林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
還暦ですか! 福岡さん。..
by sumus2013 at 09:03
林さん、個展のおハガキあ..
by 大島なえ at 21:19
有難うございます。これは..
by sumus2013 at 08:17
城陽市歴史民俗資料館で「..
by 神保町のオタ at 21:43
昔のビニールカバーによく..
by sumus2013 at 16:50
「名のみ知る詩人で、・・..
by 某氏です。 at 07:33
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アトリエの時間

f0307792_16490022.jpg

「松本竣介 アトリエの時間」展(大川美術館)の図録を頂戴しました。深謝いたします。「アトリエの時間」は十二月二日までで終了したが、チラシによれば、竣介のアトリエを再現したしつらえとともに「読書の時間」「子どもの時間」「街歩きの時間」と特集展示は続く。詳しくは同美術館サイトにて。

f0307792_16490754.jpg
f0307792_16491403.jpg
f0307792_16491087.jpg


竣介のアトリエには本棚があった。本図録に掲載されている「松本莞さんに聞く アトリエの「モノ」をめぐって」(松本莞は次男)によれば、

《家具屋に作らせた本棚なんですけれど、手作業でレンガを重ねたり、箱を置き、厚みのある板を渡して台を作って、その上に置いてましたね。
宮沢賢治が何時も定位置なのは印象深く覚えています。》

《確かに書籍は、竣介にとってかけがえのない大切なもの、と言うより、聴覚を失うということは、知識を得るための情報の殆どを、目から獲得するしかない訳ですから。
母から聞いた話ですが、竣介は、自分の本棚を誰かに見られることを大変恥ずかしいと言っていたそうです。

《俊介は、とても本を大切にしていましたからね。本を汚すことを嫌った。線を引いたり、書き込みをしたりすることも殆どしなかった、というよりも、抜き書き、書き写しをよくしてたみたいです。そんなノートも遺ってますね。》

桐生か・・・一度訪ねてみたい場所である。


[PR]
by sumus2013 | 2018-12-04 17:37 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 現代画廊の案内状 もよおしいろいろ >>