人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
窮屈な会場になってしまい..
by sumus2013 at 09:01
おつかれさまでした。開店..
by 牛津 at 17:38
ユーモアを翻訳するとユー..
by sumus2013 at 10:23
拙著、ご紹介いただきあり..
by manrayist at 08:40
どこかで見た覚えがあった..
by sumus2018 at 20:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


近澤書店

f0307792_19494512.jpg

レッテル通信を頂戴した。今回はいつにもまして珍しい一枚があった。近澤書店、京城府中区明治町一丁目。京城府(けいじょうふ・キョンソンブ)は日本統治時代の現・ソウル特別市の呼び名である。それ以前、李氏朝鮮時代には漢城府(ハンソンブ)、その前は漢陽府(ハニャンブ)と呼ばれていた。中区とあるが、区制が導入されたのは昭和十八年六月だから、このレッテルもそれ以降ということになる。現在の明洞(ミョンドン)が統治時代には明治町と呼ばれ、日本人居住区・商業中心地となっていた。

近澤書店は出版も行っていたようである。『全国書籍商組合員名簿』(大正15年4月)には「出版及販売」として

合資会社近澤商店出版部(近澤茂平)

の名前が見えている。詳しくは下記論文を参照されたし。

「日中戦争前夜の植民地朝鮮で流通していた日本語書籍」平田賢一

どんな出版物があったのか、検索してひっかかったものだけ。

朝鮮の囘顧 和田八千穂・藤原喜蔵編 近沢書店 1945年3月
枯蘆 題字・高濱虚子 装幀・石井柏亭 清原枴童(伊勢雄) 近沢書店 昭18
朝鮮住民ノ生命表 水島治夫 近澤書店 1938

新稿 朝鮮行政法概要内田達考 著 近沢書店 1937
朝鮮行政法概要内田達孝 著 近沢書店 1936
朝鮮行政法概要内田達孝 著 近沢書店 1935
全訂 朝鮮行政法概要内田達孝 著 近沢書店 1935
全訂 朝鮮行政法概要 : 全 内田達孝 著 近沢書店 1934
朝鮮行政法概要内田達孝 著 近沢書店 1934
朝鮮行政法概要 : 全 内田達孝 著 近沢書店 1933

京城医学専門学校一覧 : 昭和14年..京城医学専門学校 編近沢印刷部 1939
京城医学専門学校一覧 : 昭和14年..京城医学専門学校 編京城医学専門学校 1939
京城医学専門学校一覧 : 昭和13年..京城医学専門学校 編近沢印刷部 1938
京城医学専門学校一覧 : 昭和12年..京城医学専門学校 編京城医学専門学校 1937
京城医学専門学校一覧 : 昭和11年..京城医学専門学校 編近沢印刷部京城1936
京城医学専門学校一覧 : 昭和10年..京城医学専門学校 編近沢印刷部京城1935
京城医学専門学校一覧 : 昭和9年..京城医学専門学校 編近沢印刷部京城1934

もっとよく探せばいろいろ出てきそうだ。

ご教示いただきました。明治町1丁目には明治座があったそうです(現在は明洞芸術劇場)。

f0307792_07093837.jpg
明治座 1937(ウィキより)





by sumus2013 | 2019-07-23 20:25 | 古書日録 | Comments(0)
<< 仮面城 パゾリーニの青春 >>