林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
イイネ!
by sumus2013 at 17:31
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 14:57
swallow-dale..
by uroburo at 01:58
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 23:23
少年少女探偵小説というジ..
by sumus2013 at 16:07
swallow-dale..
by uroburo at 12:49
宇陀児さんはそんな作家だ..
by imamura at 11:05
有り難うございます!
by sumus2013 at 08:21
よし野の花を見てよめる ..
by koganemaru at 06:55
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 20:59
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:おすすめ本棚( 252 )

小説検定

f0307792_19345058.jpg


南陀楼綾繁『小説検定』(新潮文庫、二〇一四年一一月一日、カバー装画=はと)が届いた。新潮文庫! 創刊100年のあの新潮文庫だ。ある人から新潮文庫が最近まったくふるわないという話を聞いたが、いやいやどうしてこんな本を出してくれるのだから頑張っていると言っていいのじゃないかな?

五年ほど前、『古本検定』(岡崎武志編、朝日新聞出版、二〇〇九年)という本が出たことがあった。小生も少し協力したが、この本は残念ながらあまり話題にならなかった。たぶんマニアック過ぎたのであろう。しかしこの『小説検定』は違う。巻頭カラー口絵の問題がこのくらいのレベルでしかも二択なのである。

・主人公が書店の本の上にレモンを放置する場面のある短篇の作者は?

 A 川端康成
 B 梶井基次郎

・河童の絵を自画像として好んで描いた芥川龍之介が、人生の最後にとった行動は?

 A 自殺
 B 失踪

・このスポーツに打ち込む青春を描いた小説は?
 (テニスボールがネットにからんだ写真)

 A 東野圭吾『放課後』
 B 宮本輝『青が散る』

他五問。

これなら大丈夫。やっぱりクイズは解けないと面白くない。ただし、だんだん読み進めて行くとなかなか奥深き世界であることが分る。食べ物、動物、青春、旅、恋愛、お金と仕事、家族、音楽というジャンル別の出題(それぞれ初級・中級・上級あり)そしてそれぞれにまつわるコラムが南陀楼氏らしくていい。これからの時期にピッタリの一冊だ。

せっかくだから手許にあった100年前の新潮文庫を掲げてみる。ダ井ン著・大杉栄訳『種の起原 一』(新潮文庫第七編、一九一四年一〇月一六日)。表紙、見返し、扉、刊行の趣旨、奥付、新潮文庫目次。

f0307792_20021750.jpg

f0307792_20041780.jpg
f0307792_20045185.jpg

f0307792_20051449.jpg

f0307792_20052802.jpg

f0307792_20053932.jpg

f0307792_20054161.jpg

現行の新潮文庫はタテ151ミリ、ヨコ106ミリだが、100年前は地券表紙(セミハードカバー)で138ミリの96ミリと一回り小振りなサイズである。









[PR]
by sumus2013 | 2014-10-31 20:11 | おすすめ本棚 | Comments(0)

路地裏に綴るこえ

f0307792_20191554.jpg


佐野由美(絵・文)『神戸・長田スケッチ 路地裏に綴るこえ』(くとうてん、二〇一四年一〇月二五日)。

くとうてん
http://kutouten.co.jp

佐野さんは巻末の略年譜によれば、一九七五年神戸市長田区生まれ。九五年大阪芸術大学在学中、長田の自宅で阪神・淡路大震災に遭遇。一九九八年四月から一年間NGOの派遣事業に参加しネパール・パタンに滞在。ボランティアで美術教師を務めながら美術家としての活動も行った。帰国直前の九九年四月、交通事故により死去。

本書の内容は大きく二部に別れる。まずは「下町・長田に綴るこえ」として長田の人情風俗を絵と文でスケッチしたもの、これが三分の一、残りはやはりスケッチと文から成る「震災日記」である。

震災から来年でもう十五年になる。早い。しかし、いかに早く時間が過ぎ去ろうとも実際に体験した身には昨日のこととしか思えない。空を覆う噴煙が瞼に浮かび、耳の奥にはヘリの爆音が断続的に響きつづけている。佐野さんの震災絵日記は正直読むのが辛かったのだが、読み始めると、そうだった、そうだった、そういうこともあったな、とうなづく場面ばかりで知らぬ間に読了していた。文章の素直さと、暖かさに包まれた挿絵の魅力もあろうか、貴重な記録になっている。

