』徳間書店、二〇一二年。William Joyce『The Fantastic Flying Books of Mr.Morris Lessmore』Atheneum Books for Young Readers, 2012。アニメは短篇アニメ部門でアカデミー賞を受賞しています。
(3)カルロス・フエンテス著、安藤哲行訳『アウラ』エディシオン・アルシーヴ、一九八二年。「火薬を作った男」の初出は短篇集『仮面の日々』(一九五四)。
(4)雲、クラウドコンピューティング(英: cloud computing)とは「コンピューティングリソースの共用プールに対して、便利かつオンデマンドにアクセスでき、最小の管理労力またはサービスプロバイダ間の相互動作によって迅速に提供され利用できるという、モデルのひとつ」(アメリカ国立標準技術研究所)だそうです。

f0307792_16044178.jpg

本の虫の本 単行本 – 2018/8/27




f0307792_16180542.jpg
イラスト=赤井稚佳



ほんのまえがき

 本の虫って、どんな虫でしょう?
 英語ではブックウォームというくらいですから、くねくねと本の上をはいずって回る青虫でしょうか。蛍雪時代なんて言葉もあります。本を照らす薄明かりを放つホタルでしょうか。何をバカなこと言ってるの、本の虫っていうのは紙魚[ルビ:シミ]のことでしょ、と今思った方、あなたはもう立派な本の虫になっていますよ、きっと。本棚の陰に身をひそめると、この上もない幸せを感じませんか? 触覚が生えて肌が銀色につやつやと光りはじめていませんか?
 五匹の本の虫が寄り集まってこの本を書きました。オカザキフルホンコゾウムシ、オギハラフルホングラシムシ、タナカコケカメムシブンコ、ノムラユニークホンヤムシ、ハヤシウンチククサイムシ。それぞれ形態はもちろん、ジャーナリズム、古本屋、新刊書店、装幀など、活動する領域も異なっていますが、単に本が好きとか、本を愛する、というだけでなく、文字通り、本を食べて本とともに暮らしていると言ってもいいくらいのムシたちです。
 本の世界にまつわるテーマを、これらホンノムシレンジャーたちが、自由に取り上げました。項目ごとにひとつの独立した読み物になっています。皆が思い思いに選びながらも、ほとんど重なる話題はありません。調整しようね、と打合せのときには相談していたのですが、調整の必要はありませんでした。ときに、似たテーマを扱っているとしても、ムシそれぞれの捉え方は同じではありません。そのくらいバラバラ、いや、ヴァラエティがありながら、本に対する姿勢には共通するものがしっかりと流れている、この一体感もまた本書の特長です。本の本のブックガイドとしても楽しんでいただけますし、また、元本の風姿を生かしながら自在に躍動するアカイホンカキムシのブック・イラストレーションを眺めるのも贅沢なひとときとなるでしょう。
 草原に棲むナイキホンアミアツメムシの発案からこの本は始まりました。「本の用語集を作りたいんです」と蚊の鳴くような声で相談されたときには、正直、多少の不安を感じました。ところが、虫選が進み、徐々に姿がはっきりしてくるにしたがって、本の虫コロリのアイデアを蜘蛛の糸のように次々と繰り出してくれたのです。この本の仕上がりが読者の皆様に刺激と安らぎを与えられるとしたら、それはもう虫愛ずるナイキムシの読み通りだと言えましょう。
 読み終わったら、いえ、読んでいる最中にも、書店へ出かけたくてたまらなくなります、ぜったい。そして、そこで発見するでしょう、本に対する、本とともに生きている虫たちに対する、見方がすっかり変わっていることを。本を取り巻く空間が、すみずみまで意味をもってイキイキと感じられるようになっているはずです。これであなたも立派な本の虫です。触覚が生えて肌が銀色に……はなりません、たぶん。
   著者虫代表 ウンチククサイムシ


オカザキフルホンコゾウムシ  キンイツ科
Onajihon Nandodemokau Bakadeii
浪花ニ産ス。幼虫時ヨリ漫画ト文学ニ溺レテ生育ス。第三ノ新人、梶井基次郎、庄野潤三、開高健ラヲ好ム。詩ヲ愛シ荒川洋治ニヲ師トス。学生時代ヨリてぃっしゅぼっくす転用ノ文庫本箱ヲ愛用ス。映画、落語、音楽ニモ精通ス。多クノ著名人ニ取材シソノ養分ヲ吸ウ。本ガびっしり詰マッタ地下洞ニ棲ム。多数ノ著書ニ加エ、詩集『風来坊』アリ。

