林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
イイネ!
by sumus2013 at 17:31
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 14:57
swallow-dale..
by uroburo at 01:58
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 23:23
少年少女探偵小説というジ..
by sumus2013 at 16:07
swallow-dale..
by uroburo at 12:49
宇陀児さんはそんな作家だ..
by imamura at 11:05
有り難うございます!
by sumus2013 at 08:21
よし野の花を見てよめる ..
by koganemaru at 06:55
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 20:59
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:古書日録( 808 )

書誌学とは何か

f0307792_19444657.jpg

寿岳文章『書誌学とは何か』(ぐろりあ そさえて、一九三〇年)のこのカット、誰のものかお分かりですか? という質問を頂戴したが、分かりません。アールデコ調ですね。どなかたお心当たりのある方、コメント頂きたく、お願い申し上げます。

[PR]
by sumus2013 | 2018-02-07 19:54 | 古書日録 | Comments(4)

地理教科書

f0307792_20073132.jpg

昨日の『地図の歴史』のつづきというか、手許にある明治時代の地理教科書をアップしてみる。どれもすべて均一棚で採集したもの。百円か二百円である。ただ、これだけ集めるのに二十年くらいはかかっていると思うが・・・


まずは『世界國盡 全』。奥付も封面もないので版元が分からない。むろん『世界國盡』といえば福沢諭吉が明治二年に刊行した世界地理の入門書である。本文も全部確認したわけではないが、出だしはまったく同じ。ただし版面は異なる。福沢版は頭注欄があり、全六冊。こちらには註はなく「全」とあるのだからそのダイジェスト版か。地図は破り取られたようで揃っていない。
f0307792_20074193.jpg
f0307792_20074511.jpg
f0307792_20074783.jpg
f0307792_20074912.jpg
かろうじて残っている南米と太平洋の一部の図。大西洋には「あたら海」(由来についてはこちら)、太平洋には「太平海」という訳語が充てられている。


次は大槻修二編『日本地誌要略』(青山紅樹書楼、明治九年1876、六月)の折り込み「日本國全圖」。地図は銅板刷、本文は木版刷である。
f0307792_20075428.jpg


森孫一郎+豊岡俊一郎編『新撰小學地理書 四』(教育書房、明治二十一年1888五月六日訂正再版御届)の折り込み「欧羅巴之圖」。地図は銅板刷、本文はいまだ木版刷である。
f0307792_20075651.jpg


同じく森孫一郎+豊岡俊一郎編『新撰小學地理書 七』(教育書房、明治二十三年1890七月十日五刻出版)の「大日本全圖」。
f0307792_20075982.jpg



學海指針社編『日本地理初歩』(集英堂、明治二十六年1893八月十九日訂正再版発行)の「大日本全圖第二」。本文は活版刷になっている。地図はリトグラのような感じだが、版式は分からない。
f0307792_20080157.jpg


學海指針社編『萬國地理初歩 下』(集英堂、明治二十七年1894一月十日五刻出版)の「南亜米利加洲」。
f0307792_20080351.jpg

う〜む。地図の魅力には、たしかに抗し難いところがある。

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-27 20:57 | 古書日録 | Comments(0)

地図の歴史

f0307792_19534100.jpg

織田武雄『地図の歴史』(講談社、一九七三年二月二五日)。先日少しばかり引用したが、概説書としてはよく出来ている。これまでこの手の本をあまり読んだことがなかったので、いろいろと啓蒙された。

例えば、アリストテレスは地球が球だということを知っていた。

アリストテレスは、月蝕の際に月面に映る地球の影が円形をなすのは、地球が球体をなしているからであり、また、エジプトで見える星の一部が、ギリシアでは水平線に没して見えなくなるように、地球上を南北に移動しただけで、天球に見える星の位置が変化することから、地球はあまり大きな球体ではないと論じている。

