人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
めちゃめちゃ面白いね!
by sumus2013 at 07:50
「《玉舎さんのお父さん》..
by tobiranorabbit at 22:42
有難うございます! 同じ..
by sumus2013 at 07:47
架蔵する正宗得三郎/画家..
by 倉敷から遠いで at 21:08
ロバート・レッドフォード..
by sumus2018 at 16:12
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:巴里アンフェール( 29 )

物語 パリの歴史

物語 パリの歴史_f0307792_16422641.jpeg

高遠弘美『物語 パリの歴史』(講談社現代新書、二〇二〇年一月二〇日)読了。楽しい本で、すいすい読めるのだが、二月から三月にかけてむちゃくちゃ忙しかったため、なかなか読み終わらなかった。

プルーストの高遠先生ならではの視点で、パリがパリシー族(田舎者、乱暴者を意味するラテン語パリシウスの複数形)の街だった頃から現代にいたるまでの歴史をたどり、公園、美術館、墓地、買い物、レストラン案内までやってのける。この限られたヴォリュームでここまで行き届いたパリ・ガイドはこれまでなかったように思う。

ところで、このところのコロナ禍でにわかに脚光を浴びているらしいのがアルベール・カミュ。あるフランス人のSNSに『ペスト』のなかのこんな一節が引用されていた。

《La seule façon de mettre les gens ensemble, c'est encore de leur envoyer la peste.》

人々をまとめる唯一の方法は、いまだ彼らにペストを送りつけることである・・くらいの意味だと思うが、うまいこと言うなあ。フランスでは完全自宅待機の大統領命令に九割の人間が当然のごとく従っていると言われる。あのわがままなフランス人がここまで結束できるとは、驚きのほかない。

本書によれば《一九一七年から一九一八年にかけての冬にはスペイン風邪が大流行して、パリだけでも数千人が命を落としたと言われています。》(p187)とあるから、現在の状況もたしかに油断はできないが、それにしても、どうして自由・平等・友愛のフランスにおいてこんなに大統領が強い権力を持っているのだろうか? その答えも本書に出ている。一九五四年、アルジェリア独立運動が激しさを増しアルジェリア戦争が勃発した(六二年まで続く)。大統領はルネ・コティだった。容易に解決しない戦況に叛乱まで起こるしまつ。そこで

《一九五八年六月、コティは駐屯軍の意向に添って、引退していたド・ゴールを首相に任命して事態の収拾を図ろうとしました。九月二十八日、ド・ゴールは大統領の権限を強くする新憲法を国民投票で承認させ、大統領に就任。第五共和制の始まりとなりました。》(p206)

なるほど、そういうことだったか。この戦時体制である第五共和制が(くしくもマクロン大統領が「Nous sommes en guerre われわれは戦争中なのです!」と国民に呼びかけたように)今も同様に続いているため大統領も強気で対処できるというわけだ。

本書のどこをめくってもウンチクがたっぷりのなかで、ふたつほど引用してみる。まず、ナポレオンの「余の辞書に不可能の文字はない」という言葉。これは鶴見俊輔さんの父である鶴見祐輔がその著書『ナポレオン』に記したものだそう。

《この出典は諸説あるようですが、調べてみると、一八一三年の部下への手紙で、あえて現代語ふうに直訳すると「それは不可能ではないと貴君の手紙にありましたが、それはフランス的(フラン語的)ではありません」となる一節がそれに当たるようです。》(p115)

「不可能ではない」の二重否定はフランス語的ではない・・・要するに官僚的な言い回しは気に食わんというココロか。もうひとつ。こちらもあまりにも有名なマリー・アントワネットの「それならお菓子(あるいはブリオッシュ)を食べればいいのに」も事実ではないそうだ。

《もともとジャン・ジャック・ルソーが『告白』のなかで一七四〇年の記述として「さる女王」の言葉を引いているだけであり、マリー・アントワネットが生まれたのはそれより後だからです。》(p90)

こんな引用をしていてはキリがない。出典のしっかりした豆知識満載。ぜひ座右に一冊、おすすめしたい。

by sumus2013 | 2020-03-20 17:45 | 巴里アンフェール | Comments(2)