オギハラフルホングラシムシ  キョムシソオ科
Kiokuyori Kirokuninokoru Dokushoseyo
伊勢ニ産ス。小学生デ第三ノ新人ヲ愛読シ、喫茶店デ漫画ヲ貪リ、ラジオ投稿虫トナル。高校生デあなきすとヲ志望ス。古本屋・中古れこーど屋ニ日参スルコトヲ夢ミテ神保町ニ隣接スル大学ニ入ル。高円寺ヲ根城ニらいたートシテ活動ス。辻潤、吉行淳之介、鮎川信夫、男おいどん、野球、将棋、トリワケ昼酒ヲ好ム。巣ニハ窓ヨリモ壁ト廊下ヲ欲スル。

タナカコケカメムシブンコ  リカジョシ科
Gikkurigoshi Yatte Ichininmaeninari
備中ニ産ス。幼虫時ヨリ運動ヲ好マズ学級文庫ニ入リ浸リ、アマリニ同ジ本ヲ繰リ返シ読ムタメ親虫ヲ心配サセル。高校デハ生物部、社会問題研究部ニ属ス。倉敷ニテ古書店「蟲文庫」ヲ開キ固着生活ニ入ル。苔、亀、星、猫、南方熊楠、木山捷平、原民喜ラヲ好ミ、「古本屋の少女」ヲ経テ「ガチの本屋」ヘト変態ス。

ノムラユニークホンヤムシ  ショテンイン科
Miwataseba Honyade Hitorikirigayoi
越前ニ産ス。文学全集・美術全集ニ囲マレテ育ツ。姉虫ノ影響少ナカラズ、学校図書館、近所ノ本屋ニテ座リ読ミス。『ぐりとぐら』ニ衝撃ヲ受ケ、少女漫画、山田風太郎、山田稔ラヲ愛ス。面接ニテ「三月書房が好き」ト書イテ恵文社一乗寺店ニ採用サレル。以来二十年、すぴんトすりっぷニハ過敏ナリ。

ハヤシウンチククサイムシ  カミキリキザミ科
Honwamita Megadaijito Omoitai
讃岐ニ産ス。瀬戸内ノ海ニ面シタ農村デ種々ノ虫トトモニのほほんト成育。幼虫時ヨリ漫画ヲ好ミ、漫画家ヲ夢ミルモ挫折、画家トナル。三十ヲ過ギテ文学ノ世界ヲ知リ同虫雑誌ニ混ザリ、著述、編集、装幀ノ業ヲ覚エル。京ノ都ニ飛来シテヨリ古書ニ塗レテ本ノウルワシサニ目ヲ開カレ、モッパラじゃけ買イニイソシム。


f0307792_08520191.jpg


f0307792_08520604.jpg


f0307792_08520982.jpg


f0307792_08521100.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2018-10-17 16:12 | 文筆=林哲夫 | Comments(2)

詩誌「新年」への想い 第6号

f0307792_21212509.jpg

『詩誌「新年」への想い』第六号(市島三千雄を語り継ぐ会=新潟市東区桃山町2−127斎藤方、二〇一八年一一月二〇日、500円)が出来上がった。小生も「荒海や」という文章を書かせてもらっている。今年の四月に自家用車で新潟まで往復した話を、芭蕉の『おくのほそ道』にからめて書いてみた。

目次
・『両岸の散歩者』オートイユの思い出/アポリネール 冨岡郁子訳
市島三千雄に嫉妬する。 齋藤正行
・市島三千雄と「シュールレアリスム」 さとうまさお
・小樽への旅 鈴木良一
・無い図市島三千雄 齋藤健一
・進むを知り 齋藤健一

とくに「市島三千雄と「シュールレアリスム」」を興味深く読ませてもらった。ご希望の方は上記へ直接ご連絡いただきたい。

『定本市島三千雄詩集』(市島三千雄を語り継ぐ会)


[PR]
by sumus2013 | 2018-10-06 21:34 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

