林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
猛暑です。どうぞお気にな..
by sumus2013 at 09:48
見に行けず聞きにも行け..
by arz2bee at 09:43
岩田さんとも、久しくお会..
by sumus2013 at 17:33
暑中見舞い申し上げます。..
by 岩田 at 09:48
東海鯤女九歳! なるほど..
by sumus2013 at 07:21
落款は、こうは読めないで..
by epokhe at 06:23
助かりました。検索するに..
by sumus2013 at 21:46
狂草と言うのでしょうか。..
by epokhe at 21:20
フィル・スペクターの功罪..
by sumus2013 at 07:41
最初の「刷り込み」のため..
by 某氏です。 at 22:55
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


地球の水辺

f0307792_20434710.jpg

七月十一日、水雀忌。まる十年になる。以倉紘平『地球の水辺』(湯川書房、一九九二年一〇月二〇日、装幀=加川邦章)。今年になって某書店で入手、どうしてこんなに安いのか、と思ったら、おびただしい書き込みがあった。ただし、鉛筆書きなので消そうと思えば消せる。

f0307792_20494866.jpg

カバーは湯川さん(=加川邦章)得意の三方折り被せ

f0307792_20533304.jpg

カバーの文様は、和紙の上に筆などで絵具を垂らして作っている。事務所で現物を見せてもらったことがある。『政田岑生詩集』にも同じようなドリッピングのカバーを使っているから、これもまた湯川好みであろう。『政田岑生詩集』の画像を探したのだが、見つからなかった。これまでアップしていなかったか(ググッてみても出てこないのは寂しい……)、いずれ取り出してきます(今すぐはちょっと無理なので)。

f0307792_21111053.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2018-07-11 21:05 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 岩田 at 2018-07-12 09:48 x
暑中見舞い申し上げます。
アッ!この本持っています。
そうですか、湯川さんもう10年、ひと昔とは、早いものですね。
今頃、天空からパイプくわえて、下界を見下ろしているのでしょうか…。
Commented by sumus2013 at 2018-07-12 17:33
岩田さんとも、久しくお会いしていませんね。いずれまたどこかで!
<< 寺島珠雄書簡集 本の虫の本 >>