長田にまつわる思い出スケッチに古本屋が登場する。

f0307792_20485779.jpg


《本棚の上の方にある、分厚くて重そうなハードカバーの古典文学集や、昔の映画などのポスター・パンフレット、アイドルのブロマイドなどを眺めているだけで、とても幸せな気分になった。》

《おばちゃんは「10円まけといたげる、90円でええよ」と本代の釣り銭をまけてくれた。いつ行っても、おばちゃんはテレビを見て、やたら大きな猫といつも寝ている猫に囲まれながら座っていた。古い本の持つ趣と同化するべく、おばちゃんも猫の存在も、古本屋の独特の空間を味わい深く彩っていた。》

西代駅の近くにあるというからこの古本屋は「書房B」であろう(『神戸の古本力』(みずのわ出版、二〇〇六年)を参照してみるとすぐに見当がついた)。これもまた貴重な古本屋の記録になっている。

《思い出は思い出だから美しいのである》と佐野さんは書いておられる。人は醜いものを「思い」から「出」さないのだろうか。巻末に付された「ある魂に寄せて」で季村敏夫さんは小林秀雄の「思い出が、僕等を一種の動物である事から救うのだ」を引用しておられるが、小林ロジックの限界を感じさせるところは措いておいて、人間は「思い出」の皮を被って生きているのかもしれないな、と思ったりもする。

ただ、残された絵や文章は思い出とはひと味違うトゲ、すなわちリアリティがある。それがまた思い出を刺戟し、思い出はさらに微妙に変化するようだ。佐野さんの絵と文を眺めているとそんなつまらぬことを考えてしまうのである。




[PR]
by sumus2013 | 2014-10-30 21:14 | おすすめ本棚 | Comments(2)

読書の腕前

f0307792_20141757.jpg

岡崎武志『読書の腕前』(光文社智恵の森文庫、二〇一四年一〇月二〇日、カバーデザイン=長坂勇司)が出来た。光文社新書版を紹介してからもう七年半も経ってしまったとは……(近頃この手の慨嘆が多いのはよろしくないのだが、ついため息ももれようというもの)。

岡崎武志『読書の腕前』(光文社新書、二〇〇七年)

f0307792_20142016.jpg

前著同様に章扉に拙作「読む人」をカットとして使ってくれている。有り難いことだ。

久しぶりに読み直してみて、やはり自伝的な事件にひきこまれた。つい目頭が熱くなった。

《決定的だったあるできごと

 子どもの頃、「文章を読む」ことに関して、自分が人より長けていることを強く意識したできごとがあった。大阪市内の小学校に通っていた頃のことである。
 三年生のときの担任はHという男の先生。しかし、私はどうもこの人とそりが合わなかった。私は学校で学んでいた時期を通して、よい先生、よき理解者に当たる確率が高く、その点で恵まれていたと思うが、この先生だけはダメだった。自分はおとなしい生徒だったと思うのだが、どうも目の敵にされる。いま考えても、私のせいではないのに、その場にいた同級生のなかで私だけが怒られるということが何回かあった。つねにH先生の目を意識するばかりに、いつしかおどおどとした子どもになっていた。
 ある日、決定的なことが起こった。国語の授業で、童話のような物語が書かれたプリント一枚を渡され、それを決められた時間内にどれだけ読めるか、というテストがあった。》

……とこのづつきは本書で読んでいただきたい。岡崎武志が岡崎武志になる自覚が芽生えた、その瞬間が描かれている。

装幀もシンプルで素敵だ。


光文社 読書の腕前

[PR]
by sumus2013 | 2014-10-10 20:50 | おすすめ本棚 | Comments(1)

ン?

f0307792_19460448.jpg

これはもう手放してしまったので詳細は記しようもないが、『コロムビアレコード総目録 洋楽』一九三二年版である。

じつは先日、ある文章に「コロンビアレコード」とあったので「コロムビア」ではないですかと書き送った。いらぬおせっかいかとも思ったが、これは小生自身が昔「コロンビア」と書いて誤植を指摘されたことがあり、そのため今でも「コロンビア」には苦い思いをかみしめつつ注意しているからなのだった。

するとご返事いただいた文面に《「コロムビアレコード」を出しながら戦前の社名はコロンビアでした。戦中の敵性語からの変更を経て、戦後、社名もコロムビアにしたようです》とあった。

