林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
驚くべし! ゴキタン隊!..
by sumus2013 at 07:28
林様「何も存じ上げない」..
by 旧雨滴瀝 at 22:47
メールでお返事しました。..
by sumus2013 at 20:06
さすが漢文通、見事な自己..
by sumus2013 at 14:35
みなさんの自己紹介がふる..
by 中嶋康博 at 12:51
カギコメ様 詳しくはメー..
by sumus2013 at 19:45
これらがすべて誤用だとな..
by sumus2013 at 14:20
花の名前をさらっと漢字で..
by 岩田 at 13:01
熱いね!
by sumus2013 at 16:36
そんな関係があったんです..
by sumus2013 at 07:35
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


青うめや

f0307792_20062716.jpg

小暑向きに何かと思って探してみたら、あまりぱっとはしないが、青梅の短冊が出てきた。鱗馬・・・

七夕と言えば、近刊の『本の虫の本』に七夕について書いた。一部を抜き出してみる。

《ご存知のとおり、ふみづき(ふづき)は七月の別称です。七月と言えば、七夕祭り。短冊に願い事を書いて笹につるします。少し古い時代には、歌や字を書いて書道の上達を祈っていたそうです。そのため七月が文月と呼ばれるようになった、という説もあるくらいです。もっと古くには短冊の代わりに梶の葉が用いられました。
「あきのはつかぜふきぬれば、ほしあひのそらをながめつつ、あまのとわたるかぢのはに、おもふことかくころなれや。」(1)
 カジノキの葉は「単葉で互生し、葉身は左右が不揃いな卵形、あるいは3〜5深裂するものがある。長さ10〜20cm、幅7〜14cm。質は厚く、縁にはやや細かく鈍い鋸歯がある。」(2)とのことですから、願い事をしたためるにはころあいのサイズになります。》

《現代の私たちは、よほどのことでもないかぎり、葉っぱを紙の代わりに使いはしませんが、言葉としては(あ、ここにも葉が!)今もふつうに使ってますよね。まずは、ページ一枚のことを「葉」と呼びます(4)。これは英語(leaf)でもフランス語(feuille)でも同じです。フォリオ(5)というのもラテン語の植物の葉(folium)からきています。
 時の移ろいとともに、文月は葉月(はづき、旧暦八月)へと名前を変えます。語源の穿鑿はちょっと脇へおいておくとして、文字面通りには「テキスト月」から「ページ月」へ。なんとも読書の秋(6)にふさわしいネーミングではないでしょうか。》

(1)『平家物語』高橋貞一校注、講談社文庫、一九七二年、巻一「祇王 妓王」。「秋の初風吹きぬれば、星合の空を眺めつつ、天の戸渡る梶の葉に、思ふ事書く頃なれや」。七夕は秋の季語です。
(2)『樹皮・葉でわかる樹木図鑑』菱山忠三郎監修、成美堂出版、二〇一四年。カジノキは和紙の原料としても用いられます。コウゾ(楮)はカジノキとヒメコウゾの雑種だということです。いずれもクワ科カジノキ属。
4)『字統』(平凡社、一九九四年)によれば、古く中国では、すべて薄いものを「葉」と言ったようです。また諸説ありますが、「言葉」は葉と関係はなく「こと(言)のは(端)」、『万葉集』の「万葉」も「万世」(よろずの世代)だと考えられています。
(5)フォリオにはさまざまな意味があります。印刷用紙を二つ折りにして四頁となった大型の印刷物、四頁分印刷した一枚の用紙、三〇センチ以上の大型本など。
(6)昭和二〇年代に日本出版協会などが開始したキャンペーン「読書週間」から「読書の秋」というイメージが定着しました。韓愈「符読書城南詩」にある「時秋積雨霽/新涼入郊墟/燈火稍可親/簡編可卷舒」との関係もよく説かれますが、魏志・王粛伝には「讀書当以三餘/冬者歳之餘/夜者日之餘/陰雨者時之餘」とあって、読書するには冬、夜、雨がもってこいだと書かれています。暑い夏が去り、秋になってようやく本を開ける気持になり、じっくり読書に親しむのは冬、炬燵のなか(暖炉の前)ということなんですね。

といった感じでウンチク垂れてます。

『本の虫の本』(創元社)近刊

[PR]
by sumus2013 | 2018-07-07 20:25 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 凡愚問答 ぽかん07 その他 >>