ルネサンスの意味とはこれだったわけか。

例えば「太平洋」はマゼランが名付けたこと。マゼランの船隊は一五二〇年一〇月二一日にマゼラン海峡を発見し、ゆっくりそこを通り抜けて太平洋へ出た。

《マゼランは太平洋をもっと小さいものと考え、香料諸島にもたやすく到着し得ると予測して西進したが、結果は三ヶ月以上を要し、食料や飲料水の欠乏と壊血病に悩まされた苦難に満ちた大航海となり、ようやく二一年三月一六日にラドロネス島を経て、フィリピン群島のサマル島に到着することができた。ただこの間、一度も荒天に遭遇することがなかったので、マゼランはこの太洋を太平洋[マール=パチフイコ](Mar Pacifico)と呼んだ。》

例えば「アトラス」はメルカトルが名付けたこと。メルカトルは早くから世界各地の地図を総合した世界地図帖を編纂する計画を立てていたが、容易には実現されなかった。

《一五九四年にメルカトルは没したので、世界地図帖は彼の死の翌年の九五年に、息子のルモルドによってイギリスその他のヨーロッパ諸国と、アフリカ、アジア、アメリカの諸国を加えた一〇七図より成る地図帖が完成し、メルカトルの遺志にもとづいて「アトラス」(Atlas)の表題をもって出版された。このメルカトルのアトラス以来、近代的地図帖はアトラスと呼ばれるようになったのである。

西方の世界図に日本が記録された最初は、十二世紀のアル=イドリーシーの地図である。イドリーシーはシチリアのノルマン王ロジュエル二世に仕えて世界の平面球形図を作成し、その解説書『ロジュエル王の書』を著した。そこに付された地図に「ワクワク」という名前が見える。

《フルダードビフは「シン(シナ)から先のところは、どのような土地かわからないが、カンツー(揚州)の向う側には高い山脈があって、金を産するシラと、やはり金を産するワクワクがある」と述べている。シラ(Sila)が新羅、すなわち朝鮮半島にあたるとすれば、「ワクワク」(Waku waku)は倭国、すなわち日本を指すものと解され、イドリーシーの地図ではアフリカの最東端に置かれている

ジパングの初出は、ポルトガル王アルフォンソ五世の依頼により一四五九年に完成されたフラ=マウロの世界図。フラ=マウロはヴェネツィアに近いムラノ島の僧院長だった。

《注目されることは、中国のザイトン(泉州)に接して isola de Zimpagu とある小島がみられるが、これはおそらくジパングであり、ヨーロッパの地図にジパングとして日本が記載された最初の記録であろう。》

こんなマメ知識を引用していたらキリがない。おおよそ五十年前に執筆されたこの著書、「むすび」に著者は近未来の地図についてこういうふうに書いている。

《それでは今後、地図はどのような発達をみるであろうか。地図の作成技術がますます進歩している今日では、技術的な問題とも関連して、簡単に答えることはできないが、とくに第二次大戦後は航空機の利用が盛んとなり、航空写真測量の発達がいちじるしいため、世界図のこのような空白の部分はまったく消失するのは近い将来のことであろう。》

航空機ではなく人工衛星だが、まあ、ほぼ予見されていると言っていいだろう。ただ、グーグル以前と以後で、いかに世界観が変わったかも考えさせられる。上記引用文中「空白」とあるのは南極大陸と北極地方の一部をさすのだが、今日「空白」というのは、見えない場所ではなく、見せたくない場所なのだ。見え過ぎちゃって困るの〜(ちょと古いCMソング)という世界になってしまった。




[PR]
by sumus2013 | 2018-01-26 21:01 | 古書日録 | Comments(0)

ツールの司祭

f0307792_17313933.jpg

バルザック『ツールの司祭・赤い宿屋』(水野亮訳、岩波文庫、一九四五年一一月三〇日)読了。いつ買ったのかも忘れてしまっていたが、ちょっと本を片付けようと思って手に取り、数頁読み始めてみると面白い、ついつい読んでしまった。

