林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
小説を読む深い喜びを感じ..
by sumus2013 at 07:54
雑事に紛れて気がつきませ..
by 高遠弘美 at 20:59
かもしれませんね。これら..
by sumus2013 at 20:36
声をおかけしたとき洋書を..
by 神保町のオタ at 09:38
驚くべし! ゴキタン隊!..
by sumus2013 at 07:28
林様「何も存じ上げない」..
by 旧雨滴瀝 at 22:47
メールでお返事しました。..
by sumus2013 at 20:06
さすが漢文通、見事な自己..
by sumus2013 at 14:35
みなさんの自己紹介がふる..
by 中嶋康博 at 12:51
カギコメ様 詳しくはメー..
by sumus2013 at 19:45
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


le clebs

f0307792_17040949.jpg

『ル クレップス le clebs』(ル・クレップス、一九八四年六・七月号)。発行日、発行所名は明記されていないが、編集部の住所は京都市左京区松ケ崎一町田町10-3。巻末にこうある。

《クレップスは、日本人とフランス人によって、京都で出版されている定期刊行物(隔月刊)ですが、東京、パリ、長崎、カンペール(フランス北西端にあるフィニステール県の県庁所在地)でも販売されています。刊行方針は、自分の興味を引く事柄について発言したいと思う人に、その機会を提供し、日本人がフランス人を、フランス人が日本人を、発見できるようにすることです。》

「クレップス」は知らない単語だった。検索してみると犬(=chien、cabot)という意味。どおりで表紙右下に「わんこう」と書かれている。

表紙はバルチュス展の広告みたいになっている。当時、日本では京都市美術館でのみ開催された。初回顧展だったため東京からわざわざ見に来た知人が何人もいた。

バルテュス展

ただ本書の記事はイザベル・シャリエ(Isabelle CHARRIER)の「親和力ー京都でのバルチュス」とバルチュス自身の抗議文「誤解をさそうイメージ」のみ。イザベルは一九五一年生まれ、この後、一九八八年にパリ第四大学で考古学の博士号をとっており、日本美術専攻。

《バルチュスは京都を非常に愛した。親和力は両者を永遠に結びつけている。》
《バルチュス展覧会は20年前に彼と出会った一人の日本の芸術家の尽力により開かれる。師と弟子、これも選択親和力による。》(訳:宇敷伊津子)

弟子というのは節子夫人のことであろう。

バルチュスの抗議文というのも興味深いものだ。画家はニューヨークのメトロポリタン美術館で開かれた自身の回顧展に対して、とりわけ図録の内容について不満をもらしている。

メトロポリタン美術館とジョルジュ・ポンピドー・センターが共同企画として回顧展を開くことになったとき、作家にはまったく何も相談がなかったそうだ。

《準備段階で相談をもちかけられて当然だと思っていた。ところが間接的な筋から私が聞いたのは、このような場合、美術館のポリシーとして決して作家には相談もしなければ、連絡もとらないということだった。とくに私は作品の選択に関して相談してほしかったと思っている。》

《図録の校正が私のところに正式に送られてきたことはなく、私はたまたま見たにすぎないのだが、その内容は膨大な量の、詳細にわたる私の経歴であり、そのほとんどがまったく関係のない、非礼に満ちた虚像であった。また私の制作過程や技法に関する、いわゆる"テクニカル・インフォメーション"は、単なる想像にすぎないことがしばしばであった。》

《ゆがめられた事実、間違った日付、根拠のない憶測などがあいまってテキストを無数のあやまちだらけのものにしており、そのため美術に近付くには背景の情報や経歴などが役に立つと信じこんでいる人々にさえ、誤解を与えることになっている。》

《作品は作家を語るものではない。作品が語るのは瞬間、瞬間のビジョン、平凡な外見の向う側にある現実、子供のように心をときめかせなくてはならない現実なのである。》

和訳がやや不正確なような気がするが(翻訳者名なし)、とりあえず大きな間違いはないようだ(この雑誌の記事はすべて和文仏文併記)。たしかにバルチュスの主張も解らないではない。しかし美術館が作家に相談しないのはある意味当然だという気もしてくる。例えば、もし経歴について相談を受けていれば、バルチュスはこう答えただろうと言う。

《バルチュスはその人となりについては何も知られていない画家である。だから彼の絵を見ようではないか。》
 Balthus est un peintre dont on ne sait rien. Ceci dit, voyons ses tableaux.

