林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
小説を読む深い喜びを感じ..
by sumus2013 at 07:54
雑事に紛れて気がつきませ..
by 高遠弘美 at 20:59
かもしれませんね。これら..
by sumus2013 at 20:36
声をおかけしたとき洋書を..
by 神保町のオタ at 09:38
驚くべし! ゴキタン隊!..
by sumus2013 at 07:28
林様「何も存じ上げない」..
by 旧雨滴瀝 at 22:47
メールでお返事しました。..
by sumus2013 at 20:06
さすが漢文通、見事な自己..
by sumus2013 at 14:35
みなさんの自己紹介がふる..
by 中嶋康博 at 12:51
カギコメ様 詳しくはメー..
by sumus2013 at 19:45
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:おととこゑ( 41 )

LITTLE GIRL BLUE

f0307792_19531542.jpg

ニーナ・シモン「LITTLE GIRL BLUE」(Bethlehem Music Company, 1992)をうっとりと聴いている。ニーナ・シモンのデビューアルバム(一九五八年)。一九三三年生まれなので二十五歳のときだが、そうとは思えない、老成した歌唱、演奏に味わい深いものがある。

おや、と思ったのは「Plain Gold Ring」(作曲はGeorge Stone, aka Earl Burroughs)。美空ひばりの「リンゴ追分」(米山正夫作曲、一九五二年発売)にムードがそっくり。









ただし、一九五二年盤の「リンゴ追分」はもっと明るい感じでニーナ・シモンの雰囲気はない。

[PR]
by sumus2013 | 2018-10-12 20:27 | おととこゑ | Comments(0)

HEROIN

f0307792_19222921.jpg

THE VELVET UNDERGROUND「HEROIN」をヨゾラ舎にて入手。ジャケ買い。いわゆるブートレグ(bootleg)盤である。海賊盤は大きく三種類に分けられるそうで「ブートレグ」とは

《アーティストの未発表音源やライブ音源(「個人の内密な録音」か「権利者側の正式録音物の無断流用」かは問わない)などを権利者側の未承諾のまま違法にプレス(製作)した物。古い放送用音源や、日本では放送されなかった海外でのTVやラジオ音源の無断製品化も含む。》(ウィキ「ブートレグ」)

とのこと。で、この12インチEP盤は、一九九〇年六月に予告なくパリで行われた再結成ヴェルヴェット・アンダーグラウンドによる「ヘロイン」のライヴを収録したもの。トータル9分42秒、裏表とも同じ録音。


Heroin, Live in Paris



もうひとつ、
f0307792_19222749.jpg

少し前にこんなCDを頂戴した。「The Best & Greatest Hits」シリーズ。発売は ARC Co.,Ltd となっており、プレスは韓国だそうだ。定価五百円の表示があるが、店舗用のシールには税抜き299円となっている!

ボブ・ディランとザ・ベンチャーズ、どっちも永遠のサウンドだ。ベンチャーズは高校一年のころにベスト盤のアルバムを借りて聴いてからすっかりファンになった。今でもときどき無性に聴きたくなる(これとは別のベスト盤CDは持ってます)。

既存の曲のアンソロジーというかコンピレーション(編集)盤になるが、もしこれらが海賊盤だとしたら、こういうものは「パイレート盤」と呼ばれるらしい。


[PR]
by sumus2013 | 2018-09-18 19:58 | おととこゑ | Comments(0)

聖なる館

f0307792_20224436.jpg

先月の京都レコード祭りにて。レッド・ツェッペリン「聖なる館(Houses of the Holy)」(Atlantic Records, 1973)。ジャケ買いです。危ないデザイン。アメリカでは検閲でストップをかけられ、オビでお尻を隠すことでなんとか収まった、とのこと。

このカヴァー・アートは北アイルランドの北岸にあるジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway)という奇岩で有名な場所で撮影された写真をコラージュしたものだとか。ピンクフロイドらのアルバムを手がけていたデザイン・グループ「ヒプノーシス(Hipgnosis)」のオーブリ・パウエルによって制作された。アーサー・C・クラーク『幼年期の終り Childhood's End』の結末によってインスパイアされたのだそうだ。

モデルはステファンとサマンサ・ゲイツという姉弟ら(サマンサは沢渡朔の写真集『少女アリス』のモデルにもなっている!)。悪天のため思うような写真が撮れずに撮影は十日間以上も続いた。二人の子供の写真はモノクロで撮影され、十一人としてコラージュされる際に彩色された。インナー・スリーブの写真はコーズウェイ近くの中世の城(Dunluce Castle)で撮影された。