ネットで絵を買う

f0307792_17101906.jpg

ギャラリー島田発行のフリーペーパー『Gallery SHIMADA & Art Support Center Kobe INFORMATION』(ギャラリー島田、二〇一八年一〇月)に「美の散歩道」というエッセイ・コーナーがある。テーマは自由とのことだったので「ネットで絵を買う」という短文を書かせてもらった。ここ何年かヤフオクで絵を買っている(古本をネットで買うことは非常にまれです)。もちろん高額な作品は手がでないので、お小遣い程度で買える範囲内で、である。そのへんのアレコレを。

上の写真は最近入手したなかでは多少自慢できるかなと思う一点。ジャック・カロ(1592-1637)の銅版画。しかも額付きだった。タイトルは上部に記入されている。「Entrée des sieurs de Vroncourt Tyllon et Marimont」。検索してみると一六二七年頃作。

《The engraving is part of "Le combat a la Barriere" by Hynry Humbert, a serie of 10 etchings made to celebrate the feast which took place on the 14th of February 1627 in honour of the Dutchess of Chevreuse.》

Hynry Humbertによる「バリエールの戦い」のための十点連作の内の一点のようだ。当然ながらネットオークションでは画像だけで判断するため、現物が届くまでは複製版画または印刷物じゃないかと心配だったが、これはまず間違いないもののように思う。額縁も絵に相応するレベルである。

とは言え、こういう珍品に出会うことはほとんどない。ただし「ほとんどない」であって「決してない」ではないところが魅力というか魔力だろう。「他人の絵買ってどうすんの!」という声が近くから聞こえて来そうだが……。

絵はギャラリーでも買いますぞ。秘蔵作品大放出市! そそられます。

f0307792_20121867.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2018-09-12 20:11 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

本の虫の本

f0307792_15232894.jpg


『本の虫の本』(創元社)。岡崎武志、荻原魚雷、田中美穂、能邨陽子、林哲夫の五人が執筆。赤井稚佳さんのカラーイラストが入ります。店頭に並ぶのは八月中旬、お盆の後になるかと思います。予約好調のようです。お楽しみに。

本の虫の本


f0307792_20215247.jpg



f0307792_20223977.jpg


f0307792_20224140.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2018-07-11 15:24 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

続装丁家で探す本 追補・訂正版

f0307792_20452951.jpg

f0307792_20453158.jpg


数日前、かわじもとたか『続装丁家で探す本 追補・訂正版』(杉並けやき出版、二〇一八年六月二〇日)がドカンと届いた。ドカンと行っても二冊。しかし、この厚さ。実は小生、序文を書かせてもらっている。

二〇〇七年に本書の正篇『装丁家で探す本 古書目録にみた装丁家たち』が発行され、好評を博した。

《その後九年がたったが細々と日々追加項目を増やし続けてきた。なにしろ古書目録を読むのは日常のことゆえついつい記録してしまうのだ。それがいつの間にかメモ用紙に書いたものが(新聞の折り込み広告の裏が多い)10cmを超える程の厚さになった。
 ここでは古本屋が開いているネット目録と紙の目録、そしていろんな人が開いているブログから拾ったものに、さらに国会図書館の在庫検索で調べたものを載せている。》

・・・というやり方で429名の装丁家(や画家など)が手がけた装幀本およそ9100冊(!)を網羅している。小生なども、もう大分前から装幀については注意してきたつもりなのだが、見たことも聞いたこともない画家の名前がバンバン出てくる(いちおう知っている人の方が多いには多いですけど)。この厚さになるのも当然か。

並の人間なら、これは紙の本では無理、ネット上で公開しよう、という判断をするはずである(訂正・追補も容易である)。実際、かわじ氏は上記のようにそういう方々の情報公開の恩沢に浴しているのである。しかし、それでも紙にこだわってこの大冊をものした、それがかわじ氏という人物のほとんど全てを物語っているような気がする。

f0307792_20452492.jpg

本文の組み方が一風変わっている。序文〜目次は右開きのタテ書き、つづいて、まえがき〜本文は右開きの……なんと呼べばいいのか、ご覧のような、右頁では前小口を天に、左頁ではノドを天にしたタテ書きで456頁まで組んである。次にカラー図版の「私は誰でしょう」装丁家をあててくださいクイズがあって、その裏が奥付。そこを越えた残りの頁は「装丁挿話」左開きのヨコ書き(裏表紙側から読み始めます)。

