人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
台風での中止、以前もあり..
by sumus2013 at 07:54
明日(15日)の納涼古本..
by 神保町のオタ at 17:44
そうだったんですか、そう..
by sumus2013 at 08:45
早々に取り上げていただき..
by monsieurk at 22:25
早々と有難うございました..
by sumus2013 at 19:04
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:おすすめ本棚( 302 )

新国誠一詩集

f0307792_20023147.jpg


現代詩文庫243『新国誠一詩集』(思潮社、二〇一九年八月)が届く。これは嬉しい一冊。

金澤一志『新国誠一ノート seiichi niikuni memoranda』

詩作品に加えて散文四篇が収められている。やはり注目すべきは「メタファーのこと」(初出は『無限』27号、一九七二年七月)。西脇順三郎に新国は「詩の本質とは何でしょう」と問うた。王様は裸だと叫んだ子供みたいだ。西脇は答えた。

「メタファーだよ。詩はメタファーだよ。」

こう言われて、新国は、それは違うと直感した。あるいはそれは古いと。たぶん質問したときから根本的な疑義があったわけだろう。

《私が現在取組んでいるコンクリート・ポエトリィの仕事は、その出発点にメタファーの止揚があった。そこに言語そのものに注目する動機も生れ、メタファーよりもアナロジーに詩の本質をみようとする姿勢が生じたのである。その意味でメタファーは私の詩の揺籃である。》

メタファーからアナロジーへ・・・

新国の初期作品(いわゆる行分けの詩)は、北園克衛やモダニズムをぐっと追い込んだような作風である。それを実存主義から記号論へという戦後の王道的な理論に沿って(たぶん)、言葉を分解し、シャッフルし、変形し、組み立て直した。意味と形だけでなく音の側面にも注意を払って。

《「ことば」とはなんであろうか。ことばが、日常用途の一実用品であり、道具であることには、別にきみも異論はないだろう。私の場合、ことばを物質的現実性を帯びた独自のモノ[二字傍点]と考えるが、それは道具のように有機的な手ざわりのよい形あるものというよりは、matière そのもの、道具を構成している機能であり、その材料という意味なのだ。つまり、ことばの音響性、視覚的な形態性、それに意味の伝達性をさしている。》(「詩について:詩集『0音』補遺」一九六五年九月)

《詩はことばを素材とした芸術である。しかもことばは実用の道具であると同時に存在の住居でもある。ことばのひびきと外観ーーそれらの時間と空間をこえて、抽象的観念や視覚的、聴覚的イメージにむすびつけることばの機能、実用としてのことばの背後にひそむことばの機能の探求こそが詩本来の目的である。ことばが詩的体験として詩のなかにいれこまれたとき、ことばにはもはやその表象すべき機能は消滅し、そのことば本来のもつ予期しないきわめて自由な機能があらたに展開されるのである。》(「現代詩とはなにか」一九六八年二月)

え、これは要するに「メタファー」ということではないのかな・・・?


f0307792_20024193.jpg


f0307792_20024474.jpg


f0307792_20024834.jpg


f0307792_20025166.jpg


f0307792_20025926.jpg


f0307792_20025698.jpg

金澤一志の解説「もうひとつの戦後詩」はこういう。

《やむをえないこととはいえ、新国誠一の作品は検証よりも「詩か絵か」の論議を先行させてきた。またしばしばグラフィックデザインとも対比されてきた。当然ながら生前の新国はデザインとしての詩を否定していたが、それは六〇年代のことだ。(中略)現在のクラフィックデザインは、コンクリートポエトリーの初期状況にところどころ似ている。
 つまりいまならば「詩かデザインか」の論議が有効で、実際に周囲を見回してみると詩ともデザインともとれる、またはデザインによって詩でありえている、周到なことばの群れにわれわれは取り囲まれている。》

《絵か、デザインか、やはり詩なのか、比較までが漢字のように反復しているあいだに、新国誠一は詩とはなにものかという根源的な問いかけを内在させた、至極正統な作品を遺したのである。》

もし、今、新国が現存していれば、間違いなくYouTuberになっているだろうな、と確信するものである。


by sumus2013 | 2019-08-03 20:51 | おすすめ本棚 | Comments(0)

