林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ネットで絵を買う

f0307792_17101906.jpg

ギャラリー島田発行のフリーペーパー『Gallery SHIMADA & Art Support Center Kobe INFORMATION』(ギャラリー島田、二〇一八年一〇月)に「美の散歩道」というエッセイ・コーナーがある。テーマは自由とのことだったので「ネットで絵を買う」という短文を書かせてもらった。ここ何年かヤフオクで絵を買っている(古本をネットで買うことは非常にまれです)。もちろん高額な作品は手がでないので、お小遣い程度で買える範囲内で、である。そのへんのアレコレを。

上の写真は最近入手したなかでは多少自慢できるかなと思う一点。ジャック・カロ(1592-1637)の銅版画。しかも額付きだった。タイトルは上部に記入されている。「Entrée des sieurs de Vroncourt Tyllon et Marimont」。検索してみると一六二七年頃作。

《The engraving is part of "Le combat a la Barriere" by Hynry Humbert, a serie of 10 etchings made to celebrate the feast which took place on the 14th of February 1627 in honour of the Dutchess of Chevreuse.》

Hynry Humbertによる「バリエールの戦い」のための十点連作の内の一点のようだ。当然ながらネットオークションでは画像だけで判断するため、現物が届くまでは複製版画または印刷物じゃないかと心配だったが、これはまず間違いないもののように思う。額縁も絵に相応するレベルである。

とは言え、こういう珍品に出会うことはほとんどない。ただし「ほとんどない」であって「決してない」ではないところが魅力というか魔力だろう。「他人の絵買ってどうすんの!」という声が近くから聞こえて来そうだが……。


by sumus2013 | 2018-09-12 20:11 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)
<< 固形説 きんりん なしのつぶて ピメン... >>