「装丁挿話」はこれがまたかわじ氏らしい率直さ、ユニークさがよく分る内容である。。「(2)片腕の装丁家五人」なんて、誰が思いつくだろうか!? 「(50)野中ユリ」(野中ユリはかわじ氏の愛する作家です)のくだりは面白すぎる。

f0307792_20452765.jpg


序文「がかさがしがさがか」の冒頭を引用しておく。

京都の古書善行堂でかわじ氏にお会いしたのは二〇一五年一一月だったか。その折り、氏の近著『月の輪書林古書目録を一考す。』を頂戴したが、なぜか案内役として同道しておられたのが神保町のオタさんだった。そう広くもない店内で奥に店主、中央に積み重ねられた古書の細長い山を挟んで両側の通路にかわじ氏とオタさん、小生は入口近くに居て、水島爾保布の話題などで盛り上がったのだった。情熱を傾けた水島本をすべて処分されたとおっしゃったのが印象に残る。そんな談話に興じながらも、内心「どうしてかわじ氏とオタさんは知り合いなの?」といぶかしく思っていたのだが、考えてみれば、並々ならぬ古書通のお二人である、交流があったとしても何の不思議もない。本書を読んでもらえば分るように、かわじ氏は疑問に思われたことをすぐ誰彼に対して質問される。意気投合するところがあったのだろう。神保町のオタさんはディープな古書ブログ「神保町系オタオタ日記」の主ながら、今もってその正体は不明のままである。そのときも善行堂は初めオタさんのことを常連の「Kさん」だと思い込んでいた。小生は善行堂へ来る前に立ち寄ったヨゾラ舎という古本とCDの店で「今、オタさんとかわじさんがいらっしゃってました」と聞いており、要するに、かわじ氏の連れがオタさんだという情報を予め仕入れていたのだ。だからかろうじてオタさんだと認識できたのである。話の流れでKさんの正体(オタさんの正体)を知った善行堂主人の愕いた顔といったらなかった。

以下、ご興味を持たれた方は、ぜひ本書にてお読みいただきたく。

杉並けやき出版
http://www.s-keyaki.com

[PR]
by sumus2013 | 2018-07-01 21:39 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

初校ゲラ

f0307792_20070935.jpg

昨秋、企画が持ち上がって、年明けからかかっていた著作、ようやく初校ゲラが出た。著作と言っても、共著書で、執筆者は小生を含めて五人になる。本についての本。まだタイトルが決定しないのだが、「本の虫」が入ることだけは動かないようだ。

また、もう少し進めば、具体的に発表します。刊行は秋前になるかと。

[PR]
by sumus2013 | 2018-05-23 20:11 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

北書店にて

f0307792_20215051.jpg

新潟絵屋で展示を終えた後(と言っても、展示をやってくれたのは大倉宏さんです。絵の掛け方にもその人ごとに流儀があるようです。じっくり納得の行くまで並べ替えるのが大倉流)、北書店へ向う。自家用車で来ているので、移動はラクチン。絵屋からだと十分とかからなかった。

久し振りの北書店(https://sumus.exblog.jp/14927447/)佐藤氏と立ち話。最近、南陀楼綾繁氏が新潟で雑誌の仕事をしており、定期的に通っていると聞く。棚を眺めてみると、拙著をもっとも多く置いてくれている店ではないか、と嬉しくなる反面、申し訳なくも思う。sumus 同人の本も多い。

『ほんまに』19号も並んでいた。特集は「わたちの少女文化」。石阪春生×高橋真琴の初対面レポはちょっとした読みモノ。お二人の並んだ写真が貴重。あのまきまきヘアーとキラ星またたく大きな瞳の高橋先生ってこんな方だったのか……。

小生は「日本女性、パリで古本を売る(2)」と題して、パリのテロ戒厳状況について、とそのなかでも自然体で古本を売るK子さんら古本屋さんの様子を書かせてもらった。いつもながら、高橋輝次さん、中島先生らの本好きメンバーの連載も読み応えあり。最新の兵庫県古書店MAP(2018年2月)も役に立つ。神戸周辺にはまだまだ古本屋さんが頑張っている。

ほんまに 好評発売中

新潟市内に古本屋がなくなったことは以前書いたかもしれないが、新しく何店舗かできているということを複数の古書通から聞いた。今回は車なので、回れないこともなかったが、日程がタイトだったため、結局どこも訪問せず。今検索してみると、丁寧に紹介されているページがあった。