これにはビックリ。そうだったのか……まったく思い至らなかった。ちょっとショックを受けつつ一応念のため日本コロムビアのホームページで沿革を参照してみた。

1910 明治43年
(株)日本蓄音器商会として発足(F.W.ホーン社長)。「シンホニー」「ローヤル」「アメリカン」「ユニバーサル」「グローブ」などのレーベルによる片面盤発売。「ニッポノホン」蓄音器4機種発売(始めての国産機)。

最初の名称は日本蓄音器商会だった(前身は明治四十年に日米蓄音器製造株式会社として創立された)。昭和二年に米コロムビア・レコードと提携して、すべてのレコードで商標を現在と同じ音符のマークに統一した。上の総目録はそれを記念したものだったのかもしれない(?)。

1946 昭和21年
社名を日本コロムビア(株)と変更。霧島昇・並木路子の「リンゴの唄」大ヒット。

たしかに正式社名としてコロムビアを使ったのは戦後になってからである。それまでは日本蓄音器商会だったのかなと思うと、上記のご返事にも書かれているように、ウィキ「日本コロムビア」にはこう書かれている(日本コロムビアHPの沿革には記載されていない)。

1942年(昭和17年) - 商号を日蓄工業株式会社(Nitchiku Kogyo K.K.:通称ニッチク)に変更。これは戦時下での外来語(敵性語)禁止に伴うもので、レーベルもコロムビアからニッチクへと改められた。

とあって納得。いずれにせよ「コロンビア」の名前はどちらのソースにも登場していない。よって別会社なのかもしれないと予想しておいた。

ところが、上記記事を踏まえてさらに御教示いただいたところでは『コロンムビア50年史』(日本コロムビア、一九六一年)には昭和三年に「日本コロンビア蓄音器株式会社」を設立したと記載されており、それを根拠に「コロンビア」と書いておられるとのこと。

それにしても腑に落ちない。そういうときには論拠となった原典に当たるにしくはない。図書館で『コロンムビア50年史』を閲覧してみた。結論から言えば、昭和三年に設立された「日本コロンビア蓄音器株式会社」は日本蓄音器商会の傍系会社であった。

f0307792_20283631.jpg


昭和二年、英米のコロムビアによって日本蓄音器商会の株式約48パーセントが占められた。提携ではなくその傘下に入ったと言った方がいいだろう。その翌年早々、副社長ホワイトの意向で新たに設立したのが「日本コロンビア蓄音器株式会社」であって、日本蓄音器商会がコロンビアに名称を変更したわけではない。本書には具体的に日本コロンビアがどういう業務を行ったのか明記されていないように思ったが(精読はしてませんのであしからず)、資本金1万円では大きな会社とは言えないだろう(日蓄は昭和四年で資本金280万円)。

そして年表によれば、昭和二十一年四月一日に日蓄工業株式会社の商号は日本コロムビア株式会社となり、同日、日本コロンビア蓄音器株式会社の商号を日蓄工業株式会社と変更した。う〜ん……たしかにややこしい。

要するに「コロンビア」は間違いではない。しかし、よほど厳密に用いないと混乱を招くのではないかと思う。


[PR]
by sumus2013 | 2014-10-09 20:57 | おすすめ本棚 | Comments(0)

ぽかん別冊 女ともだち

f0307792_20113031.jpg

思いもかけず『ぽかん別冊 女ともだち』(ぽかん編集室、二〇一四年九月一四日)が届いた。封筒を開いて、あまりにゴーカなのでちょっと驚いた。真治さんの編集後記によれば、湯河原へ向かう車中で向いに座っていた少女に《夏の白い光がかんむりのように降りそそいでいた。そのとき、ささやかな冊子をつくろうと、そう思った》という。が、ご覧のようにささやかとはほど遠いできばえだ。

f0307792_20112832.jpg
蛇腹の折帖本になっている。しかも手製本。

《今回、レイアウトを組んで、簡単な製本もひとりでやってみた。(正確に言うと、これを書いている時点では製本はまだやっていない。はたしてうまくいくだろうか。)やっぱり難しくて、うまくいかない部分もあった。ただ、軽やかな気持ちでつくることはできたんじゃないかなと、思う。》

執筆者は詩の片山令子、エッセイは佐藤和美、中野もえぎ、真治彩、渡辺尚子、福田和美、郷田貴子。みなさん、うまい。読ませる。それにしても、真治さんの雑誌作りには毎度意表をつかれる。最初に引用したようなヒラメキが彼女のなかで火花を散らしているのだろうね、きっと。

f0307792_20112659.jpg

定価八〇〇円と書いてあるので販売していると思います。

ぽかん編集室
http://pokan00.blogspot.jp


[PR]
by sumus2013 | 2014-10-05 20:19 | おすすめ本棚 | Comments(0)

