林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蛍の灯台

f0307792_19571131.jpg

野口雨情『螢の燈臺』(童謡詩人叢書2、新潮社、一九二六年六月一五日)。装幀は竹久夢二だとする書店さんがあるが(あきつ書店)、少なくとも入手したこの状態の本書にはその記載は見えない。ただし、いかにも夢二らしいシンプルかつ華麗な図案である。まったくのジャケ買い(ジャケットじゃなくてカバーだからカバ買いですね)。天地15センチほどの愛らしさ。

f0307792_19571816.jpg

口絵には「Kiichi」のサイン。岡本帰一。

f0307792_20502176.jpg

野口雨情の童謡は小生くらいの世代(昭和三十年生まれ)でもけっこう馴染みのあるものが多い。本書のなかではっきりメロディまで口ずさめるのは「雨降りお月さん」と「兎のダンス」だけだが、保育園で踊ったような覚えもあるのだから恥ずかしい。

ざっと目を通していて面白いと思ったのは「かもめ」。

 かもめ飛んだ 飛んだ
 かもめ が 飛んだ

なんだか一昔前の流行歌にこんな歌詞がありました。それから「子供と象」も、おやっと思った。全文、青字はルビ。

 子供『象よ 象よ お鼻が
 なぜ長い

 象『お鼻で お乳を
 飲んだから

 子供『象よ 象よ お眼めめ
 なぜ小さい

 象『幼ちさいとき
 居眠りしてたから

言うまでもなく、まどみちおの「ぞうさん」を連想させる。構造は同じだ。

 ぞうさん
 ぞうさん
 おはなが ながいのね 
 そうよ
 かあさんも ながいのよ


野口雨情の活躍した明治から大正時代、日本はモダニズムに突入していたわけだが(夢二のデザインを見よ!)、童謡のテーマはほとんど鳥、虫、獣である。他に、植物、星月雪、そして人事、超自然もあるにせよ、全収録八十七篇中、鳥虫獣を扱ったものが四十二篇、ほぼ半数。それらが子供たちにとって最も身近な存在だった。

f0307792_19572062.jpg


もうひとつ。未年生まれということで羊に関する詩文や画像もそれとなく集めている。本書にはズバリ「羊來い」と題された童謡があった。メモしておこう。

 羊 來い
 來い

 牧場は
 遠い

 小さい 羊は
 くたびれる

 羊
 歸れよ

 牧場は
 暮れる

 かけて歸れよ
 トットッと


f0307792_19572298.jpg


by sumus2013 | 2018-08-02 20:57 | 古書日録 | Comments(0)
<< 古越磁羊 狂言屋 >>