林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
書き込みいただき有難うご..
by sumus2013 at 16:21
小生も大切な本には、イチ..
by 岩田 at 20:35
出水春三は私の亡くなった..
by 驚きました at 22:03
桑山太市さんですね。
by 相馬 at 23:30
かつて幕府の地方代官家に..
by koganemaru at 08:21
そうすると飼い主と同い年..
by sumus2013 at 07:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


びいどろ

f0307792_16411079.jpg

杉江重誠『びいどろ』(甲鳥書林、一九四二年六月一日)。久しぶりに甲鳥書林の本。この本は以前はよく見たけれど、最近はあまり目にした記憶がない。甲鳥書林の出版物を蒐集していたときに何冊か求めた覚えがある。これはまた別の一冊。函があったはず。装幀は甲鳥本らしく凝った造り。表紙に見える白い線、じつはガラス繊維のオビを貼付けてあるのだ。

f0307792_16411483.jpg

《この本の表紙には、本の名前にふさはしい工夫を加へてみたいと思つて考へて見た。出版元からもそんな意見が出たのを幸とし、新しい試みとして、ガラス糸の織物を表紙に使ふことになつた。
 ガラス織物は現在我が国でも工業的に作られて居り、その織方もいろ〜〜あるから、それらを巧みに使ひ分けたならば、本の表紙装幀に新機軸が出せると思ふたのであるが、大東亜戦争が始まつて以来、幅広のガラス織物はすべて軍需品として、多量に使用されるやうになつた。それ故に、戦争に直接必要のないこんな本に使ふなど思ひもよらないことであり、改めて軍需に余り必要のないガラス糸織リボンを利用することになつた。
 而してこの本に貼つてあるガラスリボンは、大野清一さんが、私の考へに讃意を寄せられ、特にこの本の為に贈られたものであることを記し、ここに深甚の謝意を表する次第である。又これを表紙に応用する製本技術上のことに就いては、出版元の矢倉さんと内外出版印刷会社の藤谷さんから色々考へて頂いた。》

「後記」に表紙の説明とともに矢倉年(やぐら・みのる)の名前が出ていた。またガラスを装幀に使ったものはこれまでに三種類あると書かれている。

(一)歌集「南京玉」宮川曼魚著、大正四年刊。
(二)「不謹慎な宝石」国際文献刊行会、昭和四年刊。
(三)詩集「魔女」佐藤春夫著、昭和七年初版。

f0307792_16411665.jpg
f0307792_16411875.jpg
f0307792_16412104.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2018-08-15 17:12 | 関西の出版社 | Comments(0)
<< 東雲の 聖なる館 >>