林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「花森安治の仕事」展図録..
by ゆうた(書皮友好協会) at 21:35
充実した内容ですね!
by sumus2013 at 07:05
貴兄の個展準備でお忙しい..
by manrayist at 21:56
似ですね!、これなら転句..
by sumus2013 at 19:38
最初の字は蕪ですか。筆脈..
by epokhe at 18:26
koganemaruさん..
by epokhe at 05:26
みなさまご意見有り難うご..
by sumus2013 at 21:17
よく揺れましたね。 地..
by koganemaru at 17:57
余震にはお気をつけ下さい..
by epokhe at 22:33
「元妻の清水マチは、TB..
by sumus2013 at 17:04
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


亜剌比亜綺譚ヴァテック

f0307792_20224547.jpg

ウィリアム・ベックフォード『亜剌比亜綺譚ヴァテック』矢野目源一訳、生田耕作補訳・校訂(奢灞都館、一九八八年四月)の裸本。古書ヘリングの表の均一にて。本来は函が付いているはず。

いくら裸本でも、この本が均一とは、と思うのだが、実は日比谷図書館の廃棄本。ハンコやシールがベタベタ。

東京都立日比谷図書館は明治四十一年開館、昭和二十年の空襲で全焼したが、再建された。二〇〇九年に東京都から千代田区へ移管され、二〇一一年一一月四日に千代田区立日比谷図書文化館として開館している。

……ということだから、移管時に蔵書の整理が行われ、この本はあえなく廃棄となってしまったわけだ。念のため千代田区立日比谷図書文化館で『ヴァテック』を検索してみるとボルヘス編『新編バベルの図書館3』(国書刊行会)にスティーヴンソン、ダンセイニらとともに収められている(当然ながら奢灞都館版はヒットしない)。

どこをどう辿って京都岡崎まで流れて来たのか、不思議と言えば不思議、古本の世界ではよくあること、と言えばよくあること、か。

f0307792_20225117.jpg
f0307792_20302376.jpg
f0307792_20304178.jpg
f0307792_20225496.jpg

生田耕作は、本書巻末の「「牧神社」版 校訂者解説」を読むと、矢野目源一への興味から本書を評価しているように思える。

《すぐれた先人の苦心になる名訳が、時間的経過というたんなる外的理由によって、深く優劣を比較検討することなく、図書館の片隅にいたずらに埃をかぶったままで放置される矛盾は一日も早く改められたいものである。》

残念ながら本書は図書館の片隅で埃をかぶる機会さえ失ってしまった。埃をかぶっても図書館に架蔵されつづけるということは大きな意味を持っているはずなのだが……。

《仄聞するところによれば、昭和のはじめ、長マントをはおって、腰には短剣を吊るし、東京の巷を闊歩して衆人の目を見はらせたという、ベックフォードの系列につながる奇人伝中の人物、幻庵居士矢野目源一の〈イキ〉姿を今に偲ばせる、見事な訳文をも併せ堪能していただければ幸いである。
 今では古書店でもみったに見かけなくなった、同じ訳者による他の業績、『吸血鬼』『古希臘風俗鑑』(マルセル・シュオブ作)、『ド・ブレオ氏の恋愛行状』(H・ド・レニエ作)等の旧刊書も再び甦ってもよい時期であろう。それにしても予告されたまま刊行に至らなかった、エリファス・レヴィの『魔法史』、ライムンド・ルルリの『愛経』をはじめとする、数々の奇書の訳稿はいまいずくに眠っているのか。》

本書の底本は春陽堂文庫版(一九三二年)である。奢灞都館なき今、その再刊の遺志を継いでいるのが書肆盛林堂だということは明らかであろう(山田一夫の例でも分かるように)。書肆盛林堂より最新刊が届いた。『我もし参謀長なりせば』。これまた珍品。

《海野十三、大下宇陀児、甲賀三郎、蘭郁二郎、渡辺啓助、探偵作家の大家五人に、「科学知識」編集部が、昭和十四年に勃発した欧州大戦に、それぞれ『獨逸側』『英佛側』の参謀総長の立場を選ばせ、指揮をとらせて各々勝利へと導くにはどうすればいいか? と誌上での作戦をたてさせた本連作。その奇妙・奇天烈な作戦は、まさに科学探偵小説。ここに、全作を完全覆刻する。》

……たしかに奇天烈というか、ちょっと笑っちゃいます。



[PR]
by sumus2013 | 2018-05-30 21:16 | 古書日録 | Comments(0)
<< 亞・35 たはむれに >>