泉斜汀 亂刀/人買船

f0307792_20221212.jpg


泉斜汀『亂刀』(Noir Punk Press、二〇一九年八月二十九日、一〇〇部)、一気に読み終わった。

《本書は、捕物帳の元祖としてしられる「彌太吉老人捕物帳」のうち、『舊幕與力 彌太吉翁實話 乱刀』(白水社、大正七年)として刊行された「乱刀」「左官の土」「金時金平」「花扇の死」「七人組」の全五編のうち、乱刀」「左官の土」「金時金平」を復刻したものである。》(杉山淳「泉斜汀『乱刀』解説」より)

初出は大正七年の『探偵雑誌』(実業之世界社)である。杉山氏も解説で書いておられるが、かなりじっくり取り組んだ力作になっている。

《個人的に感じるのは、この『乱刀』一冊にかける斜汀の気合である。間違いなく、物書きとしての再起をこの本にかけている。それだけの熱量を感じるのだ。そして、その試みは大体において成功しているのではないだろうか。

とくに表題作の「乱刀」がよく練られ、意外性もあり、エンタメとして今でも十分読むに耐える内容になっている。とびきり美人の武士の娘が父を闇討ちで亡くして、不運が重なり、芸者に身を落としながら、犯人を探す。その娘を見そめていた美貌の若侍も、娘のもとに通うために辻斬りを働き、勘当されて町人として暮らす、そんな苦難の二人が本懐をとげる・・・までにも色々あって飽きさせない。主人公が小里というスーパーウーマンだというところに、『青鞜』やノラたちの時代、大正前半らしい新味もあるのかもしれない。

時代考証もよくできていて、と書きつつ、一箇所、面白いうっかりを見つけた。

《なにしろよい塩梅でございました、これがもう五分も後れておりましたら、お気の毒ながらどうなっていたかも分かりません。》

川に飛び込んだ娘が助け上げられ、診察した医師のセリフ。もう五分って・・・

装幀が内容とはミスマッチ、フランスの紙装本を摸している。せっかくの面白いアイデアなのだから、フランス語は誰か専門の人に校正してもらった方が良かった。



****************************

f0307792_17201469.jpg


『人買船 泉斜汀探偵小説撰集』(我刊我書房、二〇一九年四月七日)読了。泉斜汀の存在すら知らなかった。名調子の巻末解説、杉山淳「〈孤独〉の人ーー後期泉斜汀の作品群をめぐって」より引用してざっと概念をつかんでおく。

《本書は、あの泉鏡花の実弟であり、硯友社出身の作家、泉斜汀の、大正半ばから昭和初期にかけて執筆された、エンターテインメント作品を中心として収録した。泉斜汀は、本名を豊春といい、兄、泉鏡花に続き、尾崎紅葉門下として出発した。なお、尾崎紅葉全集の校訂は泉斜汀が担当している。》

《泉斜汀のエンタメ作品にみられる平易さへの傾斜は、鏡花的なものから脱出をはかって、辿り着いた境地だったのだ、だが、泉斜汀の文学的出発においてもみられるように、鏡花の作品世界は、泉斜汀のひとつの憧れだったはずだ。》

《大衆作家としての泉斜汀の作品群には、作者が感じたであろう〈孤独〉への苦悶があり、そして凡庸だからこそ味わうことになった強い挫折感は、作品内部に静かに息づき、強い切実さをもって読者に迫ってくる。ままならぬ現実と、誠実なるがゆえ苦闘を続けた作家。泉斜汀のその軌跡は、暁闇の彗星の如く、ほの暗い光を放つ小さな宝石にも似て、その作品の奥底にひそやかに刻みつけられている。》

泉鏡花の実弟、それでシャテイ(舎弟)なのか? 杉山氏は兄・泉鏡花作品の特徴をいくつか挙げて、結末の唐突さを指摘している。《泉鏡花の作品の多くは《過程を楽しむもの》であり、画竜点睛の結末〔フィニッシュ〕の切れ味を求めるものではないかもしれない》。これは泉斜汀にも言えることで、女性や情景の描写は念入りだが、ストーリーの展開となると、いきなり始まって、いきなり終わる、あれ、これで終わり? という作品が目立つ。「人買船」なども、突然リストラされた讃岐の武士が妻子を連れて大阪へ向かう、その道中、悪いやつらに目をつけられて・・・手に汗握る展開、サディスティックな気分をそそるなかなかの描写である。このまま続けば『レ・ミゼラブル』みたいな壮大な作品になりそうな雰囲気濃厚。ところが、結末は最後の十行でアッサリ片付けられてしまう。