「作品は作家を語るものではない Les tableaux ne décrivent ni ne révèlent un peintre」と矛盾しているようでもあり、作品だけを無心に見よという気持ちはよくわかるような気もする。ただ、作品も経歴も一人歩きするもの、いくら歯ぎしりしても無駄なような気もするのだ。あるいは、今話題のバンクシーのような覆面画家になるしかないのかな・・・?


[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-16 20:18 | 関西の出版社 | Comments(0)

もよおしいろいろ

f0307792_16595556.jpg
牧野伊三夫
2018年10月20日〜31日

メリーゴーランド京都
http://www.mgr-kyoto2007.com/exhibition




f0307792_17274342.jpg
ボヴァリー夫人の庭
間村俊一装幀展
2018年11月2日〜11日

根岸そら塾
http://sorajyuku.ciao.jp



f0307792_16485598.jpg
岡崎武志・素描展
2018年10月27日、28日、11月3日、4日、10日、11日

ギャラリー白い扉
http://kanban.tamaliver.jp/e427777.html




f0307792_16310240.jpg


BOOK ART 展
2018年10月9日〜21日

山崎書店
http://www.artbooks.jp




f0307792_16430916.jpg

黒田重太郎鉛筆素描「京都、洛中洛外」
2018年10月10日〜10月31日

星野画廊
http://hoshinogallery.com/home/index.html




f0307792_16431731.jpg

高専寺赫展
2018年10月19日〜10月28日

神楽坂セッションハウス
http://www.session-house.net/2f.html




f0307792_16432186.jpg

紙山水 瓢吉庵油坊主展
2018年11月3日〜11月7日
13:30〜18:30(最終日17:00まで)
11月3日17:00〜 オープニングパフォーマンス

スペース〇〇(まるまる)
尼崎市七松町2-6-14




f0307792_15413922.jpg
横溝美由紀展
"crossing points - red cage"
2018年9月18日〜10月20日

ART OFFICE OZASA
http://artozasa.com





f0307792_16012362.jpg
河口龍夫 ちのこうや
2018年9月15日〜12月16日

黒部市美術館
http://www.city.kurobe.toyama.jp/guide/svGuideDtl.aspx?servno=79




f0307792_14172553.jpg
四時清賞展
彩美コレクションII
2018年10月7日〜11月4日

天門美術館




f0307792_16543100.jpg
甲斐啓二郎、前田和也写真展
2018年10月17日〜30日

新潟絵屋


f0307792_20362232.jpg
木琴博覧会
今、甦る! 木琴デイズ
2018年11月13日

京都文化博物館別館ホール

通崎好み製作所
http://www.tsuuzakimutsumi.com




f0307792_16364172.jpg
須田悦弘 ミテクレマチス
2018年4月22日〜10月30日

ヴァンジ彫刻庭園美術館
https://www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/





[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-16 17:02 | もよおしいろいろ | Comments(12)

京都、洛中洛外

f0307792_17412004.jpg
二条城畔 明治三十七年十月


黒田重太郎鉛筆素描「京都、洛中洛外」(〜10月31日)展が非常に良かった。

星野画廊
http://hoshinogallery.com/home/index.html


明治二十年生まれの黒田重太郎が、主に明治三十七年から三十九年にかけて、ということは十七歳から十九歳、精力的に京都市内外の景物を鉛筆によって描き留めた。それら百点以上の素描がほぼ無傷のまま残されていたのである(本展図録には図版番号126まで収録されている)。

