人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
窮屈な会場になってしまい..
by sumus2013 at 09:01
おつかれさまでした。開店..
by 牛津 at 17:38
ユーモアを翻訳するとユー..
by sumus2013 at 10:23
拙著、ご紹介いただきあり..
by manrayist at 08:40
どこかで見た覚えがあった..
by sumus2018 at 20:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


二代の電お光

f0307792_20211194.jpg
f0307792_20210549.jpg

下鴨での嬉しい発見はこの二冊だった。榎本法令館の赤本『二代の電お光』上下。ともに明治三十八年二月二十日の発行。だいたい、タイトルが表紙では、見ての通り『二代目電お光』。巻頭内題が『驚くべき近世の女賊/二代の電お光』。そして奥書きのタイトルが『二代の電お光』である。「電お光」は「いなづまおみつ」と読ませる。

法令館/榎本法令館


『いなづまおみつ』は榎本の最初期の出版物だったようだ。本書はその再版か別ヴァージョンであろう。表紙画のサインは「景舟」?と読めるようだが、この号だけでは、誰なのか分からない・・・(ご教示を)。

19050220a 驚くべき近世の女賊 二代の電お光 上編
編輯発行印刷者 榎本松之助 大阪市南区松屋町三十九番邸
法令館本店 大阪市松屋町通末吉橋筋北へ入
法令館支店 東京市下谷区仲徒士町四ノ十二
203mm×145mm 表紙共10pp 

19050220b 驚くべき近世の女賊 二代の電お光 下編
編輯発行印刷者 榎本松之助 大阪市南区松屋町三十九番邸
法令館本店 大阪市松屋町通末吉橋筋北へ入
法令館支店 東京市下谷区仲徒士町四ノ十二
208mm×148mm 表紙共10pp  


by sumus2013 | 2019-08-13 20:37 | 関西の出版社 | Comments(2)
Commented by 神保町のオタ at 2019-08-14 17:44 x
明日(15日)の納涼古本まつりは中止になりましたね(´・_・`)
Commented by sumus2013 at 2019-08-15 07:54
台風での中止、以前もありましたね。あの時は中止を知らず、出かけてしまいました・・・・
<< 荒地 第32回下鴨納涼古本市 >>