舞台はツール(現在ではトゥール Tours と表記される)。フランス中部の都市。時は一八二六年。ナポレオンが歿してまだ間もないころ。聖ガルシアン大聖堂の助祭ビロトーを主人公として物語は展開する。ガマール嬢が経営するアパルトマンの下宿に二人の僧、シャプルー師とトルーベール師、が住んでいた。シャプルーとビロトーは親友であり、シャプルーが手直したその居心地のいい下宿に住むというのがいつしかビロトーの念願となる。

《件のアパルトマンは美しい女が襤褸を着てゐる姿に似ていた。ところが二三年後のことだが、ある老婦人から二千フランの寄進にあづかつたので、シャプルー師はその金を槲材の書棚を買ひ込むのに用ゐた。書棚の出所はといふと、例の山師組合[バンド・ノワール]が寸断し細分したある城館[シャトー]の取毀しの際に出たもので、芸術家の嘆賞に値ひする彫り物が人の眼を惹く代物であつた。シャプルー師がこれを買ひ込んだのは、値段が格安なのに釣られたといふよりは、むしろこの書棚の大きさと廊下部屋[ガルリー]の広さが申分なく釣合つてゐることに惹かされたわけだつた。

山師組合[バンド・ノワール]はフランス革命のドサクサのなかで貴族から家屋敷を巻き上げて切り売りしたグループだそうだ。

《数人の信心深い人々の喜捨や、たとへ軽少にもせよ、彼がいつもその告白を聴いてゐた敬虔な女たちの遺贈などがあつて、わづか二年の間に、始めガラガラに空いてゐた件の書架の棚は、本で一ぱいになつてしまつた。最後にオラトリヨ会の僧侶だつた叔父が、八折り版の教父著作集と、ほかにも数冊、僧侶にとつては大切な、立派な書物を形見に遺してくれた。ビロトー師は、かつて裸同然だつた廊下部屋[ガルリー]が引き続き変態を重ねて行くのにいよいよもつて驚かされ、段々と、無意識的な渇望を抱くに至つた。

ビロトーは悪い人間ではないけれど、「シャプルーが死ねば、部屋は俺が貰へる。」と思う程度に、ごく凡俗な人物として描かれている。そしてその通りシャプルーは死に、遺言によって書棚や家具ともどもアパルトマンの権利をビロトーは譲られるのである。

さあて、気に入らないのはもう一人の下宿人トルーベールだ。彼は眺めの悪い部屋に居り、シャプルーの方へ移りたかった。ビロトーが二年ほど暮して下宿生活を満喫しつつ、大聖堂の参事会員に選ばれそうだということでウキウキしているときに事件は起きる。突然、下宿の女主人ガマール嬢の態度が冷たくなった。

これがなかなかの心理ドラマ。地方都市の社交界というのだろうか、権力争いの渦のなかにビロトーは巻き込まれて行く。そして本棚を取り上げられるはめになる。それは訴訟沙汰にまで発展し、シャプルーが遺した絵画や家具そして書棚の鑑定が行われる。パリ美術館(ルーブル美術館)の鑑定官だったサルモン氏が値踏みをするくだり。

《もと美術館鑑定官は、ヴァランタンの聖母像と素晴らしく美しい作品であるルブランの基督像を、一万一千フランと評価した。書棚とゴチック風の家具に至つては、かかる種類の品物に対する支配的な好尚が、パリでは日に日に募る一方なので、取り敢へず一万二千フランといふ価格を生むことになつた。

f0307792_17361952.jpg
本書挿絵、左からビロトー、ガマール、トルーベール


さて、ここから、もう一波乱があるわけなのだが、それを書いてしまうと面白くない、ご興味のある方はぜひお読みいただきたい(この岩波文庫は版を重ねているようなので現在も入手できるはずです)。善良で平凡な人間が必ずしも安穏に暮せるわけではない、その凡庸さが歯痒くなってくる不思議なテイストの作品だ。


