林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


西洋見聞図解

f0307792_19301072.jpg

瓜生政和『西洋見聞圖解』(須原屋茂兵衛・山城屋佐兵衛他)の「前輯 全」「二編 乾」「二編 坤」三冊。大日本レトロ図版研Q所様より借覧中。すこぶる面白い内容である。

f0307792_19301618.jpg

瓜生政和、別名を梅亭金鵞(ばいていきんが)。文政四年(一八二一)江戸両国生まれ。若き日は剣の道に精進したようだが、瓜生家に入ってから人情本の松亭金水の門弟となって滑稽本の製作に励んだそうだ。明治維新の後は瓜生政和の本名で本書のような啓蒙書を著している。詳しくはウィキ「梅亭 金鵞」を参照。

「前輯 全」巻頭の揮毫「開巻有益」は萩原秋巌、巻菱湖門下の四天王の一人。蔵書印は「水山〓蔵書」…〓のところは? 「二編 乾」の序は吏隠士静巌梅村清(明治六年癸酉二月)、揮毫「掬水在手月」は千束隠士樗翁。

f0307792_19495545.jpg

本書は喫茶店資料である。二編 坤」に次のような記事が出ており「西洋人茶[せいやうじんちや]并 加非かつびい]を嗜[たし]む説」と題されている。以下引用中の水色文字は直前の漢字一〜三文字のルビ。

《英吉利いぎりすの首都やこ倫敦ろんどん仏蘭西ふらんすの首都みやこ巴黎斯ぱりすとうにて夜茶よるちやを煎せんじ親類しんるい朋友ほういうの親したしき者ものを集あつめ是これを飲ましめ往昔むかしの古事ふるごと今日の新聞何しんぶんなににまれ心こゝろの向むかふところを相互あひたがひに話はなして続夜よもすがらの楽たのしみをす是これを呼んで夜茶会やちやくわいといふ斯かくの如ごとくなれば西洋人せいやうじんも専もつぱら茶ちやを嗜たしミ支那しなより英吉利船いぎりすせんにて輸出つみいだす茶ちやの高たか年々一億おく一千三四万斤に下らず其價あたへを平均へいにて五千五百六十万両に過すぐるといふ

はママ。「嗜み」は「たしみ」とも読むようだ。たしむ。

《また珈琲をも茶ちやと同様どうやうに嗜たしむ珈琲かつぴハ亜刺伯あらびや巴西ぶらじるの如ごとき熱国ねつこくに生しやうする草くさの実にて豆まめの如ごときものなり是これを熬いりて搗き摧くだき其煎そのせんじ汁しるに砂糖さとうを和あハせ用もちゆ苦味にがミあるを以もつて胃中いちうを空すかせ食物しよくもつの消化こなれを能よくるといふ西洋せいやう諸方しよはうにて飲料のミものとする珈琲かつぴいの高たか年々としどし六万石ごくに下くだらず英吉利いきりすの首都やこ倫敦ろんどんの中うちばかりに珈琲かつぴいを商あきなふ店ミせハ八百軒けんあり以もつて其盛そのさかんなるを知るべし

f0307792_20135716.jpg
f0307792_20140113.jpg
f0307792_20140408.jpg

加非(かつびい)、珈琲(かつぴい、かつぴ)など表記に統一がない。現代韓国語の「コッピ」(コッピー)という発音に似ているなと思ったりするが、明治六年以前ということになると、まだ実物を嗜んだ日本人はそう多くはなかっただろう。貴重な資料である。

西洋見聞図解. 前輯,2編 / 瓜生政和 編集

by sumus2013 | 2018-07-31 21:08 | 喫茶店の時代 | Comments(0)
<< 狂言屋 佐藤溪詩画集 どこにいるのかともだち >>