林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コーヒーカップの耳

f0307792_17231671.jpg

今村欣史詩集『コーヒーカップの耳』(編集工房ノア、二〇〇一年六月一日二刷)。個展会場にて頂戴しました。御礼申し上げます。帰宅の電車中で面白く読ませていただいた。

喫茶店のカウンターで常連の客がマスター相手に身の上話をする、それを写し取ったスタイルである。

《カウンター席にお座りになるお客さまは、みな話好きである。一様に明るい。ところが実は、淋しがりやでもある。胸の中に、誰にでも話せないものを抱えておられることが多い。とてもここには載せられない、深刻で陰惨な話もある。それを私には包み隠さず、つとめて明るく話して下さる。ありがたいと思っている。》

これは著者の前書きであるが、安水稔和氏(今村氏の師)による懇切かつ長文(八ページにわたる)の跋によれば、本書に先立つ私家版の詩集も息子さんや娘さんの幼い頃の語りをまとめたものだそうだ。安水氏はそういうスタイルの詩集を「口頭詩集」と呼んでいる。こどもの絵が面白いように、こどもの言葉も思わぬ発想の飛躍に驚かされることがしばしばある。例えば児童雑誌『きりん』にもそんな詩がいっぱいだ。

なるほど、そうか、本書は大人の『きりん』なのだ。一篇だけ全文を引用させてもらう。粒ぞろいなので、どれにするか、かなり迷ったが、「年齢」を選んでみた。


 救急車の中で お年は? と訊かれたんで六
 十歳て答えてやったんです。そしたら嫁はん
 薄れる意識の中から「まだ五十九」て言いま
 してん。たしかに六十まであと二月おました。
 そやのに 仏事は数えですよってに葬式は六
 十一で出してしもうて。今からおもたら 嘘
 ついてでも五十九で出してやったら良かった
 な おもてます。


「二月」にはルビ「ふたつき」、「数え」には傍点がある。これはまだ軽い方で、もっともっと重いテーマの作品もあれば、笑いを誘うベタな関西風もある。それらの取り合わせ、というか構成も良くできている。

今村氏は大人たちの言葉を代弁(代書)する語り部、あるいは口寄せ(?)なのだろうか。いや、ドキュメンタリーが必ずしも事実そのものでないように、どうも本書を何度か読み直していると、ここに描かれたドラマは極めて巧みな詩人の仕業に違いないと思われてくるのだった。

by sumus2013 | 2018-12-18 20:21 | おすすめ本棚 | Comments(3)
Commented by imamura at 2018-12-18 21:58 x
古いものを差し上げて失礼しました。にもかかわらず、丁寧な紹介をして頂きましてありがとうございます。
Commented by sumus2013 at 2018-12-19 08:00
「深夜食堂」みたいに映画にできそうですね!
Commented by imamura at 2018-12-19 08:54 x
ありがとうございます。宮崎翁からも「いいオムニバス映画になりますね」と言われたのを思い出しました。また、NHKの名プロデューサーだった吉田直哉氏に評価していただいたのですが、氏は病を得ておられて、ほどなく亡くなられました。もう昔のことです。
<< 林哲夫作品展 父の仕事場 父の仕事場その7 >>