[PR]
by sumus2013 | 2018-01-23 20:49 | 古書日録 | Comments(0)

ちんき堂

f0307792_19310458.jpg

所用あって神戸へ。せっかくだからとちんき堂(http://chinkido.com)をのぞく。一年半ぶりくらいかも。いかにも品薄ふうなガッサガサの棚がいい。行く度にガラリと本が変わっている。まあ、一年に一度か二度じゃ、あたりまえかもしれないけど。並んでいるタイトルも値段も一昔前という雰囲気が何ともいい。

本日は澁澤龍彦の単行本がズラリと並んでいた二十冊くらいはあったかな。多分、今は売れ線とはいかないだろうが、迫力はある。黒いジャケットのサドの翻訳も六冊くらいあった。色モノはお得意のジャンルで異彩を放っている。それがすべて百円から数百円だからなおさらだ。画集や美術展の図録などもけっこうあった。音楽・映画・芸能関係は言うまでもなく得意ジャンル。CD、LP、などもかなりある。他にも珍しい同人雑誌などがヒョイと差してあったりする。とにかく品薄に見えてもじっくり小一時間は楽しめる店である。近所なら頻繁に通うことになるだろう。

戸川さんと雑談。古本屋になるときに梁山泊の島元氏に相談したのだそうだ。生活していけるかどうかを質問したら、昔みたいにはいかないが、なんとか暮してはいけるだろうと言われた。それまでの職を予定していたよりも早く辞めることになり、その数ヶ月後には開業した。ところが、店番三日にして「ぜったい無理」と悟った、のだという。……と言いながらもう二十年近くやっておられるわけだが。

f0307792_19455955.jpg

帰宅してみると『ほんの手帖 51』(大島なえ、二〇一八年一月一五日)が届いていた。黒木書店の思い出がつづられている。

おまけに作る
《ここの店主が、いかにも古本屋おやじ。と言うへんこなおやじで、私は無かったけれど乱雑に本を扱おうものなら「帰れ!」の怒声が飛ぶ。お客は気を使いながら本を読ませていただく感じです。》

《閉店される時は酸素ボンベのチューブをつけ仕事されていました。頭のしっかりしたじいさんです。》

《何度か通ううちに俳句の本の話で盛り上がりその時、ふと黒木さんが、足が痛くなるからと椅子を出して、ここに座り。と言われ思わず「やったあ」と思い心で声を上げて喜びおまけにコーヒーの出前も注文して、コーヒーをごちそうになり念願かなったのですね。しかしその二年後に閉店しトラックが店の前につけ、本を全部運び出しているのを見た時は悲しかった。あの本たちはどこへ行ったのかと時々思います。
 ・黒木正男さんは2002年冬に永眠。》

黒木書店のことを書くと思い出すのが、渡辺一考さんの回想だ。黒木氏の息子さんのことを書いておられて、さすがと唸らせられる。

一考 神戸の古本力

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-19 20:25 | 古書日録 | Comments(7)

花森安治肉筆表紙画

f0307792_17381641.jpg

『石神井書林古書目録』102号(石神井書林、二〇一八年一月、題字=武藤良子)が届いてビックリ。以前、某氏所蔵品としてこのブログでも紹介していた花森安治の肉筆『文明』表紙原画その他が一括で掲載されていた。

花森安治による雑誌『文明』(文明社)の表紙原画

そのとなりには瀧口修造の自筆原稿「自由な手抄」全揃(200字詰原稿用紙23枚)も並んでいる。『gq』初出時の原稿「マン・レイの素描 エリュアールの詩」だそうだ。

f0307792_17381315.jpg

巻頭は樋口一葉の短冊、雑誌も『ド・ド・ド』(多田文三編刊)、『文党』(今東光編)、『風』(澤田伊四郎編)などが目に留まる。驚いたのは篠崎初太郎訳、マツクス・ウエバア『立体派の詩』(異端社、一九二四年)。篠崎初太郎は宇崎純一・宇崎祥二の波屋書房の顧客であり、自著『潜航艇 : 三部曲』を波屋書房から刊行しているので注意はしていた。異端社というのは篠崎自身が作っていた版元であろう。

