人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


明治の書店票

f0307792_16381217.jpg

大日本レトロ図版研Q所より明治時代の書店票の画像を頂戴したので紹介しておく。珍品ぞろい。まずは育英舎編輯所編『高等小學明治讀本巻八』(阪上半七、明治二十九年十一月十七日発行、訂正再版)の扉に貼付されている和歌山市の宮井宗兵衛本店・支店。う〜む、《厘毛引なしすべて現金》という文言が凄い。検索してみると宮井平安堂は宮井新聞舗として健在であった。

f0307792_16381885.jpg




次は京都の若林春和堂。大槻修二『改正日本地誌要略巻之一』(柳原喜兵衛他、明治十九年五月三十一日出版納本)の奥付頁に貼られている。若林春和堂については平澤一『書物航游』(新泉社、一九九〇年)に詳しい。

f0307792_17204604.jpg

f0307792_17204923.jpg



こちらは青木輔清『小學博物指教』(同盟舎、明治十四年初夏)。扉に貼付されているが、書店票ではなく、検印紙であろうか。飾り文字は「蔵書記」、菱形のマークは同盟舎の「同」のようだ。

関場武「明治期の辞書・字典--青木輔清の著作の中から」

f0307792_17264771.jpg


f0307792_17264590.jpg




もうひとつ大槻文彦『言海』(大槻文彦、明治二十九年八月十日第十版)に貼られている一枚、これもやはり検印紙?

 ことばのうみ
 ウリダシテガタ
 すりだし
 の
 かぶぬし
 おほつきふみひこ

 印[たひらのふみひこ]

f0307792_19432296.jpg

f0307792_19432606.jpg


面白い。こういうのをたくさん集めて図録を作ってみたいものだなあ・・・

by sumus2013 | 2018-09-19 20:00 | 古書日録 | Comments(0)
<< ひゐき HEROIN >>