人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
閑でした。コピペしたので..
by sumus2013 at 19:48
『正岡子規と美術』図録は..
by epokhe at 18:45
有難うございます! 蔵澤..
by sumus2013 at 08:06
すっかりご無沙汰しており..
by epokhe at 00:39
どなたかご存知の方がいら..
by sumus2013 at 07:58
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:おととこゑ( 49 )

ヘレンとギル

f0307792_16554529.jpg


名盤中の名盤だろうが、このところ繰り返し聴いている。

《1954年12月22日から24日にかけて、初のリーダー・アルバム『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』を録音。1956年に早世するトランペット奏者のクリフォード・ブラウンが全面参加し、クインシー・ジョーンズが編曲を担当。同作収録の「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」(作詞・作曲はコール・ポーター)は、メリルの代表的なレパートリーとなった。》

クインシー・ジョーンズ(当時二十一)にとっても記念すべき一枚で編曲に精を出すことを決めた時期の仕事だそうだ。

もう一人、友人が勧めてくれたギル・スコット・ヘロン(1949-2011)、なかなかいいね。『ギル・スコット=ヘロン自伝』(スペース・シャワー・ネットワーク、二〇一三年)が出ているが、まずは詩集など読んでみたい(目下オリジナルで読むしかないみたいだが)。

ギル・スコット・ヘロン


f0307792_17283372.jpg
Small Talk at 125th and Lenox: A Collection of Black Poems
Scott-Heron, Gil
Published by The World Publishing Company,
New York and Cleveland, 1970


f0307792_17283605.jpg
The Vulture
Scott-Heron, Gil
Published by The World Publishing Company,
New York & Cleveland (1970)










by sumus2013 | 2019-10-02 17:24 | おととこゑ | Comments(2)

全然大丈夫

f0307792_15553741.jpg

高橋輝次さんが「これ、面白いですよ。ほ、ほ、ほ」と言いながら貸してくれたDVD。藤田容介監督「全然大丈夫」(東北新社、2008)。荒川良良(あらかわよしよし)の初主演作だとか。

荒川良良の実家が古本屋という設定である。父親で店主は蟹江敬三が演じる。その父はなぜか無気力で、まったく商売に身が入らず、ふらりと旅に出てしまう。その後を息子や息子の親友(岡田義満)が紹介した女性(木村佳乃)が帳場に座る。常連にきたろう。この古本屋、実在するのだろうか。だとすればがどこなのか、気になるところ。東京かまたはその近辺だろうが、店内だけで店頭は登場しない。

高円寺の青木書店さんだとご教示いただいた。

「ふらり、お店探訪」第2回 青木書店

お話は、まあ、ラブコメディ。生きるのに不器用な人々が、それでもそれなりにたんたんと生きていく感じ。古本屋が舞台というほどではないが、重要な「場所」には違いない。ただ、古本屋がのんきな商売のように描かれているのは、少々、心外ではあった。

話変わって、先日、某古書店の階段のところで安い本を漁っていたら、男女の二人組が二階に上がって行った。どう見ても古本に興味がありそうもない様子。何かの営業かなと思いつつ、その後を追って(というわけではありません、たまには二階でも何か買おうと思って)二階の美術展図録の棚の前で物色していると、男女二人は店主に交渉を始めた。交渉というよりも、内容の説明である。 

昔、ある事件で死んだはずの男が、別の事件の発生によって、古書店主として名前を変えて生活していることが分かる・・・といったような筋です[え?]。その古書店のシーンをこちらで撮影させていただきたい[なるほど、そういうことか]。いかがでしょうか。ええ、いいですよ、昔はその番組よく見ていたんですよ。東映は高倉健の時代からファンです[京都が舞台のドラマ。制作は東映]。階段のところなんか、いい感じですね。撮影は半日くらいです。短くて三時間ほど。日程は改めてお知らせしますが、それまでにスタッフが下見にくると思いますのでよろしくお願いします。

というようなやりとりがあった。ふ〜む。

by sumus2013 | 2019-10-01 16:39 | おととこゑ | Comments(0)