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-15 19:38 | 古書日録 | Comments(2)

人口の原理

f0307792_19303711.jpg

マルサス『初版人口の原理』(岩波文庫、一九五〇年四月一日七刷、初版は一九三五年)読了。『本はいつごろから作られたか』のなかに、自然選択説を唱えたアルフレッド・ラッセル・ウォレス、そしてダーウィンに対しても影響を与えた本だと書かれていたので、読んで見たいなと思って、探してみた。

この岩波文庫版はよく目にしてたように思うのだが、経済学の本じゃ……と買ったことはなかった。とにかく、まず、寺町の梁山泊へ足を運んだ。社会科学が専門だし、なにしろこの店は、一階が倉庫、二階が店舗なのだが、二階へ上る階段にズラリと文庫本を並べてある。そのほとんどが岩波文庫。数千冊はあるだろう。ところが、どうしたわけか、そこでは見つからなかった。

こりゃ、少し時間がかかるか、と考えていたところ(もちろんネットで探せばすぐ手に入ります)、数日後、同じ寺町通りでもずっと北にある尚学堂の店頭にポツンと置かれているのを見つけたのである。店頭二百円……ちと高いけど仕方ないなと思ってその他の紙モノといっしょに帳場に持って行ったところ、岩波文庫は百円に計算してくれた。ラッキー。

本はいつごろから作られたか』にはこう書かれている。

《トマス・ロバート・マルサス(一七六六〜一八三四年)の著した『人口論』(一七九八年)を、ダーウィンは一八三八年十月に読んだが、同じ本がウォレスにたいしても触媒のような作用をすることになった。》(第十二章)

《結果から見れば、マルサスは経済学にも影響を与えている。カール・マルクスも彼に学ぶところがあり、ジョン・メイナード・ケインズは、効果的な需要は不況を回避する一つの方法であるという自論のよってきたるところはマルサスだったと言っている。しかし、マルサスが生物学に影響を与えようとは、まったく予想外であった。ダーウィンは『種の起原』の中で、生存競争とは「マルサスの学説を何倍にも増幅して、動植物界全体にあてはめたものである」と説明した。》(第十二章)

『初版人口の原理』はナニナニ学というよりも人口と経済の関係を考察したエッセイであり、マルサスの主張は簡単明瞭だ。論考の基となる問題は二点だけ。例によって引用文中の旧漢字は改めた。

 第一、食物は人類の生存に必要であると云うこと。
 二、両性間の情慾は必要であって、大体いまのまゝ変りがあるまいと云うこと。

食とセックス。欠くべからざるもの。そこから導き出されるひとつの結論がこちら。

《即ち若しも人類が、平等なものであつても、食物の欠乏に基く圧迫が不断に人類を脅かし、それが今この瞬間に始まつて、全地球が菜園の様に耕転せられてしまふまで、如何なる時期に至るも決して熄むときがないであらう。無論地球上の生産物は毎年増加して行くではあらう、それでも人類はそれよりも、もつと早く増加するのである、而してその余分のものは、必ずや、周期的又は恒常的の貧困と悪徳とのために制圧されるのである。》(第八章)

食物の供給スピードより人間のセックス力の方が強い、というわけである。だから、食料の足りる範囲内に人口を抑えておかなければならない。具体的には、貧民を経済的に援助しても子どもを増やすだけだから、産児制限をしろ、ということになる。

フランス革命のすぐ後にゴドヰン(William Godwin)あるいはコンドルセ侯爵(marquis de Condorcet)に対する論駁として発表されているので、本書全体に革命による揺るぎが感じられる。

