人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
めちゃめちゃ面白いね!
by sumus2013 at 07:50
「《玉舎さんのお父さん》..
by tobiranorabbit at 22:42
有難うございます! 同じ..
by sumus2013 at 07:47
架蔵する正宗得三郎/画家..
by 倉敷から遠いで at 21:08
ロバート・レッドフォード..
by sumus2018 at 16:12
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤村少年讀本 尋一の巻

藤村少年讀本 尋一の巻_f0307792_20251868.jpg


島崎藤村・原作・校閲、務䑓四郎編『藤村少年讀本 尋一の巻』(采文社、昭和五年九月二十五日発行、装幀=山本鼎、装画=武井武雄)。某氏より頂戴した。このシリーズは七冊あって挿絵は、足立源一郎、木村荘八ら、それぞれの巻で違う画家が担当しているようだ。カバーがある。

《この七巻の讀本は、今までの先生の全著作の中から、少年諸君の読物に適するものを集めたものですが、特に完全を期するために、新たに先生を煩わしたものもあります。》(「第一巻の初めに」編者識)

《務䑓君は、長いこと私の書いたものに親しんで居られる人であり、曾ては幼いものを相手に教鞭を執つた経験もあると聞いてゐるから、この意気で編まれたたら少年諸君のためにも好い読本が出来ようと私は思つた。》(「序の言葉」島崎藤村)。

藤村少年讀本 尋一の巻_f0307792_20251470.jpg


第一巻の内容は、コトバ、ジャン ケン、イロ、アヂ、ナキゴエ、カタチ、アレ ヤ コレ、モノウリ ノ コエ、カナ・・・など、尋常小学校一年だから、まずは初等の国語読本のような感じで始まり、だんだんと長い文章になってゆく。ほぼすべてカタカナ、簡単な漢字がいくつか用いられている。例えば、

五 ナキゴエ

イヌ ワン ワン
ウマ ヒン ヒン
ウシ モウ モウ
ネコ ニヤア ニヤア
スズメ チユウ チユウ
カラス カア カア
ハト ポツポ


八 モノウリ ノ コエ

トウフ イ
ナツトウ ナツトウ
イワシ コ
キンギヨ ヤ キンギヨ
ドヂヤウ ドヂヤウ


一四 サカナヤサン ノ カンヂヤウ

ヒト ヒト
フタ フタ
ミツシヨウ ヨ
ヨツシヨウ ヨツタラ ヨツシヨウ ヨ
イツセイ ヨ
ムツセイ ムツセイ
ナ ナ ナンナア ヨ
ヤツセイ ヨ ヤツセイ ヤツセイ
コノ コンノウ ヨ
トウ トナ

とまあ、こんな調子である。

藤村少年讀本 尋一の巻_f0307792_20251127.jpg


面白いのは後ろの見返し、遊び紙に押されているスタンプ。たぶんスタンプだと思うが、違うかもしれない。住所印とPINOさんの顔写真。

藤村少年讀本 尋一の巻_f0307792_20250000.jpg
スタンプの名前「PINO MARRAS」を検索すると次のような略歴が見つかった。

《ピーノ・マラス Pino Marras 1940年、イタリア、サッサリ生まれ。ウルバニアナ大学、グレゴリアナ大学、ローマ国立大学及び大学院で、哲学、宗教学、文化人類学を研究した後、1971年来日。東京で2年間、日本語と日本文化を学び、その後、神戸に移住。天理大学助教授、神戸海星女子大学教授、園田学園女子大学教授を経て、現在、明治学院大学キリスト教研究所協力研究員。ローマにG.B. シドチ日伊歴史資料館を設立し、運営にあたる。》

Istituto Italiano di Cultura Tokyo
講演会「明治期日本におけるイタリア人

二つの顔写真のうち左下のものは、旧蔵者の印鑑を覆い隠すために捺されたようだ。個人的には、わりと長い間古本を触ってきたが、こういう蔵書印(と呼んでいいのかな)は初めて見た。蔵書票のモチーフとして所蔵者の肖像は珍しくないかもしれないけれど。

by sumus2013 | 2019-11-22 20:37 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by man ray ist at 2019-11-22 23:08 x
ピーノ・マラスさんとは、90年代にリブレリ・アルカードでよくお会いした記憶があります。気さくな良い人です---
Commented by sumus2013 at 2019-11-23 07:58
どなたかご存知の方がいらっしゃるかと思いましたが、man ray ist 様でしたか! アルカードさんで、なるほど。 
<< 梶井基次郎と”神隠し”の京都展 冷蔵庫の中の屍体 >>