林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
書き込みいただき有難うご..
by sumus2013 at 16:21
小生も大切な本には、イチ..
by 岩田 at 20:35
出水春三は私の亡くなった..
by 驚きました at 22:03
桑山太市さんですね。
by 相馬 at 23:30
かつて幕府の地方代官家に..
by koganemaru at 08:21
そうすると飼い主と同い年..
by sumus2013 at 07:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


なぜ花は匂うか

f0307792_17133478.jpg

『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』(STANDARD BOOKS, 平凡社、二〇一七年一〇月二〇日六刷)読了。牧野植物図鑑は以前架蔵していたが(今は持っていない)、エッセイを読むのは初めて。本書は短いエッセイを集めてちょうど牧野入門にもってこい。なんとも面白い人物である。

いちばん興味深く思ったのは、植物名の由来や、漢名との一致にシビアなところ。分類というのは命名ということにほぼ等しいわけだから当然と言えば当然なのだが、一般に通用している呼び名にも容赦はない。例えば「ツバキ」。

《ツバキを通常椿として書いてあるがそれは漢名ではなく、これは日本人の製した和字であるということを知っていなければならない。》

《椿の字はむろん支那の植物にもある。その植物は今は日本にも来ていて諸所に植えられてある樹で、わが邦ではこれをチャンチンとよんでいる。》

《全体どういうわけでそれをチャンチンというかと言うと、これはじつはヒャンチンの転訛でもと香椿の支那音である。》

《このチャンチンの椿は落葉灌木で大なる羽状葉を有し、梢に穂をなして淡緑色の細花を綴り、ツバキとは似ても似つかぬ樹なのである。》

《ツバキと姉妹の品にサザンカがある。》

《昔の人がこの木に山茶花の漢名をあてたことがあるので、たぶんそれからサザンカの名を生じたのではないかと思う。すなわち山茶花のサンサカが、音便によってついにサザンカに転化したのであろう。しかるに右の山茶花[さんさか]は元来ツバキの漢名であるから、これをサザンカに適用するのはまったく誤りである。

「菫」も槍玉に挙げられている。「菫」も「菫菜」もスミレとは縁がない。支那では「」がスミレであって、単なる「菫」や「菫菜」が指すのはセロリなのだと(芹、芹菜とも)。

カキツバタも「杜若」や「燕子花」と書くのは間違い、「杜若」はアオノクマタケランであり「燕子花」はオオヒエンソウである、と。

《右のように従来わが邦で用いられている漢名には、その適用を誤っているものがすこぶる多い。かのケヤキに欅の字を用い、アジサイに紫陽花を用い、ジャガイモに馬鈴薯を用い、フキに欵冬あるいは蕗を用い、ワサビに山葵菜を用い、カシに橿を用い、ヒサカキに柃を用い、ショウブに菖蒲を用い、オリーブに橄欖を用い、レンギョウに連翹を用い、スギに杉を用うるなど、その誤用の文字じつに枚挙するにいとまがない。この悪習慣が一流の学者にまで浸潤し、どれほど世人を誤っていて事体を複雑に導いているか、じつにはかり知るすべからずである。こんなわけであるから古典学者などは別として普通一般の人々は、植物の名はいっさい仮名で書けばそれでよいのである。》(カキツバタ一家言)

俵浩三『牧野植物図鑑の謎』(平凡社新書、一九九九年)によれば『植物図鑑』を改訂し『日本植物図鑑』とするときにも、その凝り性のため、改訂の仕事は遅遅として進まなかったという。

《ところが牧野は、ここでも凝り性を発揮した。学名ひとつにしても分厚い洋書を精読して、じっくり検討するのである。牧野は『植物図鑑』を改訂するとき、例えばコナラの学名が、それまでの図鑑や学術書で Quercus glandulifera Bl. とされていたことに疑問をいだいた。そこでツンベリーの『Flora Japonica』(『日本植物誌』一七八四)をじっくり読み返してみると、それまでクヌギの学名として使用されてきた Quercus serrata Thunb. こそがコナラの学名であることに確信をもち、そのように訂正したという。(『植物分類研究』下巻)

また牧野は校正にも徹底的に赤字を入れて補筆・訂正することでも有名だった。

《そういう実情だから、北隆館では『日本植物図鑑』の校正は牧野には見せなかったらしい。校正段階で大幅な手直しがあれば、さらに発行が遅れてしまうからである。

校正を著者に見せないほど、急いで出版する必要があったのか(じつはあったのです)と思ってしまうが、大正十四年九月に発行された『日本植物図鑑』には三十四ページからなる冊子の訂正表が付けられたそうである。植字工が活字を拾っていた時代だから誤字・誤植のリスクは今よりも何倍も大きかった。それにしても三十四ページの正誤表は横綱クラスであろう(第四版から訂正されたという)。

平凡社STANDARD BOOKS 第I期

[PR]
by sumus2013 | 2018-08-22 21:14 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by 岩田 at 2018-08-23 13:01 x
花の名前をさらっと漢字で書けるのは、いいなぁ!と、昔から憧れていましたが、これを読んだら平仮名で書いた方がいい様な気になりました。
Commented by sumus2013 at 2018-08-23 14:20
これらがすべて誤用だとなると・・・世の中、誤用だらけで、何が正しいのか分らなくなりますね(笑)。
<< 書肆季節社本 中井先生の >>