新潟にあるオシャレな古書店5選



f0307792_20214184.jpg

北書店では丸亀市立猪熊弦一郎現代美術館監修猪熊弦一郎のおもちゃ箱 やさしい線』(小学館、二〇一八年三月三日)を求めた。猪熊はうどん県出身ということもあるのだが、かなり前に目にして入手できなかった『画家のおもちゃ箱』(文化出版局、一九八四年)が忘れられず、本書にはそのダイジェスト版のようなおもむきも少しあるので、これは買わなくちゃ、ということで。

猪熊の画家としての生涯がやさしい語口で説明されており、評伝としても読めるし、作品図版も多く、加えてオブジェなどのコレクションの紹介にも多くのページが割かれている。猪熊自身のエッセイもむろん収められている。一冊あれば猪熊の全体像が分かる、お得な内容だ。

f0307792_20214452.jpg

猪熊弦一郎は『小説新潮』の表紙を長らく描いていた。一九四八年から八七年までの四十年間。今でも古書店で目にすることがある。ニューヨーク、ハワイと移り住んだのだが、その間もずっとこの仕事を続けたのである。


f0307792_20214706.jpg
『画家のおもちゃ箱』から再録されているページ。アメリカインディアン(現在はこういう表現はしないようですが原文のママ)の「カチナドール」。右頁にある画家のエッセイによれば、アメリカに住むようになって最初の買物だったそうだ。アラン・シエナーに誘われてアリゾナ砂漠を旅行した。

《国道らしきものでない旧道を朝早くから走り続けた。そしてついに5日目にサンタッフェにたどりついた。いよいよアランと別れねばならぬ日がやって来た。》《それから先はサンタッフェで初めて会った青年に街を案内された。インディアンの家、ミュージアム……。その時に、この写真のカチナドールの一番大きいのと、小さいのと二つを手に入れた。これが私達のアメリカでの最初のコレクションである。右方にあるカチナドールは今は故人になられたアントニオ・レーモンドさん(建築家)がイサム・ノグチにことづけて、贈ってくださったものである。レイモンドさんの思い出の形見である。前方にある二つの石は左方はインディアンが、色の土をすりつぶして、顔等にデコールを描く色を作ったものと思われる。》

コレクションにもセンスが感じられる。交友関係にもすごい名前が出てくるのでビックリ。楽しい一冊だ。

[PR]
by sumus2013 | 2018-04-24 21:21 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

APIED VOL.30

f0307792_19365419.jpg

芸誌〈アピエ〉』30号(アピエ、二〇一七年一一月一五日、表紙装画=山下陽子)が出来た。特集が「101 夏目漱石/『夢十夜』『三四郎』他」。

APIED

以下は金城静穂さんの「編集後記」より。

「APIED」は今号で30号になります。2002年の春に、カフカの「変身」をテーマに創刊号を発行しました。16年間に30冊の仕上げなので結構ゆったりした本作りですが、長くは続けてきました。毎回の気まぐれな特集にもかかわらず、寄稿していただいた書き手の方々、取り扱い書店さん、読者の皆さんのおかげです。ありがとうございました。もちろん、写真や絵の掲載を快諾してもらえた方々、印刷所の協力なしでは薄い本も作れません。改めて感謝とお礼を。

今後もテーマにしたい作家や小説は色々ありますし、30号を一区切りにして気分リフレッシュ、怠けゴコロを叱咤激励しながら本作りをしていきたいと、心身ともにヨロヨロしつつ弾んでいます。もっと大胆な編集と文章を!と自分を鼓舞していますが難しくて。それでも本誌の発行なしでは私の真ん中が錆びついてしまいます。はい、ひとえに自分のための「APIED」です。こんな狭量な志で面目ないですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

去年は夏目漱石の没後100年でした。朝日新聞と岩波書店が力を入れたイベントや記事、文学館や美術館の展示の影響下で、たくさんの漱石関連本が出版されました。今年は没後101年、それで本誌のタイトルは「101 夏目漱石」にした次第です。なんだか安っぽい暗号みたいな101ですが2017年に書いてもらったことを強調して、ほんの少し新しい響きも期待しての101です。

