林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
書き込みいただき有難うご..
by sumus2013 at 16:21
小生も大切な本には、イチ..
by 岩田 at 20:35
出水春三は私の亡くなった..
by 驚きました at 22:03
桑山太市さんですね。
by 相馬 at 23:30
かつて幕府の地方代官家に..
by koganemaru at 08:21
そうすると飼い主と同い年..
by sumus2013 at 07:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


秋の古本まつり

f0307792_20211071.jpg
f0307792_20211955.jpg


f0307792_20210232.jpg
f0307792_20205997.jpg
f0307792_20212209.jpg
f0307792_20212620.jpg
f0307792_20211442.jpg
f0307792_20210621.jpg

多少肌寒いくらいで、古書に没頭するにはもってこいの陽気だった。例年通り、まず臨川書店をのぞく。今年は午前九時開店だったが、さすがに九時前に乗り込むのははしたない(?)と思い、九時二十分頃に到着、黒山のひとだかり(第一陣)。驚くほど安い。OEDの縮刷版が二千円というのを見た隣のご老人が「安いなあ・・・」とため息をもらしておられた(本は巨大でした)。できるだけ買わないつもりだったのだが、わりと筋のいいフランス語のペーパーバックが百冊くらいあった。つい手がでてしまう。下写真、これだけ全部で300円也。パリで買ったら20ユーロくらいはしそう・・・

f0307792_20213756.jpg

知恩寺の山門をくぐって一直線に三冊五百円の和本コーナーへ向かう。案外人気のスポットで、すでに開店前から、七、八人が台の周りを囲んでいる。そのうち外国の方が六人くらいだったかな。ちょうど扉野氏が通りかかって今年も開催される「百年のわたくし」の案内ハガキを渡してくれた。これは楽しみ。

定刻、ビニールカバーが開かれるや、もうしっちゃかめっちゃか、きれいに積み上げられていた和本の山がみるみる崩れて何が何だか分からなくなる。とにかく「これは」と思ったものをどんどん抱え込み、さらに足元に置き、少しずつ移動しながら台の周りを二回転くらい、ほぼ全冊を手に取った。と思ったら、そこへドサリと追加がくる。あわてて奪い合うようにチェック。

少し離れた石碑の基壇で選り分け作業。収穫としては、昨年ほどではなかったかもしれないが、ブログ・ネタにはなりそうな書き入れや蔵書印などのある「痕跡本」を何冊か入手。

体調を崩されていたMさんも姿を見せておられたので、十二時に集合して善行堂らと進々堂で昼食。開始早々すごい本を発見した人がいたという話を善行堂から聞かされる。あるところにはあるし、出会う人は出会うのだ。その話を聞いた善行堂は手にしていた本を平台に戻したとか(あまりに貧弱に思えて)。当然、気を取り直して昼前には何袋も提げていたけど。

その後、マン・レイさんも来られたのでしばらく近況などを話題に。ブログ「マン・レイと余白で」は移転しています。

[PR]
by sumus2013 | 2018-10-31 21:10 | 古書日録 | Comments(0)
<< 樗 昭和ガキ伝 >>