ラバー・ソウル

f0307792_16405432.jpg


ビートルズ6枚目のアルバム「ラバー・ソウル RUBBER SOUL」(Parlophone, 1965)の日本盤(東芝EMI、発行年不詳、日本初版は1966)。上の赤いのは拙作「クーシュ」。

9月28日に高橋輝次さんと『タイトル読本』(左右社)についてトークイヴェントを行うため、多少なりともネタを仕込んでおこうと、あれこれ考えている。ひとつは、翻訳のタイトル(本に限らず)には誤訳の多いことを少しだけ喋ろうと思って、まず浮かんだのが、村上春樹の『ノルウェイの森』。ただしこれは誤訳ではない(だって日本語の本だものね)。その元になったビートルズの「ノルウェーの森」が大誤訳なのである。それを村上春樹はそのまま(「ー」と「イ」の違いがありますが、66年版は確認できてません。一九六〇年代に日本で発売されたコンパクト盤(四曲入り)「ペーパーバック・ライター」に収録されたタイトルは「ノルウェーの森」です)小説のタイトルに使っている。

どう誤訳なのかはトークのときに(検索すればすぐ答えは出ますが)。その「ノルウェーの森」が収められているのがこの「RUBBER SOUL」である。ところが、上の写真の盤に付いている歌詞カードのタイトルは「ノーウェジアン・ウッド」(訳詞:高橋淳一)で「ノルウェーの森」ではない。さすがに「ノルウェーの森」はまずいでしょ、と誰かが気づいた(?)。

I once had a girl
Or should I say she once had me
She showed me her room
Isn't it good Norwegian wood

あの娘は俺のもんだった
いやそれとも俺はあの娘のもんだった
部屋に案内してくれてさ
ノルウェー・スタイルの愛の巣さ

[中略]

And when I awoke I was alone
This bird has flown
So I lit a fire
Isn't it good Norwegian wood

目があいてみりゃ一人ぼっち
あの娘は消えちまってた
煙草をふかして俺一人
ノルウェー・スタイルの愛の朝

ノルウェー・スタイルの愛の巣》は苦心の訳である。拍手。ただ、出だしの二行は解釈が間違っているのでは? この歌詞はナンパがテーマなんだから「I had」は《俺のもんだった》じゃなくて、おれがひっかけた、そして、いや、彼女がおれをひっかけたのかな、と続くのが自然だろう(だって彼女の部屋にいるんだからね。「ひっかけた」というのも少々古臭いかもしれません、「お持ち帰りした」ですか、昨今なら?)。

それにしても「ラバー・ソウル」というアルバム・タイトルそのものもシャレが効いている。「ゴムの魂」って? rubber sole、lover soul がクロスしているのか(イギリス英語はrとl、bとvをそんなに極端に区別しないように思います)。他にも含んだ意味があるのかもしれない。とにかく翻訳というのは容易でないというひとつの例である。

by sumus2013 | 2019-09-17 20:31 | おととこゑ | Comments(0)

CASSANDRA WILSON

f0307792_22004902.jpg


このところ繰り返し聴いているのは、CASSANDRA WILSON「Belly of the Sun」(Capitol Records, 2002)。グラミーの最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞を二回度受賞という、まあ、大御所。小生と同い年・・・。ジャズ、ブルースはもちろんボサ、レゲエ、カントリーまで多彩にして独特の歌いっぷりで自分の世界を作り上げている。

甲乙つけがたい出来だが、ボブ・ディランの「SHELTER FROM STORM」は、おやっと思わせられる。彼女が作曲した「DRUNK AS COOTER BROWN」が気持ちのいい曲で印象に残った。

by sumus2013 | 2019-07-04 22:13 | おととこゑ | Comments(0)

ずぶぬれて犬ころ

f0307792_19460766.jpg

もうひとつ映画の話題。帰郷中にローカル放送を見ていると(香川県では岡山県の放送も見られる)、岡山の若くして亡くなった俳人を取り上げた映画「ずぶぬれて犬ころ」の紹介をしていた。住宅顕信。聞いたことのない名前だった・・・映画のタイトルからすれば尾崎放哉か、と思ったら、やはり『層雲』に所属していたようだ。