まずは、描かれた京都の様子があまりにも現代とかけ離れていることに驚きを禁じ得ない。上の「二条城畔」は二条城の北側あたりにあったという京都監獄(明治二年に二条城の南側六角大宮に徒刑場として設置され、三年に二条城の北側の主税町へ移転、京都府監獄署を経て三十六年より京都監獄となる、大正十一年に京都刑務所と改称され、昭和二年に現在地の山科区東野へ移転した;ウィキ「京都刑務所」)の近くらしい。こんもりとした森の向こう側に監獄があり、描かれている店では監獄へ行く人々を相手に代書、写真撮影、菓子販売などを行なっていたのだろうという(本書解説)。この図の描かれていない左側が二条城ということである。おそらく、この絵の突き当たりの右手が現在は二条公園になっている、のかもしれない。

f0307792_17411607.jpg
西院村 明治三十八年三月

西院は、四条通り沿いで壬生の次、西大路通りを越えた西側一帯になる。この風景は言うまでもないが、現在の西院の様子からはとても想像できないものである。


f0307792_17411218.jpg
出町ニ於テ 明治三十九年二月

出町は現在もまだ樹木が立ち並ぶ風景が残っているので、それほど大きなへだたりはないようにも見える。さて、どの辺りだろうか。遠景に見えるのが出町の橋?



f0307792_17410806.jpg
川岸風景(仮題) 明治四十年五月

明治三十九年までに制作された作品がほとんだなのだが、四十年の作品も五点ほど出ている。ここに掲載した絵でも上から順番に、十七歳、十八歳、十九歳、そして二十歳の作ということになる。どうだろう、この進歩! まったく別人のドローイングだと言ってもおかしくはないほどグイグイ上達している。

本展図録の年譜によると、黒田は明治三十七年に鹿子木孟郎に入門した。大阪生まれなので京都の伯父の家に寄寓して、鹿子木塾(室町通り丸太町上ル西側)へ通い、また京都スケッチ行を開始する。宮崎与平もこの年、同塾に入門している。

明治三十八年には浅井忠の聖護院洋画研究所に入所。先輩に梅原龍三郎、安井曾太郎らがいた。明治三十九年には鹿子木が渡欧したため浅井忠の内弟子となった。

本展のスケッチ群はようするに鹿子木塾に在籍していた時代の勉強の記録、というふうに考えていいだろう。上に掲げた明治四十年のコローのようなタッチの素描はもう十分に成熟しているが、それは浅井、あるいは浅井周辺からの影響力の強さを感じさせるものでもある。

要するに、黒田重太郎の青春がまるごとこれらの風景素描に詰め込まれている。描かれた情景もまたそうであるように、まさにタイムカプセル。百十数年前の京都を黒田青年の目になって眺めることのできる稀有な機会である。

[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-15 20:53 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

goreyで一箱古本市


f0307792_17410483.jpg

11月20日 第4回 gorey で 一箱古本市


gorey


*

11月には松山でも。
善行堂はもちろん神戸の古本屋さんがたくさん参加しています。
第6回 松山ブックマルシェ


[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-15 17:45 | もよおしいろいろ | Comments(0)

山の上の家

f0307792_15515291.jpg

庄野潤三の本 山の上の家』(夏葉社、二〇一八年七月三〇日)読了。川崎、生田にある庄野潤三の家を多くのカラー写真で紹介し、同時に庄野潤三の短編、エッセイなども収録。そして、佐伯一麦、今井夏子(長女)、庄野龍也(長男)、上坪祐介、岡崎武志が庄野について書き、簡潔な全著作案内(宇田智子、北條一浩、島田潤一郎、上坪祐介)、そして庄野の鉛筆デッサン、写真アルバム、年譜(著作からの引用で織りなす)、作品リストも備えて、ほぼ完璧な庄野潤三作家案内となっている。

夏葉社 山の上の家

f0307792_15515959.jpg

f0307792_15515657.jpg
昭和三十年、熱海にて
左から、井伏鱒二、庄野潤三、夏子、河盛好蔵、小山清


庄野潤三、誰でも一度は読むと思うが、ずっと読み続けるかどうか、は人によるような気がする。小生は『ザボンの花』を読んで、うまい小説だなあと思った。『夕べの雲』の文庫版は持っていた。けれども、後がつづかなかった。ところが、本書に収められている単行本未収録だという小説「青葉の笛」の一風変わったタッチ……敗戦間近の人間魚雷の話なのだが、どこかふうわりとした優しい空気が通っている……を知って、また庄野潤三を手にしてみたいなと思うようになった。

ともに同じ大学にいて文学を志していた千野と西岡は海軍に入ってから親しい交友が始まった。

《千野は毎日相の浦にある海兵団から水交社まで出て来る途中、北佐世保の駅で降りて五六丁来たところの一軒の古本屋へ寄るのをきまりとしていた。その小さな店で千野は何冊かの本を見つけて、順番に読んで行った。この次は世界文学全集の仏蘭西近代劇集を読むつもりにしていた。千野はその中のシラノ・ド・ベルジュラックを読みたかったのである。シラノの話は小さい時から耳に親しかったけれども、未だ一度も読んだことがなかった。そのことを仏文科にいた西岡に話すと、彼は言下にそれを読むことを勧めてからこう云った。》

《最後にシラノの有名なせりふがあるんだ。息を引き取る直前にロクサーヌに向かって私の恋しいロクサーヌよ、私はお前を愛してはいなかった、だったかな、私のいとしいロクサーヌよ、だったかな。剣にかけては当代随一、然も稀代の詩人なんだ。》

《西岡が口を極めて賞める様子がまた実に楽し気に見えたので、千野は明日はあいつを買おうと決心した。》

古本屋が出てくるから・・・という理由だけではない、なにかこういう親密な雰囲気にリアリティがある。間近に、帰還の望みのない出撃が待ち受けているにもかかわらず、だからこそ、か。

ところで、シラノが死の直前に発するセリフは《Mon panache.》である。ロクサーヌは瀕死のシラノの上にかがんで、額にキスをする。これは?・・・シラノはふたたび目を開けて彼女を見つめた、そしてほほえみながら言った。モン・パナシュ。

Roxane, se penchant sur lui et lui baisant le front.

C’est ?…

Cyrano, rouvre les yeux, la reconnaît et dit en souriant.

Mon panache.

Rideau.(幕)

検索してみると「モン・パナッシュ」は「わが心意気」と和訳されているようだ。パナッシュというのは、文字通りには帽子の羽飾りのことだが、ロスタンはもっと別の意味を持たせている。「シラノ・ド・ベルジュラック」サイトによれば、一九〇三年六月にエドモン・ロスタンがアカデミー・フランセーズでアンリ・ド・ボルニエ(Henri de Bornier)に「le panache」の意味するところについて語った、らしい。そこでは

Plaisanter en face du danger, c'est la suprême politesse, un délicat refus de se prendre au tragique ; le panache est alors la pudeur de l'héroïsme, comme un sourire par lequel on s'excuse d'être sublime.

危険が目の前に迫ったときにふざける、これは究極の礼儀正しさである、悲惨にとりつかれるのを優美に拒むこと、すなわちパナシュとはヒロイズムの羞恥である、それによって至高であることを詫びる微笑みのような・・・くらいの意味だと思う(間違っていたら直してください)。

死の迫った今になって最愛の人に全ての真実、自らの愛、を知られてしまった。それに対する照れ隠し、ということである。だとすれば「わが心意気」ではいかにも堅苦しい。まあ、例えば「なーんちゃって」くらいの方がシラノの気分には近いのかもしれない、違う? あるいは「ポテチン」とか。


[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-14 17:04 | おすすめ本棚 | Comments(0)

LITTLE GIRL BLUE

f0307792_19531542.jpg

ニーナ・シモン「LITTLE GIRL BLUE」(Bethlehem Music Company, 1992)をうっとりと聴いている。ニーナ・シモンのデビューアルバム(一九五八年)。一九三三年生まれなので二十五歳のときだが、そうとは思えない、老成した歌唱、演奏に味わい深いものがある。

おや、と思ったのは「Plain Gold Ring」(作曲はGeorge Stone, aka Earl Burroughs)。美空ひばりの「リンゴ追分」(米山正夫作曲、一九五二年発売)にムードがそっくり。









ただし、一九五二年盤の「リンゴ追分」はもっと明るい感じでニーナ・シモンの雰囲気はない。

[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-12 20:27 | おととこゑ | Comments(0)