《この社会より富と貧とを除くことは出来ないけれども、極端な地位にある人間の数を減らし、中流の人間を増加することが出来るやうにす政体を案出するならば、進んでそそれを採用するのは、吾等の義務に相違ない。然しながら、樫の木の根や枝を大に減らせれば、やゝもすると幹の樹液の循環を悪くする様に、社会の極端な部分を或る程度以上に減らせると、やゝもすれば、知識の発達に最も都合のいゝ、中層階級全体の活気ある努力を鈍らせる傾向がある。》(第十八章)

このくだり、近年ニック・ハノーアーという超富豪がアメリカの富裕層に与えた警告を思い起こさせる。

本書に解説を執筆しているジェームス・ボーナーはこんなことを述べている。

《彼は物理学をケンブリッヂで学んだやうであるが、植物学は之を彼の父に負うたであらう。それが彼をして自然盛に比喩的たらしめ、また少しく誇張し過ぎることを免れしめなかつたのであらう。彼は農業者と共に棲んでゐた人間であつたから、栽培家や牧畜家が何をやつてゐるかをよく知つてゐた。彼は『選択の法則』を発見し、且つレースター羊の品種を改良したベークウェルが(プロテロ『イギリス農業史』)羊についての古い理想(小さい脚と頭)をすて、善い肉が豊かであればよいと云う理想に変つてゐたのを、恐らくはよく知つてゐたのであらう。》(マルサスの第一論文について)

なるほど、食料と繁殖の関係を重視する方法論は牧畜から学んだに違いない。人類も結局は家畜なのだ。要するに、ダーウィンに影響を与えたとしても何ら不思議はないのである。

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-10 20:54 | 古書日録 | Comments(2)

Livre de chasse

恭賀新春

f0307792_10462455.jpg


お犬さまの年ということで『LE LIVRE DE CHASSE DE GASTON PHÉBUS ガストン・フェビュによる狩猟の本』(Bibliothèque de l'Image, 2002)から十四世紀フランスの猟犬を引用してみた。図版の底本はフランス国立図書館蔵。

これは実に興味深い書物である。フォワ(Foix)の領主ガストン・ド・フォワ(Gaston de Foix 1331-1391)通称フェビュ(Phébus)が一三八七年から八九年にかけて口述し、ブルゴーニュ公爵フィリップ・ル・アルディ(Philippe le Hardi)に献呈したものである。原本は失われているが、主に十五世紀から十六世紀にコピーされた四十四種の写本が現存している。

f0307792_10461872.jpg


そのなかで最も優れたものがランス国立図書館に所蔵の一本。ルイ十四世の私生児で狩猟頭であったトゥールーズ伯爵の図書室にあったものが、オルレアン家に移り、オルレアン公ルイ・フィリップ(フランス王、在位1830-48)は狩猟家ではなかったにもかかわらず、とくにこの本を気に入っていた。しかし一八四八年の革命によって第二共和政が成立するとともに国立図書館の所蔵するところとなった。これらの絵を描いたのは、様式批判によって、パリにあった三つアトリエではないかと推定されているそうだ。

f0307792_10462130.jpg

内容は十四世紀における狩猟のさまざまな局面をなかなか細やかに描き出しており、見ているだけで楽しいし、人間のやることは六百年以上経っても、そうは変わらないのだなとも思ってしまう。動物よりもやや雑ながら、植物の描写にも注目したい。

f0307792_10461427.jpg



*****


近所の神社へ初詣に出かけた、ついでに(どちらがついでだか分からないですが)近くのブへ。いいものありました。こいつは春から縁起がいいわい・・・というところです。それにしてもこのチラシ、ロトチェンコだなあ。

f0307792_10480829.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-01 10:48 | 古書日録 | Comments(0)

ウィリアム・モリス 全完本

f0307792_17115465.jpg


『ウィリアム・モリス ケルムスコット・プレス全本』(モリサワ、二〇〇一年四月一〇日、クリエイティブ・ディレクション=勝井三雄、デザイン=杉本浩)。モリサワ・コレクション、ケルムスコット・プレスが刊行した全五十三タイトルおよびモリス自筆の装飾文字・枠のデザイン原稿、バーン=ジョーンズのデッサン、が収録された手頃な小冊子である。