蝶之助という子供が蝶の女神から不思議な糸巻をもらう「糸巻草紙」などお伽話として秀逸かと思うし、怪作と呼ぶにふさわしいのは「犬鬼灯」であろう。絶世の美女とその爺さんの奇妙な物語。最後の方は聊斎志異にでもありそうな展開になる。これらの面白さと物足りなさの裏腹な感覚は、やはり実際に読んでみなければ納得できない類のもの。一読をお勧めする。

『大阪圭吉単行本未収録作品集2 マレーの虎』(盛林堂ミステリアス文庫、二〇一九年三月二八日)も読了。小野純一「あとがきにかえて」では大阪圭吉の生誕地・新城市を訪ねた様子が報告されており、すこぶる興味深い。大阪ファン必読である。

書肆盛林堂


by sumus2013 | 2019-07-30 21:01 | おすすめ本棚 | Comments(0)

結婚

f0307792_21222587.jpg


アルベール・カミュ『結婚』柏倉康夫訳(私家版、二〇一九年七月二十日、限定百二十部)を恵投いただいた。深謝いたします。『結婚』については二〇一四年に投稿した記事があるので参照されたし。

アルベール・カミュ『結婚』(ガリマール、一九五〇年)

《昔から良い作品や文章を読んだとき、感動の証に背筋が震えることがときどきある。その最初の経験が、高等学校のときに読んだアルベール・カミュの『結婚』だった。古文の授業時間に教科書に隠すようにして読んでいて、突然背中がブルッとふるえた。新潮社から出ていた窪田啓作訳だが、すぐにガリマール社から出版されていたフランス語原本を手に入れて読んだ。》(あとがき)

そういう作品ってあるもんですよね。背筋がブルッとするかどうかはともかく「これは!」と忘れられない印象を残す作品が。今回せっかくだからと、対訳で『結婚』を読ませてもらった。新しい才能というのはこういうふうにして頭角を表す、そんな見本のような文章である。この三年足らず後に『異邦人』を発表するわけだが、そのトーンがすでにここにある。圧倒的な自然、死すべきものとしての人間。幸福とは、希望とは・・・死とは何か。生が溢れ返っているゆえの根源的な不安が横たわっている。

f0307792_21223478.jpg
冒頭「ティパサでの結婚」


小生が好きなのは次のようなところ。チンピラの喧嘩。アルジェ訛り(?)のフランス語のチンピラ言葉にシビレル。柏倉先生苦心の翻訳だ。

f0307792_21223159.jpg
f0307792_21222803.jpg



by sumus2013 | 2019-07-27 21:29 | おすすめ本棚 | Comments(0)

仮面城

f0307792_19281584.jpg

大下宇陀児『仮面城』(我刊我書房、二〇一九年八月二九日、一〇〇部)読了。《昭和四年『少女倶楽部』第八巻第一号〜昭和五年『少女倶楽部』第八巻第一二号》(本書巻末の「初出」による)に連載された作品。

書肆盛林堂

伯爵夫妻の行方不明から始まる伯爵令嬢由美子の没落、さらに令嬢も誘拐されてしまう。彼女を救出しようとする利発な生駒少年が、力持ちのバナ勘とともに絶海の孤島にある仮面城へ向かう・・・と、これはもうアニメーションにすれば面白いに違いない作品。かなりご都合主義の展開もあるが、結構としては、陥穽も含めて、うまく考えられており、かなり楽しめた。

f0307792_19281879.jpg
『改正改版植物学小教科書』
https://sumus2013.exblog.jp/30695454/


仮面城には「悪魔の壺」という処刑場がある。その窪地には不思議な植物が繁っており、不心得者はその実を採取にやられる。実を取って戻るさきから樹木に食われてしまうというのだ。

《「不思議な植物って、どんな植物ですの。」
「何でも、学者達はそれを百合花状タルエーナとかいっているそうですが、阿弗利加[アフリカ]のマダガスカル島にも、これに似たような樹があるといいます。つまり、人を喰べてしまう樹なんですよ。」
「えッ、樹が人を食べる?」
「そうです、樹が人を食べてしまうのです。お嬢様は、蝿取草のことを知っていますか。」
 いわれて見ると、由美子はいつか理科の課外読本で読んだことがあった。》