ART BOOK 展 2018

f0307792_19404730.jpg

岡崎の山崎書店で「ART BOOK展」が開催中。小生も毎年恒例で二点出品。
FBに全出品作の紹介が出ています 山崎書店 Artbooks Yamazaki

KOTONOHA 001
シェイクスピア『マクベス』のペーパーバック(SIGNET CLASSIC)をシュレッダーにかけて瓶詰めした作品。ひと瓶に収まらずふた瓶に。テレピン油の空き瓶を利用。
f0307792_19405212.jpg




KOTODAMA 021
アップダイク『もう一つのドア』のペーパーバック(PENGUIN BOOKS)の本文をシュレッドして、それを紙粘土状にボンドで固めたもの。カバーとセットで。
f0307792_19404950.jpg


他にも、いつもながらユニークな作品が並んでいた。文庫本のニーチェを釘で板に打ち付けた「磔刑」(河村塔王)はウケル。

f0307792_19405590.jpg


f0307792_19405981.jpg

[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-11 19:58 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

天の原

f0307792_19421914.jpg

久方ぶりの短冊。このところ紹介したい短冊に出会わなかった。この一枚もそれほどでもないか・・・ただ、読みやすい署名があるところが取り柄だろうと思って求めた。

検索してみると荒木田久守に間違いないようだ。そうだとすれば、かなりいい買い物ではあった。

江戸後期の国学者。伊勢生。荒木田久老の子。姓は度会、通称は求馬、号は瓊鈴舎。国文・和歌に通暁し、父の家学を受け継いだ。伊勢内宮の権禰宜・従四位上に叙せられた。安政5年(1858)歿、71才。》(コトバンク)

内宮権禰宜、国学者。荒木田久老の次男として生まれる。/父の遺風を受け継いで、国文学や和歌に長じ、特に詠歌は堪能であった。著書は『倭姫命世記古文解』をはじめ、『記紀歌解』『万葉集同字部類』『吉野歌集』といった歌学・詠歌の類、また『万葉集鳥獣草木考』等の考証を主としたものまで多岐に亘る。(参照:国学者伝記集成. 第2巻. 続編、 神道人名辞典、 国書人名辞典. 第1巻)

さて、どう読むのでしょうか・・・


天乃(の)原おなし空行月影濃(の)
な堂(ど)嘉(か)く秋ハ照満(ま)さるらん 久守

[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-10 19:59 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

雑誌の袋

f0307792_19311108.jpg

大屋幸世『書物周游』(朝日書林、一九九一年四月三〇日)を拾い読みしていると袋の記事がふたつあった。ひとつは「雑誌の袋」。

《書物をつつんでいる袋は、言うまでもなく、日本の近世からあるものだが、その延長線上にある明治にはいってからのそれは、実体がそれほどわかっていない。『新体詩抄』(明15)の袋は知られているが、一方袋が見つけられていない、たとえば有名な叢書《新著百種》などには、当然あったのではないかと推測される。》

そして雑誌の袋も見つけにくいと続け、

《たとえば、かつては近代文学関係の古書店として知られていた窪川書店の古書目録『古本の花』(昭和5・7)に、「文藝倶楽部」四四二冊が二百円で出品されているが、店主はその解説で「第一編一二冊は和紙の袋入勿論博文館の元袋にて筆者も袋入りなりしを此度始めて知れる位にて大概の御客様も袋入りなりしは知れる人あるまじと語[ママ]ふ」と思[ママ]っている。昭和五年という時点で、すでに珍しいものになっていたわけだ。》(ママのところは漢字が入れ違った珍しい誤植だ)

手元にある四種の雑誌の袋を図版で紹介している。
f0307792_19310505.jpg


もうひとつは「「早稲田文学」の袋」。

《第二次「早稲田文学」に袋付きの特別号があるのはあまり知られていないだろう。写真を掲出した臨時増刊号、すなわち「早稲田文学」の懸賞小説、脚本を発表した号である。言うまでもなく中村星湖「少年行」と佐野天声「意志」を掲載した、明治四〇年五月五日発行第一八号である。
 ところで今、五月五日発行第一八号と記したが、しかし袋の方の刊記は違う。こう書かれている。〈早稲田文学第十七号(臨時増刊)毎月一日発行明治四十四[ママ]年四月三十日発行〉。号数が一号若く、発行日も五日早い。どうしてこうなったのか、その理由がわからない。ご教示を乞いたい。

