林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
還暦ですか! 福岡さん。..
by sumus2013 at 09:03
林さん、個展のおハガキあ..
by 大島なえ at 21:19
有難うございます。これは..
by sumus2013 at 08:17
城陽市歴史民俗資料館で「..
by 神保町のオタ at 21:43
昔のビニールカバーによく..
by sumus2013 at 16:50
「名のみ知る詩人で、・・..
by 某氏です。 at 07:33
後篇なので異なって当然で..
by sumus2013 at 17:35
岩田さま イチョウにアサ..
by sumus2013 at 16:27
koganemaru さ..
by sumus2013 at 16:26
ご教示有難うございます。..
by sumus2013 at 16:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小色紙

f0307792_20360629.jpg

これはなかなか難物。とりあえず、こうじゃないかなあ・・・というくらいでお茶を濁しておく。ご意見ご教示歓迎。

 ひさかたの天とふ 飛佐堅能天止
 つるの聲至    津留乃聲至
 千世を例の    千世越例乃
 けふにも有かな  氣婦丹母有可奈 

「かた(堅)」は土のところの形がどうかとも思うが、意味としてはこれがいい。「天」はある方よりご教示いただいた。「ひさかた」は天や星、光などにかかる枕詞。

「つる」の「る」が「る」に見えないにせよ、また「たづ」ではないかと思いつつ、千世(鶴は千年)との関連を考えて。「聲至」は鶴からの連想。至はやはりご教示いただいた。至から下へ出ている線をどう考えるか。至し、至て、至り・・・。

千世の次の文字(ひょっとして二文字?)が単純な形ながら、すぐに思い当たらない。「越」のもっとも簡略された形だと、仮に考えておく。

長寿を祝う一首か。

***

御教示いただきました。九条教実の作で『新勅撰集』巻七「賀」に収められている歌だった。

ひさかたの あまとふつるの ちきりおきし ちよのためしの けふにもあるかな

ううむ、「契置し」だったか(契とはとうてい読めないなあ)、まあ、勉強になったとしておく。「越」のところは「の(農)」だった。上部がごく軽く書かれていて、歌を知らない者にはちょっと判読しかねる(負け惜しみです)。

[PR]
by sumus2013 | 2018-06-10 17:42 | 雲遅空想美術館 | Comments(4)
Commented by epokhe at 2018-06-06 22:42 x
これは全然読めません。。読み方を教えて下さい。
署名がないところを見ると、だれでも知っているような歌なのでしょうか。
山田稔さんの本は、こちらを拝見して早速注文しました。善行堂で買った『天野さんの傘』も装釘含めて良かったので。
Commented by sumus2013 at 2018-06-07 07:26
難しいですねえ・・・もう少し考えます。山田さんの新著、楽しんでいただければ、小生も嬉しいです。
Commented by epokhe at 2018-06-11 06:30 x
解読してもらってスッキリしました。「契」と「農」が難物でしたね。筆者は筆の勢いに任せて書くタイプのようで、字形にはあまり頓着しないみたいですね。
Commented by sumus2013 at 2018-06-11 07:27
クセの強い書きぶりです、確かに。一応、知られた歌なので検索できたようですが、そうでなければ、よほどの専門家でも、スラスラ読み解くというわけにはいないでしょうね。
<< 短冊の美 HIGHWAY >>