林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ダイヤモンド|因数猫分解

f0307792_16340628.jpg

伊藤重夫『ダイヤモンド|因数猫分解』(田中敦子+踊るミシン復刊会、二〇十八年十一月二〇日)読了。

『踊るミシン』復刊

収められているのは「塔をめぐってより」『夜行』1982、「コートにすみれ」『COMICBOX』1984、「ワルキューレ1」『夜行』1984、「ママレードのプリンセス」『COMIC ばく』1984、「因数猫分解」『CHRIS No.005』1989?、「ダイヤモンド」『A*ha』1990-91、他小品。

伊藤重夫の世界がたっぷり楽しめる。神戸の風物や歴史(タルホも登場)がバックグラウンド(あるいはバックボーン)としてしっかり描かれているのがまず目立つ特徴のひとつ。そして物語としてのキッチリした結構の上に、大胆なコマ割りと練られた会話で登場人物たちを踊らせ、全体を含羞に包まれた青春ドラマとして精緻な仕上がりに導く。とくに「ダイヤモンド」の色彩の艶やかさには目を瞠った。まさにバブリーな時代の繁栄を反映しているように思えて(『A*ha』という漫画誌が鳴り物入りで創刊されたことがなつかしく思い出される)、ある意味、この復刊は、絶妙のタイミング、なのではないかと思ったりもする。

f0307792_16340148.jpg

《かつて僕は某大手出版社から。5回分の漫画を依頼された。そして第二話の原稿を渡した後に、その作品は失敗だと思いいたった。新しく短編を描いて渡し、いままでの分は破棄してくれるようお願いした。これが唯一出版社から依頼されて描いた漫画だ。それ以降、作品は出来上がった後しばらく持っていて、何度も描き直しをするようになる。そしてこのことが、一冊分の描き下ろしをやるきっかけだった。描き下ろしだから、頁の順番どおりに描く必要はなく始まりを描いた後、最後の方に手を付けたり、中間を描いたりした。最後にエピソードを外に出した。》(あとがき)

自らの思うがままに描いて高い完成度に達するというのが、おそらく最も難しい。よほど確たるヴィジョンと固い意思がないと未完のまま終わってしまうだろう。伊藤氏のように可能な限り自分に正直に生きたいものである。

by sumus2013 | 2019-01-09 20:28 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 無花果珍寶EACH萼秘寶展観 秘蔵されていたアート・ブック >>