というふうに出ていて、先日紹介した『改正改版植物学小教科書』を思い出した。「はへぢごく」と「うつぼかづら」が挿絵付きで説明されている。明治時代から広く学生たちにも知られていたわけである。

ただ、この後に出てくる「悪魔の壺」の描写はなかなか凄まじい。

《その幹は巨大なパインアップルに似た樽のような恰好で、幹の頂上が直径一メートル内至[ママ]二メートルの大皿となり、その皿の底からは、非常に厚い、そして長い緑色の葉が八枚出ている。葉には、全面身の毛もよだつような物凄い刺が生えていて、然も葉の生えている根本の方には、これまた気味の悪い幾本かの蘂[しべ]が、風もないのに、ゆら〜〜と揺れているのだった。》

八枚の葉っぱで獲物をぐるぐる巻きにしてしまう。じつにシュールな植物ではないだろうか。特撮怪獣にでもありそうだ。

by sumus2013 | 2019-07-24 20:08 | おすすめ本棚 | Comments(0)

中松商店の本

f0307792_20355551.jpg


銀座・中松商店より『マッチ箱の銀座』(中松商店、2019年6月12日)届く。銀座の老舗三十数店ほどのマッチの写真が収録されている。昭和三十年代だろうと言うことだが、戦前の雰囲気を感じさせるものもあるし、五〇年代のモダニズムを反映しているものもある。さまざまな傾向のデザインが混在していながらも、どこか統一感もある。見飽きないのだ、不思議に。

佐野繁次郎のレンガ屋マッチ、洒落てる!

f0307792_20360145.jpg

f0307792_20355843.jpg


*****



f0307792_20014644.jpg


f0307792_20014952.jpg


f0307792_20015214.jpg


銀座・中松商店より『鈴木信太郎いろいろ』(中松商店、2019年5月24日)届く。展示はもう終わってしまったが、この図録を見ると、鈴木信太郎のさまざまな仕事の断片が集められた好ましい展覧会だったようだ。挿絵原画、スケッチ帳、色紙、葉書、マッチ、装幀本、陶器など、じつに楽しい雰囲気。鈴木信太郎ファンは必見です。購入は中松商店まで。

銀座 中松商店
〒104-0061 東京都中央区銀座 1-9-8 奥野ビル313号室
tel.03-3563-1735

f0307792_20015594.jpg

by sumus2013 | 2019-07-20 20:43 | おすすめ本棚 | Comments(0)

山田稔自選集 I

f0307792_19473196.jpg


『山田稔自選集 I』(編集工房ノア、二〇一九年七月七日)読了。面白い。このところ刊行されている著作よりも、本書は、もう少し一般向けというか、広く読者を想定しているエッセイ群なので、同じく文学者について描いていても、もっとストレートな別種の面白さがある。

それにしても、さすが『スカトロジア』の作者である。当然、本書でもその片鱗・・・というか本領発揮。犬の糞、こやしの匂い、小出楢重の立ちション、おねしょ、深瀬基寛の痔・・・そして最後は「でたかな? まだまだ」「パンス・ア・クロット」「便所にて」「ヴォワ・アナール」「コーモンのむこうがわ」とたたみかける(もちろん、すでに読んだものもありますが)。山田さんがどうしてアルフォンス・アレーを翻訳しているのかがスッと納得できる。ケツ作群である。

埴谷雄高を描いた「埴谷さんの家で」のなかに

《古い映画の話になったとき、何がきっかけだったか、「山田稔はジャック・カトランに似ていますよ」と言い出して私を面くらわせた。はじめて聞く名前だった。昔のフランスの二枚目俳優だそうで、そのカトランが監督した『嘆きのピエロ』という作品が当時(一九二五年ごろ)公開されて大当たりした。その主題歌を懐かしそうに口ずさむ埴谷さんには、往年のモダンボーイの面影があった。》

というくだりがある。ジャック・カトランてどんな俳優だろうか? フランスのヤフー!で検索したらたくさんの写真が出てきた。トップに出た一枚が何か他の写真と少し違うな、と思ってクリックしてみると、

f0307792_20265354.png


Jaque Catelain, 1922.
Photo : Man Ray

というキャプションがあった。なるほどねえ。山田さんに似てるかな? 額が広いところとか。独特の知的な雰囲気か?