十七号と十八号は同じ明治四十年五月に発行されているので、印刷所のミスかもしれない。
f0307792_19310841.jpg


言うまでもなく分からないことだらけなり。

本の袋
https://sumus2013.exblog.jp/30015438/



[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-09 20:29 | 古書日録 | Comments(0)

やちまたの人

f0307792_16115063.jpg

涸沢純平『編集工房ノア著者追悼記続 やちまたの人』(編集工房ノア、二〇一八年九月二八日)読了。

例えば、源氏物語「葵」には、葵が絶えたのちの様子を描いたなかにこういうくだりがある。

《人の申すに従ひて、いかめしきことどもを、「いきやかへり給ふ」と、さまざまに、残る事なく、かつそこなはれ給ふ事どものあるを、見る見るも、盡きせずおぼし惑へど、かひなくて、日頃になれば、「いかゞはせん」とて、鳥邊野に、ゐてたてまつるほど、いみじげなること多かり。こなた・かなた御送り人ども、寺寺の念佛の僧など、そこら廣き野に、所もなし。》(『源氏物語(一)』岩波文庫五十六刷より、繰り返し記号は繰り返しに換え、傍注は省いた)

鳥邊野は墓所。おおよそ現在の清水寺から大谷本廟、今熊野、阿弥陀ヶ峰(新幹線のトンネルが通っている山)あたり一帯を指すようだ。「送り人」の「送る」は死者を葬るという意味で万葉集にも用例がある(映画「おくりびと」が話題になったのは二〇〇八年)。たまたまこのくだりを読んでいたから、ということもあるのだが、本書の次の文章にギクリとした。

《時を経て、私は大阪で、編集工房ノアを、一九七五(昭和五十)年九月、二十九歳で始めた。
 翌年、港野喜代子詩集『凍り絵』を出版(三月二十五日)、港野と二人、宣伝のため新聞社回りをした日の夜(四月十五日)、港野は風呂で心臓マヒを起こし、死んだ。六十三歳だった。
 結果的に港野の最後の詩集を出版したこと。それだけでは無念であろうと思い、小野十三郎、上野瞭、永瀬清子各氏の編集委員で『港野喜代子ー詩・童話・エッセイ』を五年後(一九八一年九月)出版し、編集・出版は、とむらい事だな、と思った。》(雪の寝床)

港野喜代子については前著に詳しいが、涸沢氏に出版のスタート時から「とむらい事」の自覚があったというのは、むろん必然的にそうなったにしても、これは驚きを禁じ得ない。出版とは鎮魂の歌なのか。

涸沢純平『編集工房ノア著者追悼記 遅れ時計の詩人』

四十年以上にわたって、数多くの出版物を生み出し(!)そしてそれらの著者を送りつづけた。足立巻一、庄野英二、川崎彰彦、島田陽子、宗秋月、杉山平一、塔和子、大谷晃一、鶴見俊輔、伊勢田史郎、松廣勇、東秀三、そして三輪正道。本書にはそれぞれの人物について涸沢氏でなければできない回想がつづられて、こちらの勝手な思い込みを正してくれたり、新たな側面を教えてくれたりするのだが、結局それは涸沢氏自身の私史としても読める。それはある意味当たり前のことかもしれない。今後それらのディテールが関西文学史に果たす役割の大きさを思ったりもする。

遅れ時計の詩人』では「移転顛末記」が絶妙だったが、本書では自らの失敗と成功を対照させて描いた「欠損と表彰」に散文家としての筆の巧みさを見る(『海鳴り』で初めて読んだときの「痛そう!」という読後感をふたたび思い出した)。

[PR]
# by sumus2013 | 2018-10-08 17:37 | おすすめ本棚 | Comments(0)