林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エドワード・ゴーリー

f0307792_20241570.jpg

『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』(河出書房新社、二〇一八年二月二八日二刷)。オビに《日本初、展覧会公式図録》とある。明日まで八王子夢美術館で開催中、その後は新潟市新津美術館へ。二〇一六年には伊丹でも開催されていたらしい、見逃した、残念。だから本書の初版は二〇一六年。

《本展は、ゴーリーの没後、エドワード・ゴーリー公益信託とブランディーワイン・リバー美術館によって準備され、各国を巡回した原画展を初めて日本で展示するものです。さらに、本展では、ゴーリーの愛好家として多くの作品を収集されている濱中利信氏のコレクションを加え、貴重な原画・書籍・資料など焼く350点を展示し、ゴーリーの多彩な制作活動にみる、謎に満ちた優雅な秘密に迫ります。》(ごあいさつ)

ブランディーワイン・リバー美術館というとワイエスのファミリー美術館だったはずだが、パリッシュだとかハワード・パイルのようなアメリカの画家やイラストレーターたちの作品も収集しているようだ。

Brandywine River Museum of Art

f0307792_20241715.jpg

「ごあいさつ」で言及されている濱中利信氏がゴーリーのコレクションについて語った「ゴーリー・コレクションの愉しみ」から少し引用しよう。

《ゴーリーとの最初の出会いは、早川書房から刊行されている雑誌『ミステリ・マガジン』1976年12号に掲載された『オードリー・ゴアの遺産(1972)』でした。》《評論家・植草甚一氏の紹介というかたちで採られたものでした。植草氏がこの本を推す、という幸運がなかったら、もしかしたら、私はエドワード・ゴーリーという存在を知らずにいたかもしれません。》

《大学生になってから原書を取り寄せようと試みたのですが、インターネットのない時代にはそれなりにたいへんな作業と時間を要しました。しかもその結果、入手できたのは、舞台劇のセットを「書き割り」のように配したのみでテキストが一切ない『ドラキュラ(1979)』の一冊のみ。》

一九九六年頃、Amazon.com の存在を知り、本格的な「gorey」収集がスタートする。人と人とのつながりができる。最初に初版本を購入したアメリカの古書店主にいろいろなことを教わる。

《「コレクションを始めるなら、ヘンリー・トゥリダーノの『ゴリオグラフィー』(1996)を買いなさい。書誌はほとんど網羅されているが、書かれている『基準価格』は今ではかなり低いので注意。古書店が付ける本の状態を示す『VG(Very Good)』は『ボロボロ』から『かなり綺麗』まで幅が広いので気をつけろ」等々。そして購入した本には、書籍コレクターの為の雑誌「Biblio」をオマケとして付けてくれました。それは、イラスト掲載本の特集号で、ゴーリーについてもコレクションのイロハが紹介されており、たいへん参考になりました。》

世界中のゴーリー・コレクター仲間たちともやりとりをする。情報提供やコレクションの譲渡もあった。そうしてプライマリー・ブック(ゴーリーの主著)を中心とした原画・版画・ポスターなどの収集が形成されたのだそうだ。

f0307792_20271884.jpg


f0307792_20272611.jpg
「弦のないハープ または、イアブラス氏小説を書く」より


f0307792_20273075.jpg
「忠告詩」より


帯に「世界一残酷な絵本作家?」と惹句が踊るが、世界一残酷なのはローラン・トポールです、あしからず。しかしながらトポールに通じる線描への執着が心地いい。そう言えば、トポールも早くから植草甚一が取り上げた漫画家の一人だった。さすがJ・J氏。




by sumus2013 | 2018-09-01 21:22 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 虫めづる姫君 名曲喫茶〈らんぶる〉の時代 >>