じつはこのジャケットは第二作で、第一作は同じくヒプノーシスのソーガスン(Storm Thorgerson)によって制作された。それはテニスコートにラケットが置いてあるという図柄だった。ソーガスンはこのアルバムはラケットのような音がするからだと主張したようだが、バンドは彼をクビにしたので、代りにパウエルが担当することになった。

と以上は英文のウィキ「Houses of the Holy」および日本文のウィキ「聖なる館」を適当に参照してアレンジした。ジミー・ペイジは気に入っていなかったようだが、カヴァー・アートとしては目に焼き付く仕上がりではある。

レッド・ツェッペリン/コンプリート・スタジオ・レコーディングス

[PR]
by sumus2013 | 2018-08-14 20:42 | おととこゑ | Comments(4)

ビートルズの日

f0307792_20321571.jpg

六月二九日はビートルズの日らしい。一九六六年六月二九日に来日したことにちなむ。EMIミュージック・ジャパンが決めたそうだ。むろん日本だけ。

イギリスのビートルズファンクラブのサイトによれば、リバプールとハンブルグでは七月一〇日がビートルズの日(Beatles Day)とされている。一九六四年七月一〇日に映画「A Hard Day's Night」のプレミアのためにリバプールに四人が戻って来た日だとのこと。


一九六六年六月の前後、ビートルズはどういう状態だったか、ざっと拾っておく。

前年十月に女王エリザベス二世よりMBE(Member of the Order of the British Empire)を授けられている。十二月にシングル「We Can Work It Out/Day Tripper」発売。ひきつづき英国ツアー。明けて六六年一月にジョージ・ハリソンはパティ・ボイドと結婚。三月、ジョンが雑誌のインタビューでビートルズは「キリストより人気がある more popular than Jesus」と発言して物議をかもす。四月〜六月は「Revolver」のレコーディング。六月一〇日にシングル「Paperback Wrighter/Rain」がリリースされる。六月二四日〜七月四日、ドイツ〜日本ツアー。八月には最後のアメリカ・ツアー。八月五日、シングル「Eleanor Rigby/Yellow Submarine」とアルバム「Revolver」同日発売。十一月九日、ジョンはロンドンのインディカ画廊(Indica Gallery)でオノ・ヨーコに出会う。十一月から翌年四月にかけて「Srg. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のレコーディング。

(Kenneth Womack『The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four』ABC-CLIO, 2016、の年表による)

人気絶頂というか、ジョンがヨーコに出会って、終りの始まり、が感じられる時期だった。

以前はビートルズのCDは廉価版で揃えていたが、目下見当たるのは上の二点のみ。シングル盤「LET IT BE」は高校時代に求めたもので、当時は、毎朝、学校へ出かける前に聞いていた。

CDの方は「LET IT BE… NAKED」(EMI RECORDS LTD, 2003)。フィル・スペクターによって編集されたアルバム「LET IT BE」(1970)が気に入らないポールが主導、リミックスしてリリースされたもの。セッション中の会話も録音されたボーナス・ディスク付き。映画のシーンが印象的な「ゲット・バック」はときどき無性に聞きたくなる。







[PR]
by sumus2013 | 2018-06-29 21:44 | おととこゑ | Comments(4)

HIGHWAY

f0307792_19575961.jpg

6月9日は「ロックの日」ということでフリー(FREE)の「HIGHWAY ハイウェイ」(Universal Island Records Ltd., 2002)を取り上げてみた。ツェッペリンにつづいて、繰り返し聞いている一枚。

フリーは一九六八年四月にロンドンで結成された。ポール・コゾフ(ギター、1950-76)、サイモン・カーク(ドラムス、1949-)、ポール・ロジャース(ヴォーカル、1949-)、アンディ・フレイザー(ベース、1952-)。アルバム「Tons Of Sobs」「Free」(いずれも一九六九)、そして三枚目「Fire And Water」(一九七〇)に収められたシングル曲「All Right Now」が英米でヒットチャートに入って人気バンドとなった。それにつづく四枚目が「HIGHWAY」だ。