ときめくコケ図鑑

f0307792_21302451.jpg

田中美穂(文)・伊沢正名(写真)『ときめくコケ図鑑』(山と渓谷社、二〇一四年二月五日)。田中さんはもちろん倉敷・蟲文庫の主。先日開店二十年と書いたところ。そのかわたら苔や亀や古本の本を次々出される売れっ子である。この本も読みやすく、見てうっとりする図鑑になっている。

《この本では、ごく身近に生えているものから、ちょっと珍しいものまで、蘚類71種、苔類34種、ツノゴケ類1種、全部で106種のコケを紹介しています。伊沢正名さんによる写真は、眺めるだけでも目が開かれるような楽しさがありますが、解説には、生えている場所、色や大きさ、雰囲気など、野外で確認できるようなことを中心に紹介していますので、気に入ったコケ、気になるコケがあったら、まずはそこから読んでみてください。》(おわりに)

じつにまとまった紹介で、この文章を読んだだけで(もちろん中味も読みましたよ、だいたい)蟲さんのクレバーさが分ろうというもの。

苔とあるく
http://sumus.exblog.jp/7581004/

胞子文学名作選


苔にはちょっとだけ苦い思い出がある。それは某出版社に頼まれた詩集の装幀だった。著者の意向が、花の咲いたスギゴケを描いて欲しい、写真じゃなくて絵で、というものだったのだ。まあ、普通ならそれはそれほど難しい注文ではない。ところが、ちょうど父が死んだ直後で田舎に帰っててんやわんやしているときにその装幀の資料が郷里の家に送られて来た。たぶん完成日が決まっていて動かせなかったのだろう。

いったいこんなところで満足な画材もないのにどうやって原稿作ればいいのか、かなり戸惑った。同封されていたスギゴケ資料というのも百科事典の写真をカラーコピーしたようなものである。仕方がないので写実的に描くのは捨てて、クレヨンで花らしきものをかいておき(花ではなくてサクですね)、そこへ水彩絵具で緑を塗ってごまかしたのだった。一見、派手になったものの「これがスギゴケに見えるだろうか?」と作者自身もいぶかったくらいである。とくにクレームもなく無事本にはなったが、もしあのとき手許にこのコケ図鑑があったら……まったく別の装幀になっていただろうなと思う。




[PR]
by sumus2013 | 2014-10-03 22:07 | おすすめ本棚 | Comments(0)

拝受多謝

f0307792_19571238.jpg

『APIED』vol.23。特集;坂口安吾『桜の森の満開の下』他。

Apied

坂口安吾はあまり熱心には読んでいないが、感心したのは「二流の人」と「古都」である。後者はとくに自分自身が伏見稲荷に住んだことがあり、かつ安吾の描く舞台そのものが生活圏にあったのでなおさら印象深い。

《京阪電車の稲荷駅を出た所に、弁当仕出の看板がでゝゐる。手の指す方へ露路を這入ると、まづ石段を降りるやうになり、溝が年中溢れ、陽の目を見ないやうな暗い家がたてこんでゐる。露路は袋小路で、突き当つて曲ると、弁当仕出屋と曖昧旅館が並び、それが、どんづまりになつてゐる。こんな汚い暗い露路へ客がくることがあるのだらうか。家はいくらか傾いた感じで、壁はくづれ、羽目板ははげて、家の中はまつくらだ。客ばかりではない。人が一人迷ひこむことすら有り得ないやうな所であつた。》(古都

小生が住んでいた頃にはまさかこんな雰囲気ではなかったものの、まだまだ込み入った感じのする路地の狭い街並が運河沿いに続いていた。この「古都」について文学散歩を挙行した紀志崇「稲荷前町二十二」を興味深く読んだ。昨年末に伏見稲荷界隈を歩いたそうだ。

《しかし地図には稲荷前町がない
いつも溢れて悪臭の立ちこめる溝などない、おそらく暗渠になって、その上は遊具のある児童公園になっている
「曖昧旅館」はなく、「弁当仕出」の店もない、伏見稲荷大社鳥居の前はコンビニだ、七十六年も経っている》