庄司浅水さんなどは『チョーサー著作集』(上の表紙に添えられているを世界で一番美しい本であろうと書いているが(「奇書と珍書」『世界の古本屋』アテネ文庫、一九五〇年)、小生は賛成しかねる。ただ、それはそれとして、モリスの正直さ、一途さ、が伝わってくる、言うなれば、人柄の現われた作品群だと思う。

偉大なる小芸術家、W. モリスの本展


f0307792_17120195.jpg
1. The Glittering Plain


f0307792_17451416.jpg
3. Blunt's Lyrics and Songs of Proteus


f0307792_17460598.jpg
5. The Defence of Guenevere


f0307792_17470481.jpg
7. The Golden Legend


f0307792_19373862.jpg
8. The Recuyell of the Historyes of Troye


f0307792_19385186.jpg
9. Mackail's Biblia Innocentium


f0307792_19394619.jpg
18. Gothic Architecture by William Morris


f0307792_19403966.jpg
27. The Wood beyond the World


f0307792_19413690.jpg
29. Shelley's Poems


f0307792_19421486.jpg
30. Psalmi Penitentiales


f0307792_19431491.jpg
34. The Life and Death of Jason


f0307792_19435874.jpg
53. A Note by William Morris


f0307792_19444178.jpg
ウィリアム・モリス自筆装飾頭文字デザイン




『花と葉』(一八九六年刊)

ロンドンのハマースミスにあるケルムスコット・ハウス


本年もお付き合い有り難うございました。良き新年をお迎えください。


[PR]
by sumus2013 | 2017-12-31 19:59 | 古書日録 | Comments(0)

日記

f0307792_17153887.jpg


串田孫一『日記』(実業之日本社、一九八二年七月三〇日)読了。

現在八十三冊目の帖面に日記を書いているが、ここに公表するのは第二十八冊と第二十九冊の前半に書かれたものである。それ以前の日記の大部分は自らの手で焼き、数冊は戦火を受けて焼失した。この「日記」の中で、二十七冊すべて、戦火によって焼失したようにも書かれているが、それは偽りである。従って残っている日記のうち最も古い部分である。》(後記)

串田孫一の小宇宙』によれば二〇〇五年、八十九歳で歿したとき、書いていた日記は124冊目であったという。二十八〜二十九冊目というのは、昭和十八年十月から二十一年九月までの丸三年にあたる。二十八になる少し前から三十一になる少し前まで。兵隊に取られることも考えつつ、空襲が激しくなるにつれて本の疎開に心を痛める、そして疎開先の山形での敗戦から東京三鷹に家が見つかるまでの成り行きが、知友からの来簡なども交えながら、公開されている。

f0307792_17384382.jpg
口絵は山形でのスケッチ


戦中と戦後の古本屋についてもあちらこちらで触れられていて、参考になるが、ここでは焼けた本について少しまとまった引用をしておく。昭和二十年四月の空襲で巣鴨にあった自宅が全焼してしまった。

《自分一人の生活範囲に柵を巡らして、心から焼けないでくれればと思ったのは、書物だけである。それは二度と入手が困難だとか、ただ勿体ないという気持からではなく、私が生活して行くためになくてはならないものになっていたからである。》

《家族と共に運ばれる僅かの荷物の中へ、三箇ばかりを函詰めにして入れることにした。その中へは自分の所有している本の中から極くほんの一部の約二百冊ばかりの、何處でどんな惨めな生活をするようになっても手放したくない古典と、長い間かかって折にふれては探し求めていた不思議な物語の類と、二十七冊までの日記と、書きためた原稿の類と、古典と共に置かねばならないわが師からの書簡と、若干の紙と、長年愛用して来た文房具の類とを入れたのである。》

