林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
還暦ですか! 福岡さん。..
by sumus2013 at 09:03
林さん、個展のおハガキあ..
by 大島なえ at 21:19
有難うございます。これは..
by sumus2013 at 08:17
城陽市歴史民俗資料館で「..
by 神保町のオタ at 21:43
昔のビニールカバーによく..
by sumus2013 at 16:50
「名のみ知る詩人で、・・..
by 某氏です。 at 07:33
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


俳家列伝発句案内

f0307792_19262818.jpg


『俳家列伝発句案内』(武田交盛館+富田文陽堂、大正七年三月二十五日四版)。本文が弘道軒清朝体で印刷されているので参考に求めた。列伝とあるように松永貞徳から始まって櫻井吏登まで六十六人の伝が上欄に列記されている。下段はほぼすべて発句の羅列だが、句の分類は切れ字などの説明ごとになっており、短い解説がついている。

f0307792_19262328.jpg

弘道軒清朝体活字の世界


ざっとめくると小西来山の名前が出ていた。来山については二年余り前に取り上げたことがある。

けられとてちん
https://sumus2013.exblog.jp/25116896/

本書に出ている小西来山の伝記を引き写しておく。

来山は、泉洲堺の産なり幼にして、父母を失ひしかば、親族其の家に人を為る、常に読書を好みて、手之を離したることなしと云ふ、人と為り放縦にして、常に酒を嗜み、曽て醒むる時なかりきとぞ、然れども博聞強記、一を聞いて十を知るの奇才を備へしかば、年二十ならさるに、立机して俳宗となり、中華壇林の翹楚と仰がれたり、後摂津の今宮村に幽棲し、独吟十万句を吐きしより、十萬堂の号あり、また堪々翁と号せり、生涯娶らず、常に小さき女人形を愛して、これを座右に置けり、其の記あり、これを左に記す、享保元年正月三日、享年六十有三にして歿す、辞世の狂歌あり、曰く
 来山はうまれた咎で死ぬるなりそれで恨みも何もかもなし》

女人形の記は略す。ざっと見たところ、収録されている来山の発句は以下の通り。

  招まねく度たび人になしたきすすき哉

  中々に巨燵こたつがあいて寒さ哉

  涼しさに四橋よつばしを四つ渡りけり

  春雨や巨燵こたつの外へ足を出志



[PR]
by sumus2013 | 2018-11-30 19:03 | 古書日録 | Comments(0)
<< 奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣 神戸・もとまち古本市 >>