山田稔、富士正晴展 II

by sumus2013 | 2019-07-17 20:40 | おすすめ本棚 | Comments(0)

猫町

f0307792_17045504.jpg

萩原朔太朗+山川直人『猫町』(装丁夜話、二〇一九年七月一日)が届く。ちょうど今、この「猫町」の装丁展が開催されているところ。

「猫町」装丁展
2019年7月1日〜14日

デザイン&ギャラリー装丁夜話
https://www.timelessbooks.info/猫町/


装丁は石間淳手漉きコットンラグ紙(紙の温度)、箔は前田瑠璃(コスモテック)。このカバーの手触りサックリ感は、なんだか、ものすごく久しぶりのような気がする。細部の写真を石間氏のサイトでぜひごらんいだだきたい。

萩原朔太朗・山川直人『猫町』
http://ishimakiyoshi.com/?eid=106

『猫町』は版画荘版(一九三五年)の川上澄生の装幀が印象的で、小生も、ずいぶん前に処分してしまったが、復刻版を持っていた。そのときに読んで以来だったから、あまり細部を覚えておらず、ひさびさに神経症時代とでもいうべき空気を感じた。



***

パリのクリスティーズでは著名なシュルレアリスム書籍の蒐集家ポール・デストリバトの蔵書売り立てが行われた。第一部とあるように、さらに二度の売り立てが行われるらしい。先月、事前にパリの友人がカタログのURLを教えてくれたのだが(むろん見るだけですよ、言うまでもありませんが)どえらい内容だった。その後、近所のある人のお宅で三冊になったカタログを拝見する機会もあった。世の中にはすごい人がいるものだ。

SALE 17875
Bibliothèque Paul Destribats - 1ère partie
Paris
https://www.christies.com/salelanding/index.aspx?intsaleid=28381&lid=1&saletitle=

ピカソの版画入り『カイエダール』だとか、ドローネーの肉筆挿絵が満載のサンドラルスの限定詩集、『シュルレアリスム第二宣言』あたりが高額で落札されたようである。

by sumus2013 | 2019-07-07 19:46 | おすすめ本棚 | Comments(0)

石野重道2冊

f0307792_19584329.jpg

石野重道『彩色ある夢』(我刊我書房、二〇一九年七月二〇日)および石野重道『不思議な宝石 石野重道童話集』(書肆盛林堂、二〇一九年六月二七日)が届いた。前者は二〇一五年に豆本として刊行されており、このブログでも紹介した。他に『彩色ある夢』は遺稿集『真珠貝の詩』(石野香編、一九八三年)に全編収録されているというが、いずれも少部数。後者の『不思議な宝石』には善渡爾宗衛氏と未谷おと氏が『サンデー毎日』のバックナンバーを渉猟しているときに再発見した作品十篇が収録されている。

石野重道『彩色ある夢の破片(かけら)』

書肆盛林堂

杉山淳「その後の石野重道ーー石野重道童話集解説」より石野の略歴を引いておく。

《石野重道は、一九〇〇年神戸市に生まれ、一九一九年、関西学院を卒業後上京、声楽を学んだ。のち文学を志し、佐藤春夫に師事した。一九二三年、第一詩集『彩色ある夢』を出版した。一九四四年高砂市で亡くなっている。》

書誌によれば十篇の短い童話は大正十三年十一月から大正十四年十一月の間に『サンデー毎日』に掲載された。イソップのようでもあり、落語のようでもあり、御伽草子かアラビアンナイトのようでもあり、そしてあるものはシュルレアリスム風味もあるというふうに(それは多分に大正時代のテイストなのではないかと思う)古今東西の語りのスタイルを借りた奇妙に面白い作品群である。関東大震災直前に刊行された『彩色ある夢』と比較してみれば、似通ったモチーフはあるものの、同時に深い溝も感じられる。それらの質的変化を実際に読み比べられるという意味においてもこれら二冊の同時刊行は貴重な機会であろう。