《この函のものさえあれば、極く最小限に見積って数年間はやや生活らしいことが出来そうに思えたのである。それは木函に入れて釘を打っている時には、何となく棺の蓋をしているように思えて随分悲愴であり、何の為にこれら大切な書物が、函に詰められ、釘を打たれ、縄もかけられるのかと思った。それは生き埋めにしてしまうようなものだった。それが単なる私の夢想ではなく、庭の隅で灰と化しているのを見なければならないようなことになった。灰を丹念に片寄せて行くと、私の鉛筆によって書込んで置いた文字が灰の上に光って見えたりしたし、紙切りが見る影もない姿となって出て来たりした。私はその灰となった二百冊の本の書名を言ってみることも出来た。その他の書物も、家の到るところに取り散らかしてあったので、書物の真白い灰は焼跡の方々に重なり合って残っていた。そして一度雨に叩かれたその尊い灰は、もう殆んど舞い去ることもなく、じっとりと或る種の重みを持っていた。》


f0307792_20024415.jpg
渡邊一夫の葉書


この日記にもっとも頻繁に登場する人物は、家族を除けば(家族よりも多いかもしれないが)渡邊一夫である。渡邊の書簡や自筆葉書も紹介されており、戦中の渡邊について興味を持つ者にとっても有益な記述ばかりのように思う。他には、叔父の今村信吉、親友の戸板康二、そしてペリカン書房の品川力も頻繁に登場する。品川の配達する(郵送です)人ぶりがこの日記からでもよくうかがえる。焼いてしまったから、というばかりではないのだろうが、戦後の串田の本の買いっぷりはかなりのものだ。

著作も次々出版するようになる。品川の紹介で美篶書房の小尾俊人がパスカルの本を出して欲しいと言って寄越す。昭和二十年十一月十六日付小尾書簡。引用文中の旧漢字は改めた。

私は一昨年暮学徒出陣にて軍隊に入り、終戦後復員になつたのですが、在隊中のいろ〜〜の感想はつまるところわが国の文化をさらに高め、又理性的なものの考へ方を広く民衆の中に徹底しなければならないという結論を生みました、真理を愛し、美しいものに感じ、深いものに憧れる、さういふ心情はこの上もなく尊いことだと思ひます。

西欧日本の古典的な書物の刊行を主眼とし、又真理への愛をかきたてるやうな書物の発行を志し、新たに出版書店をつくりました。編輯は私の心の誠実と責任において、私が担任し、用紙等も準備しあり以後以前との関係において充分に補給することができるはづです。書店名は美篶[みすず]書房、事務所は今牛込においてあります。

品川は次のように小尾を紹介している。

私の知人で、もと羽田書店(出版)につとめてゐた若い小尾[オビ]俊人君がこんど独立して出版を初めるとのことで、クラシックなものばかり手がけたいとの話で、先づ最初あなたから「パスカル研究」を執筆して頂たいとのことです。

ところが、これは美篶書房からは出版されなかった。昭和二十一年五月五日付小尾書簡。

さて、「永遠の沈黙」の書物、これを私の友人の河平一郎氏の経営する新府書房(新たに創業、専ら良心的に仕事を志してゐる人です、近刊トルストイ「復活」など)で、是非こちらへ願へないかと申しておりますのですが、実はこの話は幾度もあり、自分がお願ひしたものだからと理由も述べたのですが、是非といふことのので、先生の方へお話し申上げますものです。事実そのまゝを申上げますと、美篶書房といたしましてはロマンロラン全集全七十巻を六月頃よりづつと継続刊行してゆかねばなりませんので、用紙と印刷方面に於て勢ひ他の企画が相当に違算を来してゐるやうな事態でございまして、もし当方でいたしますにせよ、刊行期日は一寸予定がつかぬ状況なのです

う〜ん、これはちょっと勝手な言い分かなとも思うが、ま、仕方ないか。ということで『永遠の沈黙 パスカル小論』は新府書房から同年六月に刊行されている。


[PR]
by sumus2013 | 2017-12-28 20:57 | 古書日録 | Comments(0)