林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
還暦ですか! 福岡さん。..
by sumus2013 at 09:03
林さん、個展のおハガキあ..
by 大島なえ at 21:19
有難うございます。これは..
by sumus2013 at 08:17
城陽市歴史民俗資料館で「..
by 神保町のオタ at 21:43
昔のビニールカバーによく..
by sumus2013 at 16:50
「名のみ知る詩人で、・・..
by 某氏です。 at 07:33
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣

f0307792_17022292.jpg

城陽市へ。近鉄の急行と普通を乗り継いで寺田駅下車。閑静な住宅地。高い建物はほとんど見当たらない。同志社女子大の寮の前を過ぎてもう少し南下すると、文化パルク城陽の威容がドーンと現れる。その西館四階に城陽市歴史民俗資料館があり、そこで神保町のオタどんがコメントしてくれた「奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣 寺田出身の青年が作った大正文化サロン」展が開催されているのだ(十二月十六日まで)。

副題にあるように奥田駒蔵が寺田の出身なのだった。これについてはやはりオタどんのブログに教えてもらって以前紹介したことがあった。

メイゾン鴻之巣

そのときに引用した記事を書いたのが奥田万里女史で、ご主人が奥田駒蔵の孫に当たるという縁から徹底した資料調査を行なっておられる。その目下の決定版が『大正文士のサロンを作った男 奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣』(幻戯書房、二〇一五年五月二五日)であり、その内容に沿って本展も構成されているようだった。

f0307792_17021544.jpg

以前、実物が見たいと書いた『カフェエ夜話』の第一号(日本近代文学館蔵)が展示され、内容の一部がコピーされて張り出されていたのは参考になった。奥田駒蔵が自ら描いた掛軸や色紙、書簡なども多数並んでいた。かなりの趣味人だったことが分かる。奥田女史の著書の他に、本展図録も販売されており、これはたいへん重宝な「メイゾン鴻乃巣」のまとめになっている。

カフェエ夜話

駒蔵と照吉


帰途は近鉄の普通電車にて京都へ向かい、東寺駅で降りてすぐとなりにあるブックオフをのぞく。一度入ってみたかったが、機会を逃していた。文庫本一冊求め、そこからバスで帰宅。秋の午後、気持ちのいい散歩になった。

[PR]
by sumus2013 | 2018-12-01 19:41 | 喫茶店の時代 | Comments(0)
<< APIED VOL.32 俳家列伝発句案内 >>