日曜エロス

日曜エロス_f0307792_20193863.jpg

阪急の王子公園駅へ。原田の森ギャラリーで開催されている「第35回日本篆刻展」を観る。「特別展観・日本の印人」が目当てである。近世から近代までの代表的な印人というか文人120人以上の掛軸や印章などが展示されていた。これぞ、という大傑作はないにしても、それぞれの作家の作風がわかるように粒よりの作品が集められており、たいへん勉強になった。池大雅はやはり図抜けている。壬生水石の山水がどうということはないのだが気になる一点だった。印では北大路魯山人の西村五雲用印二十五顆を面白く感じた。魯山人の印は正直素人っぽい。しかしプロの篆刻作品がズラリと並んだなかで見ると、テイストというか、センスが一味違っているように思った。ちょっと見直した。

その後、神戸大丸の戸田勝久展へ移動。たいへんな盛況だった。立ち話で簡単な挨拶だけ。そこを出てちんき堂さんを久しぶりに覗いたら、上の一冊、ANATOLE JAKOVSKI『EROS DU DIMANCHE』(Jean-Jacques Pauvert, 1964)が棚に挿してあってビックリ。意外なところで(意外でもないか・・・)久々のポヴェール本を入手。『エロス・デュ・ディマンシュ』というのは日曜画家(パントル・デュ・ディマンシュ)をもじっているらしい。素朴派のエロス表現の研究というか画集のようなもの。ご主人と雑談していると、近々新刊書を出されるとのこと。『あなもん』(ele-king books)。神戸新聞連載をまとめたのだそうだ。四月の予定が用紙事情の都合で六月になったという。楽しみ。

ついでギャラリーロイユで五人展を見る。幻想系の実力派を集めた展示で見所が多かった。来場者もつぎつぎと。そこそこに引き上げる。少々疲れたので花森書林は今度にして帰途についた。


by sumus2013 | 2019-05-24 20:54 | 巴里アンフェール | Comments(0)

ノートルダム炎上

ノートルダム炎上_f0307792_17190836.jpg
YAHOO! ACTUALITÉ より


ノートルダムの火災には驚かされた。パリは火災の少ない都市である。とはいえ、小生もそう長くもない滞在中に二度ほど火災を目撃した(パリの知人によれば、非常に珍しいとのこと)。いずれもビルの上階から黒煙が出ており、ハシゴ車が消火に当たっていた。建物の壁などはレンガや石造なので燃えないにしても内装や天井部分は木材など可燃物でできている。ノートルダムで燃え落ちたのも木造の天井部分である。尖塔(la flèche)も枠組みは木造だそうだ。外面に金属板を張ってある。

曇り日のノートルダム

ノートルダム炎上_f0307792_17191189.jpg
FACEBOOK より


パリでの火災で思い出したのは『フランス革命下の一市民の日記』(河盛好蔵監訳、中央公論社、一九八〇年二月一五日)に出ている記述。一七九四年八月一九日火曜日。

《今夜九時半頃、サン・ジェルマン修道院裏手から出火、凄まじい火炎と巨大な黒煙が立ち上り、火の粉を大量に撒き散らしながら天を焦がした。火元は四ヵ所である。出火原因は未だわからない。午前二時頃ようやく鎮火。図書館がほぼ全焼し、二度と入手できない貴重な原稿の一部が失われた。一五〇万冊が焼失したと見積られている。死傷者多数。》

パリでの災難といえば、つい先日(3月27日)、マン・レイの墓石が破壊されたのもショックだった。


マン・レイ掃苔

モンパルナス墓地を訪れる。


by sumus2013 | 2019-04-16 19:48 | 巴里アンフェール | Comments(0)

プルースト・コレクション

プルースト・コレクション_f0307792_19475083.jpg
最後にサザビーズ・フランスのオークションカタログを。『MARCEL PROUST COLLECTION MARIE-CLAUDE MANTE』(24 MAI 2018)。

マルセル・プルースト(1871-1922)の弟ロベール(1873-1935)の娘(だからマルセルの姪ということになる)アドリエンヌ・シュザンヌ・プルースト(Adrienne-Suzanne Proust, 1903-1986)は父の死後、プルースト家の遺産の管理者となった。アドリエンヌは、失われていたりあるいは破却されていた原稿の主要な部分を救い出し、また書簡集の編纂にも協力した。プルースト作品の刊行にも積極的で、出版人や研究者に門戸を開き、各地での展示にも貸与を惜しまなかった。一九六二年、遺産として受け継いだ素晴らしい原稿をフランス国立図書館へ売却した。その後もアドリエンヌはプルーストの献辞のある書籍、自筆原稿、とくに書簡を買い求め続けた。一九八一年には回顧録を出版している。一九八六年に彼女が亡くなったとき、婿のクロード・モーリャックは「スージイ・プルーストが死んだ。これで"マルセル叔父さん"と呼べる人は誰もいなくなった」と記している。マリー・クロード・マントはアドリエンヌの娘であり、クロード・モーリャックの妻に当る。(本書の解説より)