《大ヒットした「All Right Now」のリリースからわずか3ヶ月後の1970年9月に、彼等はベイジング・ストリートにあるアイランドのスタジオに戻っている。「たぶん『Highway』が一番楽に録音できたアルバムだよ」とフレイザーは語る。「僕たちは間違いなく絶好調だった」。》(フィル・サトクリフ、若月眞人訳)

ところがちょっとした事件が起った。ジミ・ヘンドリックスの死亡(1970年9月18日)が伝えられたのである。

《報せを受けるや、彼[コゾフ]は無二の親友だったカークに電話をかけている。「彼は今にも泣き出しそうだった」。ドラマーは回想する。「あれ以来、コス(コゾフの愛称)はもぬけの殻になった。僕は今でもそう思ってるよ。彼の中で何らかの変化があったのが判ったんだ。ジミとコスの心は通じ合っていた。少なくともコスにとって、ふたりはそんな関係だった。ジミと一緒に演奏したいとさえ考えていたんだからね。彼にはえらく堪えたんだ。食事を取ろうともしなかった。そして酷い状態になっていったのさ」。
 葬儀のためのシアトル行きを諦めて、英国でアルバムを完成させるよう、カークはコゾフを説得しなくてはならなかった。結局コゾフはこれに応じ、参列に加わる替わりに花を送った》(同前)

こうしたことはあったが、レコーディングは順調に進んで、先行シングル「The Stealer」が十月にリリースされ、十二月にアルバム「Highway」が発売になった。ところが「All Right Now」のヒットでフリーの人気は最高潮だったはず、にもかかわらず、販売はまったく不振だった。

ジャケット・カバーには「HIGHWAY」とだけしか印刷されていない(このため人気絶頂のフリーのアルバムだと気付かない批評家もいたとか)。それと同じで曲調も全体に地味な印象だ。一度目に聞いたときは「で?」という感じだった。二度目、おや、けっこういいかも。三度目、いや、かなりいいぞ、これは。そして今では愛聴盤と言ってもいいくらい。






なお1月8日ももうひとつの「ロックの日」だそうだ。1935年にエルヴィス・プレスリーが、1947年にデビッド・ボウイが生まれた日、だからという理由らしいが、さて・・・。

[PR]
by sumus2013 | 2018-06-09 20:58 | おととこゑ | Comments(2)

レッド・ツェッペリン

f0307792_20493604.jpg
f0307792_20493944.jpg

新潟から戻って以来、ずっと聞き返していている「レッド・ツェッペリン/コンプリート・スタジオ・レコーディングス」(WEA International Inc. 1993)。北陸自動車道、金沢を出て、福井を通り、ずんずんと南下して米原を過ぎた頃、FMラジオをオンにすると(FM COCOLO にチューニングしっぱなしだったので北陸道では聞こえなくなっていた)、たまたま、流れてきたのが、ホラホラララヴ・・・「胸いっぱいの愛を WHOLE LOTTA LOVE」。これが良かった、何だかグッときた。

このボックスは「LED ZEPPELIN」(1969)から「CODA」(1982)までの十枚入り。最近に入手したもの。それまで、これだけまとめてツェッペリンを聞いたことがなかったので、その凄さにちょっと驚いた(U2かと思うような曲もある)。

f0307792_20494184.jpg

若い頃(二十代)ある友人から「LED ZEPPELIN II」(1969)のアルバムを預かった(この経緯は複雑なのでここでは略す)。ツェッペリンのなかでも最高のアルバム。預かったまま、今も持っている。その友人は若くして亡くなった。当時、聞いてみたのだが、かなりショッキングな音作りで、印象は強烈だったものの、ちょっとついていけないなあという思いの方が強かった。だからツェッペリンについては「II」のイメージで理解していたのだ。

今、びっくりしたのだが、「LED ZEPPELIN」が一九六九年一月のリリース、「II」が十月である。バンド結成が一九六八年だから、グループとしては、結成の時点ですでにほぼ完成していた。イギリスでレコーディングし、大学ツアーを行った後、ピーター・グラントから声をかけられ、同年クリスマス・イヴにサンフランシスコへ到着、アンダーグラウンド・シーンで急速に名前を知られるようになった。そしてニューヨークへ。