ということで、およそ二十人の漱石が勢揃いしている。さすが漱石、誰にとっても、どこかにひっかかりがある作家なのだな、と改めて感服した(善行堂の連載だけが、なぜか植草甚一である)。街の草の加納さんなんか、漱石と縁側について書いている。なるほど、そういう見方もできるか。個人的には出版人に興味があるため、藤井祐介「草野柴二とその時代」が面白かった。簡単に内容をメモしておく。

明治三十五年、漱石が若杉(能勢)三郎に「モリエル全集の翻訳と云ふ奴を御出しなさい」と手紙で勧めた。若杉は明治八年、岡山県生れ。仙台二高から東京帝国大学に入り漱石と出会った。モリエルの翻訳を続けながら、草野柴二という筆名で小説を書いた時期もあったが、大正九年、名古屋の第八高等学校に就任し英語・英文学を講じた。

若杉は明治四十一年に金尾文淵堂から上中下三巻本の『モリエール全集』を刊行した。なぜか中巻だけが風俗壊乱を理由として発禁処分になった。訳者にとっても寝耳に水だったが、「姦婦の夫」という作品のせいだろうという。そしてそんな喜劇の弾圧には続編もあったのだ・・・そちらは本誌にてお読みください。

また、実証的な考察が好きなもので、中村真知子「漱石とジャムと夏蜜柑」も面白く読んだ。漱石はロンドン仕込みで朝食は紅茶にトーストだった。バターとジャムは欠かせない。一ヶ月で八缶のジャムを買って家計を圧迫したという。明治三十年代、苺ジャムの缶詰は三十銭だったそうだから、けっこうな値段である(たぶん今の1500円くらいか)。しかも糖度は100パーセントだったらしい。胃弱の漱石には毒だったんじゃないかなあ・・・とのこと。

今回も拙作コラージュ作品二点を提供させていただいた。漱石の肖像写真を使っているというだけのことで、あまり作品のイメージとは直接つながらない。

f0307792_19365620.jpg

寄稿もさせていただいた。「漱石の絵ごゝろ」と題して漱石の美術品とのかかわりについて少しだけ書いてみた。ちょうど中村不折の団扇絵(下図)を古本屋で見付けて喜んでいたところだったので、それにかこつけて。

f0307792_19365968.jpg


「101 夏目漱石」なかなかの充実ぶりである。

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-25 20:28 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

入谷コピー文庫/吉村昭研究

f0307792_17320299.jpg

『あの日私はロバを見た! もう一度』(入谷コピー文庫、通巻90号、二〇一七年一二月七日)。小生は「オノ・ヨーコの声音」を寄稿させてもらった。京都のアンティーク店でオノ・ヨーコとショーン・レノン(当時十歳くらい)に出会った想い出。

街角で見かけた著名人(=ロバ)について、皆さんに綴っていただく『あの日私はロバを見た!』の第2弾が出来上がりました。ちょっと目先の変った変化球(であり、ミーハー)な企画ものであったので、反響が心配でしたが、おおむね好評でした。また茶木加奈子さんの表紙のロバのイラストも「可愛かった」との声をいただきました。
 ご感想のお便りには「実は私は誰々を見ましたよ」との添え書きが何通もありました。それならばということで、早速続編を作ることにしました。ちなみに表紙のバックの写真はJR姫路駅前、裏表紙は東京・浅草の映画館が全て消えてしまった六区街です。》(編集後記より)


f0307792_17320597.jpg

『吉村昭研究』No.40(吉村昭研究会、二〇一七年一二月一日)に「シャロンヌ教会の少女架刑」を寄稿させていただきました。

吉村昭資料室

吉村昭作品 読書ガイド

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-16 19:40 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

肥後静江さんのこと

f0307792_19592134.jpg

コラージュ展に来てくださったお客さんから肥後静江さんが亡くなられたと聞いた。肥後さんは洲之内徹と暮していたこともある美しい女性。空想・ガレリアという画廊を銀座六丁目でやっておられた(場所は移っているかもしれません)。一九九九年六月、小生もここで個展をさせてもらった。どうしてそういうことになったのか、よく覚えていないのだが『ARE』の洲之内徹特集(一九九六年八月)がきっかけなのは間違いない。

