林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
還暦ですか! 福岡さん。..
by sumus2013 at 09:03
林さん、個展のおハガキあ..
by 大島なえ at 21:19
有難うございます。これは..
by sumus2013 at 08:17
城陽市歴史民俗資料館で「..
by 神保町のオタ at 21:43
昔のビニールカバーによく..
by sumus2013 at 16:50
「名のみ知る詩人で、・・..
by 某氏です。 at 07:33
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


APIED VOL.32

f0307792_17313218.jpg

『APIED』32号(アピエ、二〇一八年一一月一二日、表紙装画=山下陽子)届く。寺山修司特集。そんなに熱心に読んだり観たりしたことは、個人的にはないのだが、短歌の鮮やかさに舌を巻いた出会いの印象は褪せようもない。

金沢一志「月とレコード」は北園克衛との関係について。これは寺山の逆鱗のありかを示唆している。

《寺山修司は北園克衛傘下で三年ほど詩作した。年齢でいえば十八歳から二十歳、入退院をくりかえしていた早大入学後の黎明期、九條今日子による「寺山修司・以前」のことである。》

なるほど、あの砂糖菓子のような一群の詩は北園直伝のものだったのか(!?)。しかし、だからこそ寺山は近代詩のアンソロジーに北園作品を決して選ばないのだ。さらに北園のもとで書かれた自作は『われに五月を』(作品社、一九五七年)に収録されてはいるが

《いずれも大きく改変されていて、初出を留めている詩はひとつもない。》《そしてこの本そのものが、生前に編まれた年譜や著作一覧のほとんどから外されている。八〇年代に企画された全集では一冊まるごとが収録対象外で、没後に刊行された『寺山修司全詩歌句』(思潮社、一九八六)にも採録されなかった。》

というのだから、消し去りたい過去だった。人は誰でも自分の本当の姿を目の当たりにしたくないもの。とは言え、師弟関係を切り捨ててしまった、というわけではなかった。そこが複雑なところ。北園の詩の展覧会には寺山の姿があった。

《会場ではテープ音楽の聴取から8ミリ映画の上映、即興の演奏がおこなわれて、だれも詩の展覧会とは思わない。六〇年代、そんな奇妙な会場を寺山修司が多忙を縫ってひとりでおとずれ、北園克衛と交歓する光景がしばしばみられた。もごもごとあいさつする寺山に皮肉交じりに活躍を褒める北園克衛、ふたつの人影はどこからみても典型的な師弟のそれであったという。

いや、面白い。他に赤塚麻里「寺山作品から見る青森言葉へのこだわりー『マイ・フェア・レディ』と『舞子はレディ』の方言に着目して」もなかなかいいところ突いている。タモリの寺山修司のものまねを思い出した。

「善行堂通信」は「せとうち文学叢書」と『詩ぃちゃん』について。


中尾務氏より『VIKING』861号を頂戴した。氏の「〈はか[二字傍点]のゆかぬ〉久坂葉子本出版富士正晴調査余滴」が久坂の死から始まる富士正晴の久坂本出版における難行を丁寧にたどった労作。

春日井ひとし氏より『昭和八年文学者のいる風景その9 昭和八年の織田作之助(下)三人と『三人』』を頂戴した。前号のつづき。竹内勝太郎をめぐる青春群像が丹念な資料の読み込み作業によって再現されている。こちらも力作です。

矢部登氏より『田端人』第五冊を頂戴した。東京を歩きそして本を歩き絵を歩く、これ以上ない境地である。毎度いただく度にいつの日か小生もこんなものを出してみたいと思わせられる(サムデイ・ネヴァー・カムという声がどこかで・・・)。

大阪圭吉単行本未収録作品集1 花嫁と仮髪』(盛林堂ミステリアス文庫、二〇一八年一一月二五日)届く。表題作が面白くてついつい一気読みしてしまった。大阪圭吉の長編が読みたくなる。


[PR]
by sumus2013 | 2018-12-02 21:45 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< ポストイット? 奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣 >>