人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013


なごみ10月号

f0307792_16352352.jpg

『なごみ』通巻466号(淡交社、二〇一八年一〇月一日)の恵贈をたまわった。というのは、先日のメリーゴーランド京都での個展の様子が掲載されているため。南陀楼綾繁氏が「今月の旅人」という記事に登場、京都市内の本に関するスポットを巡っている、その中でメリゴにも立寄ってくれた、というわけ。この取材の翌日「『蒐める人』刊行記念トークイベント」が開催された。

f0307792_16353887.jpg
南陀楼氏のルートというのが、さすが本業という感じである。ZINEを展示するバックス画材、活版印刷所:りてん堂、古書ヘリング、メリゴ、立ち飲み屋兼食の本屋:レボリューションブックス、CAFすずなり、芸艸堂、京極スタンド、便利堂、京都芸術センター図書館、三月書房、ヨゾラ舎、尚学堂。二日間でこれだけまわったのは立派。

f0307792_16353370.jpg
詠草 後西天皇筆


f0307792_16353568.jpg
消息 中和門院筆

十月号の特集も興味深く眺めた。大特集;予楽院 近衛家煕の典雅。
家煕(いえひろ 寛文七1667〜元文元1736)近衛家二十一代当主。書画茶、有職故実はもちろん自然科学にも通じた、博学多才な人物、そしてコレクターであった。二十代から三十代にかけて元禄バブルを享受した或る種のルネサンス人である。

図版のなかでとくに興味を惹かれたのは「予楽院表具」。

《錦や刺繍など色鮮やかな裂で彩られた表具の数々。大胆かつ上品なこれらは予楽院表具」と呼ばれ。他に類を見ない。予楽院表具の書には、家煕による箱も付属する。中央が少し盛り上がった蓋、革紐、そして家煕自筆の題箋が二枚付けられている。『槐記』享保十一年(一七二六)六月十二日条で、山科道安は、家煕の描いた絵を拝領する際に、家煕自身が表具と箱を作らせたと述べている。

《表具の法は二十七通りあり、その雛形を作った、と家煕が述べたとされている。

家煕は書の内容によって裂を使い分けた。当たり前とは思うが、そのレベルが下々とは少々違う。上の「詠草」の花鳥の中廻しは明の刺繍裂。というのは天皇の宸翰には明の刺繍裂を用いると決めていたらしい。そして、藤原氏には清の刺繍裂、女院には日本製の縫箔だったという。

これら以外の記事も、茶道を中心に置きながら、さまざまな分野に亘っている。『なごみ』の内容の多彩さに驚かされた。

by sumus2013 | 2018-09-30 17:17 | 画家=林哲夫 | Comments(0)
<< 鳥の棲む氷の国 黄金時代 >>