上のデッサンは、若い頃のマルセルの親友だったレーナルド・アーン(Reynaldo Hahn)を大天使ミカエルになぞらえて描いたもの。レーナルドも作家であった。このコレクションにも二人の間の通信が多数含まれている。下はカタログの表紙。

プルースト・コレクション_f0307792_19475212.jpg

デッサン(落書き)はもうひとつ掲載されている。フィガロ紙のための記事の草稿(レーナルドの紹介だったようだ)。

プルースト・コレクション_f0307792_19475435.jpg


そしてプルーストのまるでコラージュのような校正刷(placard)。「花咲く乙女たちのかげに」の一部。グラッセ版からN.R.F版への際に行われた改変らしく、これまで知られていなかったもののようだ。
プルースト・コレクション_f0307792_19475723.jpg


プルースト・コレクション_f0307792_19475957.jpg

絵心を感じさせる校正ではある・・・


by sumus2013 | 2018-09-26 20:51 | 巴里アンフェール | Comments(0)

GALERIE PAUL PROUTÉ

GALERIE PAUL PROUTÉ_f0307792_16331764.jpg

古本屋ではなくギャラリーの目録も紹介しておく。ポール・プルーテ画廊(GALERIE PAUL PROUTÉ)『カタログ154号』二〇一八年六月。店はセーヌ通(74, rue de Seine)にある。サンジェルマン・デプレの近く(マルシェ・サンジェルマンの東側)。画廊や古書店が軒を並べる通り。小生もプルーテ画廊のショーウィンドウだけはじっくり眺めさせてもらったのでよく覚えている。素描や版画が専門のようだが、タブローも並んでいた。落ち穂拾いというのか、オールド・マスターから現存画家まで幅広く、小粒で手堅い作品を扱っている。

GALERIE PAUL PROUTÉ

おお、と手が止まったのはこのデューラーの版画。『ヨハネ黙示録』シリーズの一枚。「本をむさぼるヨハネ Saint Jean dévorant le Livre」の1511年版。以前、このブログでも取り上げたことがあるが、『本の虫の本』にそれらを整理して「本を食べる」という項目を執筆した。19 000€で手に入るのか……といっても買えないけど。

本の虫の本

GALERIE PAUL PROUTÉ_f0307792_16332307.jpg
GALERIE PAUL PROUTÉ_f0307792_16332078.jpg


ついでに「読む人」のデッサンを。

GALERIE PAUL PROUTÉ_f0307792_16332893.jpg
Gustave POETZSCH(1870-1950)
「モルジュにて本をよむルー」1903
(モルジュMorges はレマン湖畔の町)

POETZSCH(ポエーチ?)はスイスのヌーシャテル生まれ。一八九二年にパリに来てアカデミー・ジュリアンで学び、そして九五年に美術学校へ入学した。モロー教室でマチスらと一緒だった。九六年、ブルジョアのマリー・ルイーズ・オラーニュと結婚してからはパリを離れてドーヴィルで優雅な暮しを楽しんだという。

by sumus2013 | 2018-09-25 17:31 | 巴里アンフェール | Comments(0)

MICHAEL SEKSIK

MICHAEL SEKSIK_f0307792_19391387.jpg


MICHAEL SEKSIK ミシャエル(と発音するのでしょうか、フランス語ならミシェルですが)・セクシク書店の目録『IP』2(2012)。これは一枚モノ(およそ60×70cm)で片面がすべて図版、もう片面が文字の目録になっている。かなり凝った造りでポスターとしても使える。これは二号ということなのだろうが、住所はラセペド通(8, rue Lacépéde)になっている。この店舗は小生も二三度訪れたことがある。ドアにポスターが張り巡らされているのでよく目立っていた。