『ARE』洲之内徹特集号が欲しいと拙宅へ電話をして来たYさんという方がおられる。熱烈な洲之内ファン。空想・ガレリアの常連でもある(ということは肥後ファン)。銀座の別の画廊で個展したときにYさんが来て「ちょっとお茶を飲みませんか」と誘われた。そこで申し訳なさそうに切り出して言うには「肥後さんが林さんに個展をやってもらいたいとおっしゃってます、どうでしょうか?」というような話だった。「よろこんでやらせてもらいます」と答えたのは言うまでもない。企画展をどのくらいの割合でやっておられたのか知らないけれど、野見山暁治さんの個展は定期的に開催しておられた。それだけでもこちらにとっては嬉しいことだ。

「林哲夫油絵展 書物の肖像」は一九九九年六月一日から十二日の会期で開催された。当時の日記をめくってみると、会期中ずっと上京していたことにまず驚く(前後含め二週間も!)。そのせいで様々な人々と出会っている。その話を書くと長くなるので省略。要するに肥後さんと十日余り毎日(日曜休)正午から午後七時まで向かい合っていたのである。その後『sumus 5』で洲之内徹気まぐれ美術館の特集をしたときに快くインタビューを引き受けてくださったのは、そういう下地があったからだと思う。そのインタビュアーは岡崎武志。貴重な証言になった。

日記には画廊の見取り図が書いてある。エレベータはなく階段のみ。途中、四階あたりの踊り場に小さな木の椅子が置いてあった。どうぞ休憩してくださいと書いてあったような気がする。この椅子についてはどなたかがエッセイをものしておられるはずだ(種村季弘?)。画廊が最上階なので廊下突き当たりのドアを開けると屋上のような空間があり、小さな社と給水塔、鉢植などが並べてあった。事務所のところ四角いしるしが肥後さんの居場所。三畳くらいの狭さだったような気がする。ここでお客さんと雑談をするのだが、来客は、現代画廊の残党のような画家たちもおり、肥後さんファンもおり、さまざまに一癖ありそうな人達ばかりだった。

f0307792_20575464.jpg

日記を読み返しているとすっかり記憶の彼方に押し込まれていた細部が浮上してくる。まだ自宅ではADSL回線を使用しており、息子がPCを使っていると電話がつながらなかった、そんな時代なのだ……。

売れっ子評論家の某氏が女性記者と現れた。彼女はすらっとした脚にぴったりのジーンズをはいた(そんな新聞記者見たことなかった)とびきりの美人だったので忘れないのだが、後で某古本屋さんが教えてくれたことによれば某評論家氏と彼女は同棲しているという話だった(後にご結婚されました)。その後も記者女史には何度かお会いする機会があり、二年ほど前にも大阪でご一緒したけれど、相変わらずの美しさであった。

個展最終日、売り上げはまずまず、肥後さんが一杯飲みましょうと誘ってくれた。

《肥後さんとすぐとなりのドイツ料理のケテルでドイツビールとフライドポテト(玉ネギの細切を揚げたものが上にまぶしてある)、ソーセージ盛り合わせ(3,000)。ビールは白ビールというものを選んだが、これは美味。料理の方はいまいち。とくにザワークラウトはいただけない。客も少なく、雰囲気はいいかんじ。洲之内徹の想い出などをいろいろ。ごちそうになる。マツモトキヨシの前で別れる。》

マツモトキヨシが銀座に出来たと話題になって間もないころだろう。阪神の新庄が巨人戦で敬遠のボールを打ってサヨナラ勝ちしたのもこの日(六月十二日)だった。

空想・ガレリアを閉められてからもたしか二度ほどお会いしたが、いつの間にか東京での個展の案内を差し上げても出てこられなくなり、年賀状もいただかなくなっていた。某氏によれば故郷の熊本へ戻って最後の時を過ごされたのだとか。心よりの感謝を捧げ、ご冥福をお祈りしたい。

冥福と言えば、長友啓典さんも最近亡くなられた。お会いしたことはないが、朝日新聞連載の「装丁問答」で拙著『古本デッサン帳』を取り上げて頂いてからずっと折りに触れ黒田征太郎さんの絵入りハガキ(最近は大阪のアメ村の「描き場」DM)が届いていたので他人事とは思えない。かなり前になるが一時期のぞいていた長友さんのブログ、ゴージャスだったなあ。

長友啓典『装丁問答』(朝日新書、二〇一〇年)

[PR]
by sumus2013 | 2017-04-10 21:49 | 文筆=林哲夫 | Comments(2)