人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
台風での中止、以前もあり..
by sumus2013 at 07:54
明日(15日)の納涼古本..
by 神保町のオタ at 17:44
そうだったんですか、そう..
by sumus2013 at 08:45
早々に取り上げていただき..
by monsieurk at 22:25
早々と有難うございました..
by sumus2013 at 19:04
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


紙にふれて、作って、楽しむ

f0307792_19521066.jpg
大津市高砂町の高台より琵琶湖を望む


f0307792_19521412.jpg
あまつちホール友遊館


f0307792_19521928.jpg
ワークショップ準備中の参加者のみなさん
手前は拙作段ボール短冊の展示


f0307792_19522593.jpg
手前:マヤルカ書店  奥:善行堂


紙にふれて、作って、楽しむ」無事終了しました。それなりに盛会でした。一乗寺りてん堂さんの活版印刷実演が興味深いものでした。


*****

f0307792_19102992.jpg

大津市のあまつちホール友遊館で開催される「紙にふれて、作って、楽しむ」というイベントに参加します。紙ということで、いろいろ考えましたが、今回は、段ボール・アートというコンセプトでクーシュ・シリーズを出展する他に、段ボールを利用したオリジナル短冊を作ってみました(上写真)。一部には拙い筆で尾崎放哉の句をしたためてみました。模様だけの短冊も多数用意しています。お閑な方は、ぜひ、琵琶湖畔まで足を伸ばしてみでください。古本もあるでヨ〜

《「紙」は人と人とのコミニケーションツールとして長きにわたり使用されてきました。しかし、現在では電子化の傾向が広まり、ツールとしての存在価値はかつてほど高くはなくなってきました。実際に紙に触れる機会も以前に比べて減ってきたのではないでしょうか。そこで、「紙」にはただ単にツールとして使用される以外に、その色や手触りなど、人の心にのこる存在として、もっと「紙」に触れてもられる機会を作りたいと、このようなイベントを企画しました。
子どもも若者も親子もお年寄りも「紙」を使った様々なワークショップ、物販、フードで楽しい一日を過ごしていただけるようなイベンにしたいと思っております。》(主催者)

開催内容

◉ワークショップ
りてん堂(活版印刷ワークショップ)
豆本屋おさが(簡単な製本体験《角背上製本/豆本ストラップ》)
I. L. K《イルク》ロウ引き
ケる子(似顔絵)
伊地智写真型製作所(シルクスクリーン)

フードドリンク
Lumimaku+

◉物販
マヤルカ古書店
古書善行堂
林哲夫



紙にふれて、作って、楽しむ
2019年6月2

あまつちホール友遊館
https://www.facebook.com/pages/あまつち教会/1736300949973016
滋賀県大津市高砂町39-19
あまつち教会 あまつちホール友遊館
077-522-8457

JR湖西線大津京駅から車で約5分
京阪浜大津駅から車で約15分

by sumus2013 | 2019-06-02 20:06 | もよおしいろいろ | Comments(3)
Commented by 神保町のオタ at 2019-05-31 05:57 x
記事とは関係ないですが、今日(5月31日)の京都新聞朝刊にヘリングさんが(*_*)
Commented by sumus2013 at 2019-05-31 08:08
捕まった、わけじゃないですよね(笑)。こんど見せてもらいましょう。
Commented by sumus2013 at 2019-06-01 20:53
大きな紹介記事ですね! 千客万来へ。
<< 手フート 貞柳翁狂歌全集類題 >>