下は別の同店目録『16・18』の表紙(番号の意味がよく分らないが、2018年16号かと思う、発行年等も記載されていない)。ホームページでバックナンバーが見られる。住所はカルディナール・ルモワンヌ通に変わっている。だいたい同じ地域だが少し北へ(歩いて十分くらいか)移動した。この店は知らない。

Librairie Michael Seksik

MICHAEL SEKSIK_f0307792_20065176.jpg

ポスターや版画、書籍でもグラフィックなものが多く、漫画の原画なども出ている。注目したのは「Graphzine」(グラフジン)という分類の手作り本。要するに版画など絵を主体にした「ZINE」(ジン)である。「ZINE」とは何か『本の虫の本』では能邨さんがずばり「ZINE」という項目を執筆しておられる。

《「magazine」のZINE。もとはSFファン等の同人誌の呼称「ファンジン」の略などいろいろ定義があるようです。個人的には、八〇年代に西海岸などで若者が作った少部数の、コピーや手描きの手作り冊子の総称から来たというイメージでしたが、それもおそらくごく一部の話。ともあれ今ではひっくるめて自主制作本を「ZINE」と呼ぶことが多い気がします。》

MICHAEL SEKSIK_f0307792_20225928.jpg
MICHAEL SEKSIK_f0307792_20230312.jpg
派手な作品が多いようだが、これは参考になる。手書き八頁くらいの冊子を作ってみるのも面白いけど・・・それだとジンじゃなくてただの折って綴じた絵か。印刷しなきゃ・・・

MICHAEL SEKSIK_f0307792_20262474.jpg
欲しいなと思ったのはこちら『WOLS』。ヴォルスがパリで初めて個展をしたときのもの(ルネ・ドルーアン画廊)。これもある意味「ZINE」みたいなものだ。『ヴォルス』展カタログ(左右社、二〇一七年)によれば、この個展は一九四五年十二月である。《パリ、ヴァンドームのルネ・ドゥルーアン画廊で個展を開催。カタログとしてヴォルス自身が編集した「ちいさな黒い本」が刊行される。》(略年譜より)。12.5×10.5cmだからたしかに小さい。

以前、小生が買ったのはこちら。

WOLS


MICHAEL SEKSIK_f0307792_20533135.jpg
トポールも二点出ていた。上は一九七一年アムステルダムで開催されたグループ展のポスター。なんと点字(impression en braille)のみ! 下は初期のリトグラフ「犬たち Les Chiens」(1960)。

by sumus2013 | 2018-09-24 21:02 | 巴里アンフェール | Comments(0)

CORNETTE de SAINT CYR

CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_19430442.jpg

CORNETTE de SAINT CYR Livres, Affiches & Manuscrites』(Jeudi 5 juillet 2018)。コルネット・ド・サンシール競売場の目録。このオークションハウス(メゾン・ド・ヴァント)の創設者はモロッコ生まれのピエール・コルネット・ド・サンシール。デッサンと写真のコレクターからスタートして一九七三年に二人の息子たちと競売場を設立した。パリのアヴニュー・オシュ(6, Av. Hoche)にある。

巻頭で特集されているのは六〇年代から七〇年代にかけての反体制ポスターである。シンプルで訴える力が強いデザインになっている。

CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_19530785.jpg
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_19531030.jpg
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_19531268.jpg

だいたい150〜400€のあたりのエスティメイトだが、一点ずばぬけて高いものがあった。下図。上級新美術学校(École Nouvelle Supérieure des Beaux-Arts)のものらしい。ド・ゴールとミッテランの名前に×印、「人民の政権、ウイ」。未掲示(Non étoilée)。1 000-1 500€。
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_19585353.jpg


他に、シュルレアリスム関係でエルンスト『慈善週間または七大元素』(Jeanne Chuster, 1934)五冊。173のコラージュと9点のデッサン入。限定800部。版元箱入り。2 000-2 500€。
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_20070402.jpg


長谷川潔挿絵・本野盛一仏訳『竹取物語』(Société du livre d'Art, 1933)、1 000-1 500€。
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_20121278.jpg


個人的にひっかかったのはギー・ドゥボールの「戦争ゲーム LE JEU DE LA GUERRE」(Guy Debord et Gérard Lebovici, 1977)、1 000-1 500€。
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_20175265.jpg


目録の表紙が木目調なので、どうしてかな? と思っていたら、Alain Taral, Marc Le Bot, Bernard Dorny『木の歴史 HISTOIRE DU BOIS』(私家版、1999、限定八部)の表紙を採用していたのだった。材はニセアカシア(robinia pseudoacacia)。900-1 200€。
CORNETTE de SAINT CYR_f0307792_20261094.jpg



by sumus2013 | 2018-09-23 20:38 | 巴里アンフェール | Comments(0)

シュルレアリスムとは何か?

シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20352545.jpg

『QU'EST-CE QUE LE SURRÉALISME ?』(binoche et giquello, Vendredi 6 avril 2018)。パリのホテル・ドルオー第二室で四月六日に行われたオークション「BIBLIOTHÈQUE SURRÉALISTE, シュルレアリスト文庫」の出品目録。これはちょっとしたものだ。

目玉はアンドレ・ブルトンの書簡や原稿類だろう。ジャン=ルイ・ベドゥアン(JEAN-LOUIS BÉDOUIN, 1929-1996)の旧蔵品である。ベドゥアンは詩人、ラジオ放送に携わり、映画監督でもあった。一九四七年にフランスに帰国したブルトンに初めて会って以来、歿年までブルトンの近くにいた取り巻きの一人。ブルトンに関する資料はこれまでベドゥアン家に大切に保管されてきたものだそうだ。

表紙になっているのはブルトンの著作『シュルレアリスムとは何か?』(René Enriquez, 1934)の表紙。初版本(Edition originale)でオランド紙(かつてオランダで作られたことからその名がある高級手漉き紙)本三十部のうちの一冊、稀本(TRÉS RARE)。25 000/30 000€

以下、講釈は省いて、気になった図版を引用しておく。まずはハンス・ベルメールとポール・エリュアール『人形遊び LES JEUX DE LA POUPÉE』(1949)よりベルメールの写真。写真十五点貼込みで版画も入っている十五部本の一冊らしい。70 000/80 000€
シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20352785.jpg

シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20354150.jpg
ナジャ(Léona DELCOUR)の生写真、一九二六頃
1 000/1 500



シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20353916.jpg
上/マン・レイ生写真、署名入、一九四五頃
3 000/4 000
下/アトリエのマン・レイ生写真、一九六〇年頃
1 000/1 200



シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20353638.jpg
雑誌『MOTHER EARTH』1914, 表紙画=マン・レイ
1 000/1 500



シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20354305.jpg
上/雑誌『SURRÉALISME』第一号、1924
1 000/1 500
下/雑誌『DOCUMENTS』十一冊、1929, 1930
1 200/1 500


シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20354541.jpg
雑誌『LES QUATRE VENTS』九冊、1938-1939
1 000/1 500



シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20354796.jpg
雑誌『LE CHEVAL DE 4』第一号、1940
1 200/1 500



シュルレアリスムとは何か?_f0307792_20354976.jpg
雑誌『KWY』六冊、1960-64
1 000/1 200


雑誌を中心に表紙の気に入ったものをピックアップしてみた。ナジャの写真はナジャ(レオナ・デルクール)の遺族から出たものだそうだ。『ナジャ』の初版にこの写真が使われた。

by sumus2013 | 2018-09-22 21:35 | 巴里アンフェール | Comments(0)

フランス文学風物誌

フランス文学風物誌_f0307792_19320023.jpg

大塚幸男『フランス文学風物誌』(白水社、一九五八年八月二〇日)。奥付頁の著者略歴は以下の通り。

《一九〇九年生
 一九三三年九大卒
仏文学専攻
福岡大教授
主要著書
 「仏文学入門」「フランス文学随攷」「知性と感性」
主要訳書
 コンスタン「アドルフ」
 ロチ「死と憐れみの書」
 ボナール「友情論」
 ヴァグネル「簡素な生活」》

一九九二年歿(ウィキによる)。一九五七年の滞仏の思い出などをつづっている。巻頭口絵にはセーヌ河岸の古本屋、蚤の市の古本屋などの写真が出ている。このセーヌ河岸の古本屋はよく知られた絵葉書の一枚。左下の写真は《シャ-キ-ペーシュ街(パリで最も狭く、小さな町の一つ)》とあるが、この通りはサン・ミッシェル橋の南詰すぐにあって、たしかに狭くて短い。