《住宅顕信(すみたく けんしん、1961年3月21日 - 1987年2月7日)は、日本の俳人。本名・住宅春美(すみたく はるみ)。

1984年2月、急性骨髄性白血病を発病し岡山市民病院に入院。6月、長男誕生。不治の病の夫に対して妻の実家の希望により離婚。長男は顕信が引き取り、病室にて育てる。10月、自由律俳句雑誌「層雲」の誌友となり、層雲社事務室の池田実吉に師事。この頃より自由律俳句に傾倒し、句作に励むようになる。特に尾崎放哉に心酔。

1985年に句集『試作帳』を自費出版。「層雲」に権威主義的な疑念を感じ、「層雲」の元編集者である藤本一幸が主宰する自由律俳句誌「海市」に参加する。翌1986年、「海市」編集同人となる。病状が悪化し、この年の12月からは代筆によらなければ投書できなくなる。

1987年2月7日23時23分、永眠。享年25。俳人としての創作期間はわずか3年で、生涯に残した俳句は281句だった。》(ウィキ)

ちらしに載っている俳句

 あけっぱなした窓が青空だ

 父と子であり淋しい星を見ている


下記サイトに代表句が掲載されている。

住宅顕信 または、人生の究極のミニマリスム




「ずぶぬれて犬ころ」予告編

by sumus2013 | 2019-05-23 20:00 | おととこゑ | Comments(0)

映画『嵐電』

f0307792_19122900.jpg

『シグナレス』第貳拾伍号(蒼幻舎、二〇一九年三月三十一日)。特集・映画『嵐電』。鈴木卓爾監督・インタビュー。『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』『ジョギング渡り鳥』『ゾンからのメッセージ』などの作品を手がけた鈴木監督の最新作。これは見てみたい(嵐電の大宮駅の近くに住んでますもので)。そうそう鈴木監督は蟲文庫さんのダンナさんでもあります。

「嵐電」予告編

by sumus2013 | 2019-05-22 17:26 | おととこゑ | Comments(0)

MOZART MITSUKO UCHIDA

f0307792_16255241.jpg

古本屋の均一にはときおりCDが出ていることがある。最近の収穫はこれ、内田光子「モーツァルト:ピアノ・ソナタ&ピアノ協奏曲他」(PHILIPS)二枚組。DISC1はピアノソナタと幻想曲、ロンドで一九八三、八五年の録音。DISC2はジェフリー・テイト指揮イギリス室内管弦楽団と共演し一九八五、八七年にロンドンで録音された。

DISC1は耳慣れた曲ばかりで内田光子らしくキッチリと聴かせてくれる。正直、モーツァルトとしてはどうなのかなあと思わないでもないが、むろん、これはこれで見事な演奏である。ここしばらく繰り返し聴いていた。DISC2はピアノ協奏曲第20番二短調K.466とピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595。これらは一度聴いただけ。

《1948年に熱海に生まれ、1961年に外交官だった父親とともにウィーンに移住。ハウザー教授に師事して68年にウィーン音楽アカデミーを卒業。66年のミュンヘン、70年のショパン・コンクール、75年のリーズ国際と名だたる国際コンクールでいずれも2位となり、82年のロンドンにおけるモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏会の成功で名ピアニストとしての評価を不動のものとした。》(演奏者紹介)

ウィキで「内田光子」を見ると「1970年代は不遇の時代であった」とある。

1971年、英国ウィグモア・ホールでの演奏会にて、ロンドン・デビュー。1972年に拠点をロンドンに移す。ヨーロッパを中心に活動するが、1970年代は不遇の時代であった。東芝EMIなどで細々と録音していたが、大手レコード会社からのオファーは全くなかった。日本では、演奏会を開くことすらままならず、両親がチケットを売りさばくことに苦心していた。本人は「私は日本の音楽大学を出ていなかったから…」と当時を振り返っていた。自主開催や労音などの地方公演、恩師である松岡貞子の配慮で開催していた科学技術館・サイエンスホールにおける公開レッスンなど、金銭面では有難かったが非常に不本意な時代だったと回想している。

やっぱり、二番じゃだめなのか・・・。

by sumus2013 | 2019-04-30 16:56 | おととこゑ | Comments(0)