《ならば稲荷前町二十二の中尾経理士事務所二階「八畳と四畳半で七円」は鳥居前町と疎水沿いの祓川町の間辺り、伏見稲荷前の上田食堂は疎水と京阪稲荷駅西側の一之坪町との間辺りか》

小生も以前、紀志氏と似たような散策をしたことがあるが、この記述を読んでみょうに懐かしい思いにとらわれる。三十年が過ぎ去ったのだから当たり前と言えば当たり前か。


f0307792_20315975.jpg

矢部登『田端抄 其漆』(書肆なたや、二〇一四年一〇月)。今号も田端界隈を舞台に数々の文士や画家たちがいきいきと甦る。心地よく読み進めて裏表紙の刊記とともに

《吾故里田端界隈をめぐる思いはつきぬ。が、宵曲翁へよせる根岸残香にはじまり、柴田宵曲一面が書けたところで、三年間にわたる田端抄の筆を投じる。》

とあるのに気付いて「ああ、もったいない!」と思わずつぶやいた。まだまだ続けていただくか、増補して一本にまとめていただけると有り難いなと思うしだいである。

冒頭、芥川龍之介の「沼地」について触れてこう書かれている。かつて daily-sumus にこの作品を取り上げたことがある。

芥川龍之介『地獄変』
http://sumus.exblog.jp/12405975/

《この大正八年四月作の小品は、じっさいの体験を書いたものかどうかわからぬが、むかし、田端にあった沼を起想させる。
 芥川龍之介旧居跡から切通しの崖みちを駅の方へすこしあるくと東台橋がある。下を自転車がはしる。橋を渡った右側にはアスカタワーと田端文士村記念館があり、崖と江戸坂にかこまれたこのあたりいったいは、いぜん、鉄道病院だった。その建物はおぼえているが、鉄道病院のできるまえは沼地であったという。》

なるほど、芥川はこの沼地をしばしば眺め、自らの文筆で絵を描いたのかもしれない。気が違った画家というのは芥川龍之介自身のことだったのかも知れない。


f0307792_20553416.jpg


『瀬戸内作文連盟』vol.14(瀬戸内作文連盟事務局=香川県高松市西宝町二丁目一〇番地二・一三号、二〇一四年九月二〇日)。

daily-sumus をブログ化したのが二〇〇六年四月。現在、最古の投稿は四月一九日の「花筏かへりみすれど影もなし」(当時はタイトルを拙作俳句で埋めていた!)でこの『瀬戸内作文連盟』vol.1〜3号を蟲文庫さんより頂戴したという話題である。早いもので以来八年と半分が過ぎ去って『瀬戸内作文連盟』は十周年十四号を迎えた。この中途半端な数字は九ヶ月毎の発行という中途半端なインターバルによる。ところが、これは中途半端どころか、毎号発行する季節が変って行くように仕組まれた計算の上で決定されているのだ。そういうこだわりは本の造作の変化を感じさせない変化や、綴じ込み図版における工夫、そして執筆メンバーの選び方によく現れている。出版人出海氏のセンスの良さがそのまま出ていると言えるだろう。

今号の執筆は蟲文庫・田中美穂、出海博史、菊池恵子、白居幸二、能邨陽子の各氏。蟲文庫さんは開店二十年になるそうだ。そうなんだ、もうかなりベテランになってきましたねえ。でも驚いたのは能邨さんが十五年勤めた恵文社一乗寺店を辞めたとあったこと。そう言えば、しばらく行ってないなあ。人生なにごともハロー・グッバイなのである。








[PR]
by sumus2013 | 2014-10-01 20:28 | おすすめ本棚 | Comments(0)

scripta 33号

f0307792_17163076.jpg

『scripta』通巻33号(紀伊國屋書店出版部、二〇一四年一〇月一日)。毎号頂戴している。この雑誌が刊行され始めて間もない頃、一度だけ原稿依頼があって、印税のことを書いたと思うが、それ以来欠かさず送ってくれる。内堀弘さんの連載がなくなって少しさびしいが(単行本になるのはいつのことでしょう?)、平出隆氏と荻原魚雷氏の連載は楽しみに読んでいる。

上は平出氏の「私のティーアガルテン行」第十三回「魚町、鳥町、けもの町」から。このレイアウトにちょっとショックを受けた。書体も組み方も図版の配置もただのPR雑誌ではこうはいかない…とおもいきや、平出氏以外の頁はまあ人並みなレイアウトである。平出氏自身によるものだろうか?