《ニューヨークに着くと、ツェッペリンは既にヘッドライナーになっていた。ファースト・アルバムはトップ10入りを果たし、そのまま1年以上もチャートに留まった。1969年だけで、3度に及ぶ全米ツアーが行われた。
 「レッド・ツェッペリンII」の曲作りとレコーディングは、そのほとんどがツアー中に行われた。彼らの苛酷なツアー・スケジュールからして、決して容易なことではなかったはずだ。前作よりもバンドの個性が浮き彫りになり ー メンバー同士がより親しくなっていったことも一因だろう ー ロバートのヴォーカルにも磨きがかかっていた。アルバムからのファースト・シングル「胸いっぱいの愛を」は爆発的な売れ行きを見せ、彼らにとって初の大ヒットとなった。》(キャメロン・クロウ、大屋尚子訳)

「II」から「III」そして四枚目の「〓〓〓〓」(絵文字で記されており、それがタイトルと見なされるが、仮に「IV」と呼ばれている)へとつづく流れは、ひとつの必然のように思えるくらい、よどみのないものだ。

その後はゆるやかな解体へ向う。歌唱も演奏も並みはずれてはいるのだが、いずれのアルバムでも曲がピンとこない。熱狂から冷却へ、ひとつのサイクルが閉じる感じである。


[PR]
by sumus2013 | 2018-05-07 20:53 | おととこゑ | Comments(4)

ふくしま人 伊藤久男

f0307792_16593018.jpg

あがた森魚「赤色エレジー」(ベルウッドレコード、一九七二年、COVER ART=林静一)。この歌を初めて聞いたとき(高校生の頃だった)、昔の曲のカヴァーだな、と思った記憶がある。

《愛は愛とて何になる
 男一郎 まこととて

異色のフォークシンガー、あがた森魚(もりお)の代表作〈赤色エレジー〉である。この歌の作曲者が、なんと八洲秀章になっているのだ。》

《この歌は最初、あがた森魚作詞作曲としてレコーディングされた。後年、メロディーが〈あざみの歌〉に酷似しているとの指摘を受け八洲秀章作曲と変更されたらしい。》

と、これは先日、恵投いただいた菅野俊之氏の「ふくしま人 歌手 伊藤久男」(福島民報、二〇一八年二月一七日〜三月一七日)の連載記事、第一回からの引用である。〈あざみの歌〉、最初は作曲者である北海道出身の八洲(やしま)秀章自身の歌唱によってNHKの「ラジオ歌謡」で放送された。そして伊藤久男のリリックな歌唱で、一九五一年(昭和二十六)年夏、リリースされる。ちょっと聴き較べていただきたい。



菅野氏はこう述べておられる。

《確かに前半の旋律はよく似ているが、全体としてはまったく別な曲と言ってもよいのではないかという気がするけれど、いかがなものか。
 いずれにしても「♪くれない燃ゆる」〈あざみの歌〉は、意外なことに〈赤色エレジー〉として装いを変え、転生しているのである。》

伊藤久男の略歴を菅野氏の記事からかいつまんで紹介しておこう。

明治四十三年七月七日、福島県安達郡本宮町(現本宮市)に生まれる。本名、四三男(しさお)。伊藤家は大地主で裕福な家庭だった。小学校の頃からピアノを習い、独唱が得意だった。旧制安達中を一年で中退し岩瀬農学校へ。東京農業大に進学するも、音楽家への夢を捨て切れず、実家に無断で帝国音楽学校へ転じた。

昭和七年、コロムビアのオーディションに合格。翌年、プロ歌手としてデビュー。伊藤久男の芸名を使う。昭和十五年、「曉に祈る」がヒット。敗戦によって一時酒に溺れる日々を過ごすが、再起し、昭和二十五年に「イヨマンテの夜」が大ヒット。昭和二十八年、映画「君の名は」の主題歌「君愛しき人よ」がヒット。作曲は福島市出身の古関裕而。昭和三十八年、コロムビア入社三十年を記念するリサイタルが本宮高校体育館で開催され故郷に錦を飾る。昭和五十八年四月二十五日死去。

《二〇一〇(平成二十二)年秋、本宮市において「伊藤久男生誕一〇〇年記念事業」が市を挙げて開催された。久男の遺品や写真などの展示会、記念講演会、カラオケ大会など多彩な内容であった。そのときに刊行された記念誌「その歌声は時代を越えて」はとても充実した内容で、彼に関する基本的な研究文献となっている。
 昭和歌謡史に大きな足跡を残した伊藤久男の数々の名曲と歌声は今もなお、多くの人々の胸にあざみの花のように咲き、香り続けているのである。》

f0307792_16593385.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2018-03-28 17:41 | おととこゑ | Comments(0)

