林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ひととせも

f0307792_19261703.jpg


筆勢がいいなと思って買ってはみたものの、さて、どう読めばいいのやら。左行末の二文字は「月堂」か。

by sumus2013 | 2018-11-28 19:37 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented by epokhe at 2019-01-09 01:38 x
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。随分とご無沙汰しました。
こんな風に読んでみましたがどうでしょうか。

ひととせも のとけからなむ 初春の けさのこころを心ともせは 月堂
(一年も のどけからなむ初春の 今朝の心を心ともせば)
Commented by sumus2013 at 2019-01-09 08:10
本年もどうぞよろしくご教示ください。さすがです。腑に落ちました。
<< 神戸・もとまち古本市 書窓 vol2 no5 >>