林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
還暦ですか! 福岡さん。..
by sumus2013 at 09:03
林さん、個展のおハガキあ..
by 大島なえ at 21:19
有難うございます。これは..
by sumus2013 at 08:17
城陽市歴史民俗資料館で「..
by 神保町のオタ at 21:43
昔のビニールカバーによく..
by sumus2013 at 16:50
「名のみ知る詩人で、・・..
by 某氏です。 at 07:33
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


帷子耀習作集成

f0307792_19530178.jpg

『帷子耀習作集成』(思潮社、二〇一八年一〇月一日、装本=井原靖章)を某氏が贈ってくださった。少し前に拙ブログの帷子耀を取り上げた記事にアクセスが集中していた時期があった。なんでかな、といぶかしく思っていたら、本書が刊行されたためだということを知った。買うほどの思い入れはないが、ちょっとのぞいては見たかった。深謝です。

現代詩手帖

某氏は《帷子耀は名のみ知る詩人で、『スタジアムのために』は下北沢の古書店でビニールカバーがヨレヨレになったものを数年前に買ったことがあるのです》というからさすがの古本者である。

本書に収められている藤原安紀子「ひとのくちをかりた杙がひとりでにうごく」によれば詩人としての帷子耀とはおおよそこういう活動をした。

《詩人帷子耀。その人物像についてわたしの知ることは多くない。1968年当時13歳であったその人は、雑誌「現代詩手帖」(思潮社)の新人作品募集欄に投稿をはじめる。即座に頭角をあらわし入選をかさねたのち、2年後の1970年に第10回現代詩手帖賞を受賞する。

《また、投稿と並行して、当時最前衛といわれた金石稔主宰の同人誌「騒騒」に相次いで作品を発表する。詩作品のみならず論考や映画評なども各種雑誌へ寄稿した。受賞後に「現代詩手帖」編集部から詩集上梓へのオファーがあったものの、実現には至らなかった。ただ一冊のみ、『スタジアムのために』という詩集を書き下ろししている。その薄い書物は、創立したばかりの書肆山田が発行していた小冊子「草子」シリーズの別冊「草子別」として編まれ、1973年に刊行された。

《そして詩人は筆を絶った。
 13歳から19歳までのわずか7年間にセンセーショナルな作品を大量に発表し、突如断筆した伝説の詩人。遅れて詩を書きはじめた者は、そんな彼の奇談めいた噂を耳にするのみである。》

作品についてどうこう書くつもりはないが、チラリとめくっただけで時代の匂いが強烈に発散してくるのを感じる。一行一行一語一語が喚起する時代のイメージがうっとうしいくらい。帷子耀は小生と同い年。まさしく同時代に生きていた(いる)。生きてはいたが、小生はそんなに早くから目覚めていなかった(ひょっとして今もまだ寝ぼけてまなこかも)ため、それらの詩行から湧いてくるイメージはかなり貧弱に違いない。だいたい『現代詩手帖』なんて存在すら知らなかったし。しかし、本書の成立に少なからず影響を持ったと思われる四方田犬彦氏(二歳年長、帷子耀デビュー当時高校生)ならビンビン響いてくるものがあった、今でもあるのだろうと推察する。そういう作品だ。パンドラの箱、開けずにはおられないという感じ。

装幀がこれまた凝りに凝っている。ハードカバーの表紙にはタイトルが彫って(?)ある! ビックリ。

f0307792_20121498.jpg
f0307792_20121836.jpg


f0307792_20122283.jpg

f0307792_20123318.jpg

f0307792_20122962.jpg


f0307792_20125528.jpg
著者サイン入り、右は検印紙?



思潮社新刊情報 『帷子耀習作集成』

古書ソオダ水 Twitter(サイン本)


[PR]
by sumus2013 | 2018-11-21 21:13 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by 某氏です。 at 2018-11-22 07:33 x
「名のみ知る詩人で、・・・・買ったことがあるのです」は、日本語としてちょっと変ですけれど(笑)、詩集一冊を読んでも遠い存在のままだった印象が残っています。ヨレヨレ(というか、縮んでしまった)のビニールカバーは、引っ張っても伸びませんでした。
Commented by sumus2013 at 2018-11-22 16:50
昔のビニールカバーによくありますね! 意外といいのかもしれないな、と拾い読みしながら思っています。
<< 〈異〉なる関西 改正増補物理階梯 >>