LOVE YOU LIVE

f0307792_17560099.jpg
f0307792_17561019.jpg
f0307792_17561391.jpg

ザ・ローリング・ストーンズのダブル・アルバム「Love You Live」(東芝EMI, 1977)。アートワークはアンデ・ウォーホル。さすが。傷んでいるから安かったが、ほんとに純粋なジャケ買いです。

《『ラヴ・ユー・ライヴ』(Love You Live 旧邦題:感激! 偉大なるライヴ)は、ローリング・ストーンズのライヴ・アルバム。1975年夏の北米ツアー、1976年のヨーロッパ・ツアー、1977年のトロント公演が収録された。本作はストーンズ2作目、アメリカでのみリリースされた『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』を加えると、3作目の公式ライヴ・アルバムである。》(ウィキ)


f0307792_18014135.jpg
聞く方はCD、このところこの三枚組でまさにストーンズ三昧。「ザ・ローリング・ストーンズ/シングル・コレクション(ロンドン・イヤーズ)」(POLYDOR, 1995)。

英デッカ時代のシングル五十六曲にボーナス二曲の計五十八曲入。一九六三年から六九年あたりまでの録音ばかり。三枚あるうちの二枚目中頃まではどの曲もノリのノッている。途中から徐々に曲調も変わり、むろん時代も変わっていたのだろうが、ほとんど別のグループのようになっていく過程が手に取るように分る。

前から気になっていたのが「サティスファクション」のサビの歌詞。

I can't get no satisfaction

このCDに附属している冊子の和訳歌詞では「頭に来たぜ 不満だぜ」(すごい訳ですね)。not、no の二重否定なのに「満足だ」にならないところが、疑問だった。もちろん歌唱を聞いていれば、どうみても不満バクハツだということは伝わってくるから、二重否定ではないのだろうと察することはできるのだが。ふつうなら「I can't get any satisfaction」だろう。検索してみると「Luke's スラング辞典」に次のように説明されていた。


本当に満足できないときには満足するってか……。



[PR]
by sumus2013 | 2018-03-04 20:09 | おととこゑ | Comments(0)

ガンバレたこ焼きタイガース

f0307792_19041299.jpg

西川のりお「ガンバレたこ焼きタイガース/北国へ」(Casablanca redord and filmwork, ポリスター、1982)。岡崎氏が先日《昭和歌謡」の次回用に「大阪」ものシングル盤を探す》と書いていたのを見て、思い出した一枚。ヨゾラ舎にて。

ご覧の通りイラストは永島慎二。そしてプロデューサーが美樹克彦(「花はおそかった」の!)ではないですか。

[PR]
by sumus2013 | 2018-02-17 19:14 | おととこゑ | Comments(0)

Flying letters

f0307792_17463238.jpg

古本屋の均一棚に見慣れない本が何冊か出ていた。洒落たデザインなので買っておくことにした。

上の写真、右下、前田ジョン(John Maeda)『Flying letters』(翻訳=上田光永、デジタローグ、一九九六年二月二一日)。フロッピー・ディスク付き。本文は折帖になっている。

f0307792_17464310.jpg
f0307792_17465209.jpg

そして左も同じく前田ジョン(John Maeda)『TAP, TYPE, WRITE』(翻訳=大野一生、デジタローグ、一九九八年二月二一日)。REACTIVE BOOK SERIES #4。リアクティヴ・ブックスについてはYouTubeに紹介ヴィデオが出ている。デジタル・アーティスト・ブックとでも言うべきもののようだ。

f0307792_17472369.jpg


f0307792_17472668.jpg


f0307792_17472863.jpg


f0307792_17473168.jpg





John Maeda, Flying Letters interactive software; designed 1996



f0307792_17471881.jpg
いちばん上のもう一冊、というかCD-ROMが一枚はいっているだけの函である、は『Laboratory 001: 08/97: Greenfield and Rollestone: Urban Feedback』(Apple Computer, Inc. 1997)。コンピュータを使って音や映像をアッサンブラージュした一九九〇年代の実験映像。












こんなものまで古本屋に転がっている時代になったか。それもそうだ、二十年以上前のことなんだからねえ。あるいは、まだ二十年しか経っていないのかな・・・とにかく、まだ、この時代には、デジタルデータを本の形にしようという発想だったことは、これらの遺物が証明している。

[PR]
by sumus2013 | 2018-02-16 19:58 | おととこゑ | Comments(0)