回顧的な物語がつづくなか、今回は学生時代から通っていた「金榮堂書店」を中心に浪人時代に友人たちと出し始めた雑誌『休暇』について書かれている。詳しくは本書を参照していただきたいが、書店の記憶としても特筆に値する内容と思う。『休暇』第三号は一九七〇年一〇月発行。そこに金榮堂書店の店主柴田良平さんが出した広告「わりかし宣伝の足らない新刊一社一選」を掲げておく。訳者名は省いた。

ボリス・ヴィアン『心臓抜き』白水社
ミラン・クンデラ『冗談』みすず書房
ジェームズ・クネン『いちご白書』角川書店
寺山修司『白夜評論』講談社
埴谷雄高『姿なき司祭』河出書房
天沢退二郎『詩集 血と野菜』思潮社
秋山清『近代の漂泊 わが詩人たち』現代思潮社
佐藤信『あたしのビートルズ』晶文社
大島渚『解体と噴出』芳賀書店
現代日本映画論大系『個人と力の回復』冬樹社
日沼倫太郎『我らが文明の騒音と沈黙』新潮社
安東次男『与謝蕪村 日本詩人選』筑摩書房

《相手を正確に見定めたリストともいえるだろうが、すべてをとおして眺めなおせば、柴田良平さんご自身の、同時代への読み筋が浮かびあがるかもしれない。》と平出氏は註釈しておられるが、まったく同感である。

scripta
http://booklog.kinokuniya.co.jp/scripta/


[PR]
by sumus2013 | 2014-09-27 17:37 | おすすめ本棚 | Comments(0)

動物標本社 

f0307792_17075898.jpg

『えむえむ』第八号(熊田司、二〇一四年九月三〇日)届く。小特集=見世/店/boutique。他にシャルル・クロスの翻訳、「一九六六年前後 神戸/三宮」、旧詩稿三篇、草間彌生「レモンスカッシュ」。旧詩稿三篇における自分自身という無名詩人の発見は《呆れ果てる所業と思わぬでもありませんが》と弁解する必要のないレベルだろう。

見世特集では出版書肆の店頭風景も多く、非常に珍しく有り難い図版ばかり。だが、いちばん気になったのはこの神田五軒町一番地にあった「動物標本社」。五軒町というのは現在の外神田六丁目になるようだ。そう、谷中安規の版画に登場する剥製店が連想されたというわけ。

谷中安規の夢

動物標本社は学校向けの標本を主に製作していたらしく、現在も各地の高等学校などに動物標本社製の標本が残っている。

山階鳥類研究所が全国の高等学校に教材用標本の有無をアンケート調査

栃高博物館 101 ライチョウ

上野には今でも標本店があることは以前も触れたが、それは

上野科学社

上野剥製所

剥製の料金表が後者のサイトに出ていて興味をそそられた。短毛の中型犬が四十万円だそうだ。なるほどねえ。



[PR]
by sumus2013 | 2014-09-22 17:26 | おすすめ本棚 | Comments(0)

青春狂詩曲

f0307792_10293857.jpg

『風船舎古書目録第10号 青春狂詩曲ー近代教育の諸相』が届いた。

《昨年末から一ヶ月以上にわたって神田の古書市場に教育資料の大口が出品されました。思わずたじろぐ程の膨大なコレクション、古本屋稼業10年にして初めての遭遇です。旧蔵者は同業の先輩方にはよく知られた蒐書家でした。何十年もの間、「教育」や「学校」に関するあらゆるものを熱心に買い続け、古書即売展ではいつも会場の一角に氏の目録注文品が積み上げられていたそうです。今号掲載の教育資料の大半はこの蒐書家の旧蔵品ですが、コレクションの全体量からいえば一部にすぎません。教育資料館が作れる程の「凄み」のある蒐書には、一体どんな「思い」があったのか…。本書はその「思い」に突き動かされて出来上がったような気がします。》

教育者だった大西重利についての論文を紹介したところにこの目録が届いたのも何かの縁。大西関連の雑誌など出ていないか探してみたいと思う。それにしてもたしかに凄みのある蒐集だ。



去る11日にロードス書房さんが亡くなられた。神戸時代にはたいへんお世話になった。こころより御冥福をお祈りしたい。




[PR]
by sumus2013 | 2014-09-14 10:39 | おすすめ本棚 | Comments(2)