フランス文学風物誌_f0307792_19320385.jpg

古本屋についてかなりのページが割かれている。河岸の古本屋についてもいろいろ観察があるが、今は省略。セギという古書店について書かれた部分を抜き書きしておく。

《国立劇場サル・リュクサンブールの裏手、リュクサンブール公園のメディシスの泉のはす向かい、プラタナスの並木がいつも蔭を落としているメディシス町の一番地に、セギという本屋がある。この本屋こそはパリに遊んた日本人の忘れることのできない本屋であろう。それほど主人は日本人びいきで、数々の日本の学者に親しい本屋なのである。
 主人のマルセル・セギさんは一八八七年三月、ヴェルダンに生まれた。ことし七十歳である。父はイスパニア系のフランス領カタロニア人、母もロレーヌ人。》

《初めて日本人を知ったのは、今から三十一年前である。その日本人というのは台湾[二文字傍点]大学の矢野教授といった。峰人博士のことであろう。矢野教授はフランス語が話せないので、フランス語で筆談をした。そしてロマン派の本をしきりに買った、といってセギさんはいかにもなつかしげであった。》

《セギ老は三十一年来の日本人の客の名刺を小さな箱に入れて保存している。一日、私は特に乞うてそられの名刺を見せてもらった。次のような人々の名が見えた。ーー目黒三郎、須川弥作、成瀬正一、渡辺一夫、岩田豊雄、永田清、太宰施門、井汲清治、林原耕三、小島亮一、桶谷繁雄、岡田真吉、宮本正清、吉川逸治、等々。》

《三十年以上も前からの異国の客の名刺を大切に保存している本屋さんはそうざらにあるものではない。書物の都、パリの本屋気質の手がたさがうかがえるではないか。いいおくれたが、セギは新本屋を兼ねた古本屋で、頼めば大ていどんな古本でも、どこからか探して来てくれる。》

セギは現存しないと思われるが、これ以外の回想記がないものだろうか。他にジョセフ・ジベールとジベール・ジューヌ、そしてニゼルについても書かれている。ジョセフ・ジベールは《新本は少ないが、古本は圧倒的に多く》とあって現在と全く違った店作りだったことが分る。

《すべての本のカードが出来ていて、われわれがある本を抜いて店員にさし出すと、店員は係りのところへ行く。すると係りは一々カードを抜き出して、そのカードと照合してから、売ることである。

《第二に感心するのは、あらゆる大きさの包装紙を用意していて、本の判型にしたがって、ぴったり合う包装紙でカバーしてくれることである。そしてその包装紙も実に強靭なものを使っている。》

こういうことが目新しい時代だった。

フランス文学風物誌_f0307792_19320765.jpg
もう一枚、口絵写真で目にとまったのがこちら、「Collection QUE SAIS-JE?」(クセジュ文庫)と書かれた小型車が駐車するプレス・ユニヴェルシテール・ド・フランス(les Presses universitaires de France)社の建物。一九二一年に大学教授の団体によって設立された出版社。PUF。日本では白水社がクセジュ文庫として翻訳発行している。本国では経営が行き詰まり、二〇一四年に Scor という保険会社が資金投入して再出発したようだ。

Puf Que sais-je ?

by sumus2013 | 2018-09-17 20:47 | 巴里アンフェール | Comments(0)

パリの並木路をゆく

パリの並木路をゆく_f0307792_19262832.jpg

高橋豊子『パリの並木路をゆく』(學風書院、昭和二八年二月二五日)を頂戴した。深謝です。著者は女優(明治三十六年生まれ、高橋とよ、高橋豊)、戦前は新築地劇団などで、戦後は松竹の名脇役として活躍、小津安二郎作品の常連だった。

東京物語(1953)

高橋豊子がパリに着いたのは一九五二年十月(と文中にある)、翌春頃まで、途中旅行をはさんで、滞在していたようだから、この本は滞在中に発行された、ということになる。当時パリに暮らしていた人物模様に興味は尽きない。佐野繁次郎、植村鷹千代、関口俊吾、中原淳一、岡本クロード・トヨ、藤田嗣治夫妻、黛敏郎、高峰秀子、高英男、アベ・チエ、マダム・アサダ等。カバー写真は高橋とフランソワーズ・ロゼエ(女優、「外人部隊」などに出演)。

