林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
熱いね!
by sumus2013 at 16:36
そんな関係があったんです..
by sumus2013 at 07:35
レッド・ツェッペリンの《..
by 小林一郎 at 03:15
猛暑です。どうぞお気にな..
by sumus2013 at 09:48
見に行けず聞きにも行け..
by arz2bee at 09:43
岩田さんとも、久しくお会..
by sumus2013 at 17:33
暑中見舞い申し上げます。..
by 岩田 at 09:48
東海鯤女九歳! なるほど..
by sumus2013 at 07:21
落款は、こうは読めないで..
by epokhe at 06:23
助かりました。検索するに..
by sumus2013 at 21:46
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古本と古本屋

f0307792_14251561.jpg

『古本と古本屋』追号五十一号、改題第十輯(一輪草舎書屋、昭和九年十一月十日)を頂戴した。表紙とも二十頁、謄写版刷り。しかも見事な出来栄え。発行所は一輪草舎書屋、発行編集兼印刷が富樫栄治、大阪市西成区粉浜東之町三ノ八八。

富樫栄治については坂本秀童子氏の『謄写技法』第六号に記事が出ているようだが、今、手許に置いていないので残念ながら参照できない。ただ、八木書店のHPにこんな記事が出ているのを見つけた。

「大阪古本通信」を譲り受ける 【紙魚の昔がたり4】

本書に「改題」とあるのは「紙魚の昔がたり」で言及されている『大阪古本通信』を改題したということかもしれない。富樫がアッサリ八木に『大阪古本通信』を譲り、その後始めたのがこの『古本と古本屋』になるのだろう。表紙裏には弘文荘の訪書会編『紙魚の昔がたり』(訪書会が催した座談会の速記記録とのこと)の広告が出ている。

二十頁ほどながら内容がかなり濃い。反町や八木がいっしょにやろうと持ちかけたのも納得できるレベルである。

巻頭「古本と古本屋の会」座談会、この出席者がすごいので書き留めておく。

鹿田静七 松雲堂
松本政治 中央堂
吉村長七 九州堂
八木敏夫 日本古書通信社
豊仲鍬之助 民俗文献社
藤井稔也 皇典社
尾上香詩 蒐文洞
藤堂卓  公立社
玉樹芦城 香文房
三浦良吉 其中堂
朝倉清  朝倉書店
杉本要  梁江堂
伊藤一男 カズオ書店
石川留吉 清和堂
高尾彦四郎 書林・高尾彦四郎
武藤米太郎 天牛第二書房
寒川喜一 鈴の屋書房
富樫栄治 主催者

出席者が多く紙数が限られているため、ちょっとまとめにくいが、古本ブームになっている様子が感じられる。ここでは高尾彦四郎の嬉しかった話を引用しておく。

《一番嬉しいのは、誰にも顧みられないで店の隅や、よりどり十銭の山の中から拾ひ出して来て、それも古本屋としての勘を働かし買つてきた仮綴本の薄つぺらなものを、目録なんかに発表して世に問ふてみます。それが識者に見つけられて悦んでいたゞく時でせうね。曽て、菊池大麓の著した「数理釈義」といふ本を買つてきて目録にのせたら註文殺到でした。思はず、嬉しさが込み上げてきて、ほんとうに古本屋としての誇りを感じ、使命の大きいのを知りました。》

「紙魚泡語」(無記名)
其中堂書店が宇治黄檗山にある鉄眼一切大蔵経の印行権を京都の貝葉書院から買い取ったとか、京都のHとかいう古本屋が刊記のない本に刊記を書き入れて古版本にして売っているとか、秋は大市が続くという話題(西宮の大市、緑友会、京阪神同人会、此花倶楽部、新興同人会、京都・大阪の連合大市会など)。

「日本最初の外字新聞」 原野泉

「名古屋古本屋案内(二)」 貴島生

「古本屋歌懺悔」 林吉之助
《著者・林吉之助氏は奈良県郡山町二丁目にあつて詩歌書を専門とす古書肆を経営、元、教職にあつた人。現在、月刊短歌誌「閑野」を発行。》……林書店という店のようだ。検索してみると自分のブログに書いていた。林書店は柳よし雪(矢倉年)『新民謡集青い手帖』の発行所。

「古本屋人と語る 高尾彦四郎氏の巻」

新刊紹介 『古本年鑑』1943年版

業界控帖

寄贈書誌 古書目録が多いが業界誌として『日本古書通信』とともに『日本古本新聞』という媒体があったことが分る。

広告 訪書会編『紙魚の昔がたり』、二六書房の目録『ホンヤ』第二号、天牛本店「古本売買」、書林高尾彦四郎「左記雑誌を求む」

定価一部金拾銭(送料五厘) 一年分一円二十銭

[PR]
by sumus2013 | 2018-07-19 16:30 | 古書日録 | Comments(0)
<< 小沼丹生誕百年祭 寺島珠雄書簡集 >>