林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


京都マルイ夏の古本市

f0307792_17321371.jpg

京都マルイ夏の古本市での収穫。『spin 03』は一冊しか手許に保存していないので、確保できて良かった。03と04(湯川書房特集)は飛ぶように売れました。『詩集軍艦茉莉』はもちろん覆刻版。装幀=西脇マジョリー。嬉しかったのは中央のジゼル・フロインドの写真集『Gisère Freund』(Schirmer Visuelle Bibliothek 14, Schirmer-Mosel, 1989)。アドリアン・モニエとシルヴィア・ビーチのシェイクスピア書店も撮影されている。後日、あらためて紹介したい。

f0307792_17322085.jpg

場所が場所だけにひっきりなしの客足。各店舗それぞれ個性が違っていてそこでもここでも欲しい本が並んでいて困ってしまった。

by sumus2013 | 2018-08-17 08:01 | 古書日録 | Comments(0)
<< バウハウスへの応答 東雲の >>