なかでは佐野繁次郎が登場しているのが貴重。マダム・アサダの告別式で佐野に会う。

《「やあ、今日は・……築地小劇場時代に僕の舞台装置で高橋さん出たことあつたね。あゝあの時分の訳者はうまかつたよ。友田はいゝ訳者だつた。秋ちやん(田村秋子)はどうしてるかね。丸山は味のある訳者だつた。あゝ、築地で苦労した者はパリへ来ても大丈夫だよ。何しろ十銭の弁当で暮したんだからナ」と一息に話しかけられたのを見ると、佐野繁次郎氏でした。氏はギリシヤ劇よろしくの身振りで、マダム・アサダの霊に一礼すると、何ともつかないてれたような笑いを浮かべながらさつさと帰つて行きました。》

この後もう一度、ラファイエット(デパート)で出会ってコーヒーを一緒に飲んでいるが、高橋の筆つきが活き活きしており、佐野のせっかちな様子が目に見えるようである。マダム・アサダというのがまた不思議な女性。パリで多くの日本人を世話して「おすまさん」と親しまれたそうだ。

《マダム・アサダは屋根裏に住んでいて、階下の台所を借りて一食五十フランで、日本人に食事を提供したり、時には家政婦に行つたり、洗濯や継ぎ物などの世話をして暮していたので死後皆なで彼女の部屋を探しても何も出てこなかつたそうですが、唯、大阪船場のさる良家に嫁いで息子が一人あること、一九四九年にパリに来たがその目的は何であるか判らない、英語フランス語も達者で相当教養のある婦人だつたこと、旅行も外出も余りしないで殆んど家にばかり居て編物や縫物をして暮していたことなどを人々は語りあつていました。》

本文の紹介はこれだけにして、挟んであった八頁の栞『學風』第十号(一九五三年三月)から、社主である高嶋雄三郎の「小出版社のあけくれ」を少し引用しておく(旧漢字は改めた)。

高嶋は府立五中出身。一年先輩に村上浪六の息子村上信彦がおり、同じ雑誌部員だった。村上信彦には『出版屋庄平の悲劇』(西荻書店、一九五〇年)がある。創業以来三年《道なき道を血みどろになつて茨をかきわけて進んでいる》。日頃の指導を創元社・小林茂に仰いでいる。

《私が今非常に楽しみにしている会がある。それは元中央公論社の飯をくつたもので、今日一社を経営している者だけが毎月十七日に集つて一夕歓談することになつている通称十七日会のことである。集る面々は、会長格の牧野武夫氏(乾元社長)藤田親昌氏(文化評論社長)小森田一記氏(経済新潮社長)野口七之輔氏(再建社長)出口一雄氏(東京都出版物小売業組合理事・第一書店社長)と私。最近仕入捨三氏も加わられた。昨年七月野口さんの肝入りで第一回を乾元社で開いた時は、共に一社を経営する苦労を負うた者同志[ママ]、話は深刻にいつ果てるとも知らず、階上に御病臥中の牧野夫人をおいて遂に夜を徹して語り合い遂に朝帰りとなつてしまつた。》

《この間終始この会合に絶大な魅力となつているのは何といつても牧野さんの永い間に亘る出版界についての体験談である。乾元社は知る人ぞ知る理想出版を行つて居る得難い出版社である。富貴も淫する能わずといつた気魄は牧野さんの眉宇にあふれている。牧野さんの不撓不屈な面魂がわが出版界の堕落を辛じてさゝえているかのように実に頼しく、たまにお会いするだけに何だか死んだ親父に会うような懐しさすら感じられるのである。》

牧野武夫(明治二十九1896〜昭和四十1965)は以下のような出版人。

《出生地奈良県田原本町/学歴〔年〕奈良師範卒/経歴婦人新聞、改造社に勤めたが、嶋中雄作に請われて中央公論社に転社。出版部を創設し、E・M・レマルクの「西部戦線異状なし」を刊行、書籍出版の基礎を築いた。昭和14年退社、牧野書店を創立、戦時統合で乾元社と改称。戦後両社を再興し、「南方熊楠全集」などを刊行した。ラジオ技術社専務、電通顧問。著書に「雲か山か―雑誌出版うらばなし」などがある。》(コトバンク)

肝心の高嶋雄三郎についてはよく分らない。一九六〇年代までは活溌に出版を続けていたようだが……。

by sumus2013 | 2018-06-22 20:43 | 巴里アンフェール | Comments(0)