人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
めちゃめちゃ面白いね!
by sumus2013 at 07:50
「《玉舎さんのお父さん》..
by tobiranorabbit at 22:42
有難うございます! 同じ..
by sumus2013 at 07:47
架蔵する正宗得三郎/画家..
by 倉敷から遠いで at 21:08
ロバート・レッドフォード..
by sumus2018 at 16:12
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第32回下鴨納涼古本市

第32回下鴨納涼古本市_f0307792_19371768.jpg

暑い。午前中から三十度超え。正午ごろには三十六度(最高三十七度)。日差しがきつすぎて、日当たりの本棚は見ていられない。古書研の用意した団扇もあっというまに品切れ。

季村さんと「一九三〇年代モダニズム詩集―矢向季子・隼橋登美子・冬澤弦」の話。予約がかなり入っているそうだ。これは嬉しい。まず、他では読めない詩人たちです。どうして忘れられてしまったのか、女性二人はとくにいい。部数も少ない。お早めに。古書善行堂でも予約受付しています! 矢向(やむかい)と季村さんは仮に読んでおられる。隼橋は「たかはし」。

集中力があったのは最初の一時間くらいだった。口笛・サンコウさんの共同テントでそこそこ買った。他にもいろいろ欲しくなる雑誌など散見されるも、値段にどうしても納得できず、あれこれ手放す。いろいろ探求ポイントはあるのだが、そちらも、そう大きな収穫はなし。幾人かの知人と立ち話。

第32回下鴨納涼古本市_f0307792_19372263.jpg

第32回下鴨納涼古本市_f0307792_19371037.jpg

第32回下鴨納涼古本市_f0307792_19373357.jpg

第32回下鴨納涼古本市_f0307792_19372890.jpg

第32回下鴨納涼古本市_f0307792_19370765.jpg

トランスポップ・ギャラリーで「うらたじゅん追悼展 なつあきふゆはる」を見る。リング綴じになった絵葉書大の『うらたじゅん作品集』を求める。

善行堂へ。工学部前からの坂が殺人的な苦しさだった。「植草甚一」の新作を納品する(詳しくは善行堂まで)。ヘロヘロになりながら帰宅。暑さも、暑しだが、年齢をひしひし感じる。


by sumus2013 | 2019-08-11 20:07 | 古書日録 | Comments(0)
<< 二代の電お光 東京新繁昌記初篇 >>