林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


奇想の系譜

f0307792_16324067.jpg

あまりに有名でつい読みそびれていた辻惟雄『奇想の系譜』(ちくま学芸文庫、二〇〇六年四月十日五刷)をようやく。この文庫(定価1300円)も五刷とは、さすがだ。今となっては特段目新しい内容でない、というか、現在はこの本に登場する絵師たちが展覧会でも花形の地位に着いているのである。なかでも若冲の人気はひときわ高く、異常とも思えるほどだし、国芳も、狩野山楽、山雪もしかり、長澤蘆雪、岩佐又兵衛、曾我蕭白もそうである。初版は一九七〇年、要するに本書が昭和末期から平成にかけて(世紀末でもあった)の日本の近世美術の評価、方向性を定めた、と言えるわけだ。

これらの絵師たちはいずれも在世中はその「奇想」によって高い人気を博していた、ある意味スーパースターだったのだが、明治維新後にその存在が無視され始めることになる。なんとなく、短絡的に、軍国主義の風潮によって消されてしまうように見える、と推量しておく。だとすれば、彼らの桁外れなイメージというものは「平和」の産物なのかもしれない。血と異形に飢えた(あるいは脅かされた)平和である。

ということで、雲遅空想美術館の所蔵庫より、先年、ある古書店で求めた蕭白らしき掛軸を出してみた。

f0307792_16321494.jpg

ご覧の通り、宝玉?を見つけた蓬髪で異貌の人物が描かれている。印のひとつは蕭白と読めるように思うが、いかが。

f0307792_16321943.jpg


f0307792_16322339.jpg

本物なら、まさにお宝発見であるが、残念ながら、これは木版画なのだ。いつ頃作られたのか、手掛かりも何も見当たらない。そう新しいとも思えないけれど・・・乞ご教示。摺りはなかなかだと思う。

by sumus2013 | 2019-01-14 17:30 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 奇想の系譜さらに A FAR ROCKAWAY ... >>