林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
熱いね!
by sumus2013 at 16:36
そんな関係があったんです..
by sumus2013 at 07:35
レッド・ツェッペリンの《..
by 小林一郎 at 03:15
猛暑です。どうぞお気にな..
by sumus2013 at 09:48
見に行けず聞きにも行け..
by arz2bee at 09:43
岩田さんとも、久しくお会..
by sumus2013 at 17:33
暑中見舞い申し上げます。..
by 岩田 at 09:48
東海鯤女九歳! なるほど..
by sumus2013 at 07:21
落款は、こうは読めないで..
by epokhe at 06:23
助かりました。検索するに..
by sumus2013 at 21:46
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


レッテル新収

f0307792_16181678.jpg

新収と言うか、再発見。まずは中澤弘光『回想の旅』(教育美術振興会、昭和十九年)の裏の見返し遊び紙に貼ってあった「イデア書房/大阪上六交叉点西入/IDEA BOOK STORE」。

f0307792_16181260.jpg

『サン・ヌゥヴェル・ヌゥヴェル 第二巻』(洛陽書院、一九四九年)には「西荻/盛林堂書房」のレッテルあり。

f0307792_16182067.jpg



そしていつもレッテル通信をくださる某氏より二点。「八勝堂書店/池袋西口」と「ブックブラザー/源喜堂書店/神田小川町]。

f0307792_16310688.jpg
《まさか閉店するとは思わなかった八勝堂、ご店主が亡くなったためとのことでしたが、一昔前の棚の構成の印象があり、あるいは今の古本者の好みとは合わなくなっていたのかもと余計な想像もします。


f0307792_16182967.jpg
《源喜堂は年一回の目録が独特、店の場所も神保町からは微妙に離れていますね。某俳人の軸が安く目録に出ていたので、受け取りに行ったことがあります。最近とみに赴く書店、また探求書の範囲が狭くなり、何も買わない、あるいはすでに読んだ、買った本をもう一度買うということが続きます。》

まったく同感なり。

[PR]
by sumus2013 | 2018-08-09 19:27 | 古書日録 | Comments(0)
<< 大塩平八郎一件 書物工芸 >>