『彩色ある夢』初版の書影を探したのだが、見付からないので、田村書店『近代詩書在庫目録』(一九八六年)の図版を引用しておく。

f0307792_19585349.jpg



by sumus2013 | 2019-06-22 20:08 | おすすめ本棚 | Comments(0)

金沢文圃閣出版総合目録他

f0307792_19010206.jpg

金沢文圃閣より『文献継承』33、『年ふりた…』23やパンフレット類が届いた。昨年九月の台風で倉庫書棚が倒れ、古書二万冊が散乱、甚大な被害を受けたそうだ。その復旧作業は今も続けられているという。

本年九月に二十周年を迎えられるとか。今後もまだまだ旺盛な活動を続けて欲しい書肆である。同封されていた目録や内容見本を見るとその凄さが実感できる。健闘を切に祈りたい。


by sumus2013 | 2019-06-20 19:03 | おすすめ本棚 | Comments(0)

実歴奇談 真澄大尉

f0307792_19560739.jpg


吾妻隼人(山中峯太郎)『実歴奇談 真澄大尉』(書肆盛林堂、二〇一九年六月九日)読了。


《著者山中峯太郎(一八八五〜一九六六)は、大衆小説、「亜細亜の曙」などの少年向け軍事小説、および戦後は「名探偵ホームズ全集」などの児童向け探偵小説の翻案で活躍した小説家である。
 その処女作「真澄大尉」は、一九〇六年三月十五日から五月二十六日にかけて大阪毎日新聞に吾妻隼人名義で連載された軍事探偵小説だ。著者二十一歳、陸軍士官学校在籍中のことである。本書は新聞連載後、「山中峯太郎研究協会報」付録として復刻したのを除き、単行本化や再録されたことがない。これが現代に広く知られる初めての機会である。》(平山雄一「真澄大尉」について)

本作は日露戦争勝利の翌年に発表されたわけだが、勝利の裏に軍事探偵あり、ミッション・インポシブルの実録ストーリーである。中国やロシア領内で、あるときは中国人の理髪師、またあるときはハンガリー人の貴族に身をやつし、暗躍した日本の軍事探偵・真澄威春の実録談を聞き取るという形になっている。

実際、諜報活動や破壊工作は当時の軍事衝突においては非常に重要な役割を果たしたようだが、当然ながらその実態は明らかにされないのが通例であろう。それを目の前に展開するように描き出した小説なのである。処女作の持ち込み原稿が破格の待遇で新聞紙上を賑わしたというが、なるほど、生硬な筆致も目に付きはするものの、陸軍士官学校で見聞したことをたくみに織り込んだであろう時流に棹さした内容の面白さは今読んでも褪せていない。

f0307792_19561423.jpg
f0307792_19561034.jpg


多数収録されている挿絵には「耕雪」と落款がある。デッサンもそれなりにしっかりしており、なかなかいい味を出している。当時、大毎の学芸部長で山中の小説を抜擢した菊池幽芳の小説「己が罪」などの挿絵も手がけていた。

《坂田 耕雪(さかた こうせつ、明治4年1月6日〈1871年2月24日〉 - 昭和10年〈1935年〉2月6日)とは、明治時代の浮世絵師、日本画家。

尾形月耕の門人。通称萬助、耕雪と号す。加賀国金沢(現・石川県金沢市)に生まれる。弥左衛門町時代(明治15年 - 明治20年)の月耕に師事し浮世絵を学んだのち、大阪市に移り住み、明治29年(1896年)に入社した大阪毎日新聞社で新聞の挿絵を描き好評を得た。明治34年(1901年)に春陽堂から版行された菊池幽芳の小説『己が罪』中編の木版挿絵および口絵、同じく幽芳の小説『乳姉妹』の挿絵を描く。その後は南画の山水や人物図などを描いている。大正3年(1914年)に開催された第8回文展に「露」を出品して入選し、巽画会の会員となる。これは唯一の官展出品作であった。大阪毎日新聞社を退社した後は能画の研究に専念した。また、大阪市の依頼により大阪城天守閣内で「豊大閣」の肖像画を描いた。》(ウィキ)

小生が古本道を歩き始めた頃には、山中峯太郎の本は均一台によく出ていた。売れっ子だった証拠だろう。最近はまったく見ないように思う(「日本の古本屋」には多数出品されています)。

by sumus2013 | 2019-06-08 20:05 | おすすめ本棚 | Comments(0)