PEOPLE HAVE THE POWER

f0307792_16261619.jpg

PATTI SMITH「PEOPLE HAVE THE POWER」(Arista Recods, 1988)。パティ・スミスの12インチシングル。ジャケット写真はロバート・メープルソープ。パティの最初のアルバム「HORSES」(1975)もメープルソープの写真で飾られている。二人は一時期カップルだった。







近年、パティ・スミスと言えば、ボブ・ディランの代役で出席したノーベル賞の授賞式で「A Hard Rain’s A-Gonna Fall」歌ったのが印象に残っている。歌詞を忘れて、ごめんなさい、と言っていたところが良かった。






メープルソープと言えば、アートシーンへのメープルソープの登場はショッキングだった。彼の存在は、ギャラリー・ワタリでの展示(1983)を見て図録を買った記憶があるので、それまでには知っていたはず。『美術手帖』の追悼号(一九八九年六月)はよくできていたと思う。その少し後に買ったのが下の図録『ROBERT MAPPLETHORPE』(Bulfinch Press・Little, Brown and Company in association with Whitney Museum of American Art, 1990, 5th printing)。ホイットニー美術館での回顧展(1988)のために製作されたものでハードカバー版もあるようだ。この本は神戸に住んでいたとき、元町の丸善で買ったのではないかと思う(新刊で!)。当時は、よく丸善の洋書コーナーをぶらついては立ち読みしていたのである。

f0307792_16260849.jpg


f0307792_16260531.jpg
「Horses」のジャケットに使われた写真(右)


本書によれば、ロバートとパティが出会ったのはまったくの偶然だった。Ingrid Sischy「A SOCIETY ARTIST」より拙訳。訳しにくいところは適当にごまかしておいた、お許しを。

《詩人でミュージシャンだったパティとの初めての出会いについてメープルソープの回想は共鳴できるものである。それは魔法のようなつながりをもたらす魔法のような始まり、夢、神話そして歴史となる関係、である。その物語が具体的にどのようにして始まったかについてメープルソープはこんなふうに話してくれた。「地下のアパートメントにいたときだった。彼女は道路から僕の家にふらりと迷い込んできた。ちょうど僕は眠っていて、目を開けると、そこにいままで会ったことのない人がいたんだよ。彼女は誰か他の人を探していて、僕のところに来たんだ、ドアが開いてたから。知ってるでしょ、60年代だったんだよ、ヒッピーたちは誰も鍵なんかかけなかったんだ。》

《少し前に、私はメープルソープと、自信をもたせてくれた人間について話していたとき、彼はスミスについてこう言った。「僕たちは一晩中起きていた。彼女は彼女のことをし、僕は僕のことをして、そして一休みとなったとき、タバコを一服して、互いの作品を眺めたのさ。これがめっちゃ良かったよ。彼女は僕がやったことを認めてくれる一人の人間だった。》

《その頃「彼らのやっていたこと」というのはドローイング、落書き、宝石、絵やオブジェによるコラージュで、スミスは陶芸もやっていた。アイデアを生み出し、二人が通過するべき道にパンくずの印をつけ、それを見つけること。それは、アーティストとしての表現に特別な空間を作り出そうとしているとき、自分のまわりで探し出そうとしている種類のものだった。スミスとメープルソープは精神的な同志であり、アウトロー仲間だった。その後すぐに、彼らは町の新参者[new kids in town]仲間になって、インサイダーになった、アウトサイダーとしてのアイデンティティを持ちつづけながら、二人はいっしょにジョン・マッケンドリィ(John McKendry)やサム・ワグスタッフ(Sam Wagstaff)のような、彼らの人生に重要な役割を担う人々と知り合いになったのだ。》

マッケンドリィは写真家でメトロポリタン美術館の写真部門のキュレーター。ワグスタッフはキュレーターでありコレクターでメープルソープと出会ってから、それまでの絵画コレクションを処分し、写真、とくに無名写真家に注目するようになったそうだ(wiki)。出会いが全てを決めて行く。

by sumus2013 | 2019-03-22 20:32 | おととこゑ | Comments(0)

TOSHIKO AT TOP OF THE GATE

f0307792_17244500.jpg

TAKT JAZZ シリーズの秋吉敏子クインテット「"トップ・オブ・ザ・ゲイト"の秋吉敏子」(日本コロムビア、2012. 元盤は1969年発売)を聴く。カバー・イラストは和田誠。

