林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本棚

f0307792_20285829.jpg

ヒヨコ舎編『本棚』(アスペクト、二〇〇八年一月三一日)除籍本。後に本書と『本棚2』(二〇〇八年)とから再編集された『作家の本棚』(アスペクト文庫、二〇一二年)が刊行されている。

f0307792_20345399.jpg

写真のクオリティがバラバラで見苦しさもなきにしもあらずなれど、やはり他人の本棚をのぞくというのは楽しい。個人的に気になった頁だけ拾ってみる。


f0307792_20290432.jpg

中島らも。インタビューに答えているのは美代子夫人。ここに掲載されている本は震災後に残ったもので、かつての十分の一ほどに減ったとのこと。

《本を大事にするっていうのじゃなくて、読んだ本は置いておくけど、この本が値打ちだとか言って集めたりはしないんですね。だから本はけっこうぼろぼろで、日に焼けようが気にしなかった、読めたらいいって感じで。食べながら読んだりもするから、シミがついてたり。》


f0307792_20290658.jpg
f0307792_20290856.jpg

宇野亜喜良。

《例えば本の形をとってるんですけど、実は雑誌の『EROS』というちょっとエロティックなものがあって、このレイアウトが面白いんです。1962年のものですが、黒人と白人のエロティックな写真を載せたりとか、いろんなことで廃刊になっちゃって四冊しかないんですけど。ハーブ・ルバーリンという有名なグラフィックデザイナーの作ったものだから、文字組がきれいなんですよ。》

《これは見本を本屋のおばさんが持ってきて、日本で申し込んで買ったんです。契約だけその人にしてもらって物はアメリカから送ってもらったのかな。店を持たないでいろんなところに回って本を売る、そういう本屋のおばさんがいたんですよ。》


f0307792_20291097.jpg

川上未映子。

《書店行ってとりあえす買っとくみたいなことが、あんまりないです。本当に読みたい本しか買わないです。だから積ん読本もほとんどない。
 今は本はネットで買います。書店は行くと苦しくて。目に入ってくるし、なんでも。文字がすごいから雑誌のコーナーとか行けない。見たいものしか入ってくるなっていう気持ちのときがときどきあるから、最近は書店には行けなくて、つまらないです。》


f0307792_20291345.jpg

喜国雅彦。

《棚は「見た目重視」で並べるから、カバーのないものは、持ってる友人にカラーコピーさせてもらったり、パソコンで自作したり。最近の本は、表紙がコーティングされていて、古書と並べて置くと、チグハグ感が生まれたりするから、自作のカアーをかけてやって、背表紙を統一させたりもします。こういう作業は楽しいですね、特に仕事の締め切り前は。》


ついでに『エル・ジャポン』五月号(二〇一八年三月二八日)よりファッション・デザイナーたちの書棚。

f0307792_21013599.png


もひとつ、FBより。書斎のローレンス・ファーリンゲティ(九十九歳!)


by sumus2013 | 2018-08-25 21:12 | 古書日録 | Comments(0)
<< 本の袋 du 241 >>