秋吉は一九五三年に来日したオスカー・ピーターソンに認められ、五六年にバークリー音楽院に入学してアメリカでの活躍を開始した。

《秋吉さんのピアノ・スタイルは、日本にいた頃、たまたま駐留軍兵士としてやってきていたハンプトン・ホーズに学び、開眼したものとされていますが、ハンプトン・ホーズという人は、バッド・パウエル、チャーリー・パーカー直系の有能なバップ・ピアニストでした。つまり彼女はホーズを通じて、バッド・パウエルを学び、そこから彼女自身のオリジナルなスタイルを創り出したといえます。大体モダン・ジャズの時代になってから輩出したピアニストの数は決して少なくありませんが、女性ピアニストは皆無に近い状態でした。そこにキモノ姿(ジョージ・ウィーンの演出もあったことであろう)の日本女性が、女性とはおもえないような強じんなタッチで、本格的なバップ・ピアノを披露したものですから、アメリカのミュージシャンもファンもアッといったのは当然でした。》(解説:野口久光)

このアルバムの一曲目、「イントロダクション」がどこかで聞いたようなメロディなんだなあと思って口ずさんでいると「ルパン三世のテーマ」? と思い当たった。そちらの作曲者は大野雄二、バップのジャズ・ピアニストだからテイストが似通っていても不思議ではないと納得。なんとなくなつかしい感じがしたのもそんなところからかも。

***

グラミー賞、ほとんど興味ないが、今回はツッペリンの再来と話題になっていたグレタ・ヴァン・フリート(GRETA VAN FLEET)が受賞するかどうか、ちょっと気になった。四部門ノミネートのうち結局「FROM THE FIRES」で最優秀アルバム賞を受賞したようだ。ツッペリンには程遠いけどね・・・




by sumus2013 | 2019-02-11 19:45 | おととこゑ | Comments(0)

グールドのブラームス

f0307792_16471167.jpg

今年の聴き始めはグレン・グールド「ブラームス:4つのバラード/2つのラプソディ/間奏曲」(2000, Sony Music Entertainment inc.、オリジナルは1983)。インテリ層のファンが多いグールドだが、どうも小生はインテリジェンスが乏しいのか、グールドのバッハなど聴いてもまったくわざとらしくてピンとこなかった。クラシックの枠を超えようとしているのは分かるにしても、そんなにいいと思ったことはなかった。

この一枚はたまたまブの正月50パーセントOFFにつられ、これまたこれまであまり聴いたことのないブラームスの棚を物色していて、このジャケットの生意気そうな写真に魅かれた、というのが購入理由である。

4つのバラード/2つのラプソディ」はどちらも一九八二年の録音、ということは歿年なのだが、どうもパッとしない。枯れすぎ。それに反して「間奏曲」は一九六〇年(二十八歳)の録音、世界ツアーも成功させ、演奏家としての名声を確立した直後のもので、力強いというか、かなり激しくて、ブラームスとしてはどうなのかはさておき、これだけ聴くとなかなかいい感じ。少し見直した。

《1964年3月28日、シカゴにおけるリサイタルを最後に、演奏会からの"ドロップアウト"を宣言、以後、亡くなるまでの20余年をレコーディング・スタジオの中だけで自由奔放に、しかし音楽に対してはじつに誠実に生き続けた。レコーディング・スタジオから次ぎ次ぎと生み出された演奏は、16世紀のギボンズから20世紀作品まで驚くべき広さで、そのどれにもグールドならではの個性が横溢していた。とくにバッハの諸作品における斬新で瑞々しい解釈による演奏は、今日なお、バッハ表現の異色の金字塔と賞賛されている。
 1982年10月4日、生地トロントで急逝。疾走した異端児は、唐突に50年の人生を閉じた。》(本CD解説より)

驚くべき広さ」とあるが、日本語ウィキによれば、グールドの選択はかなり偏っていたようだ。主張のはっきりしているアーティストだから当然といえば当然である。

by sumus2013 | 2019-01-06 17:29 | おととこゑ | Comments(0)