林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


いまそかりし昔

f0307792_20190364.jpg

ブログをしばらく休んだが、休む数日前に、築添正生『いまそかりし昔』(りいぶる・とふん、二〇一一年三月二三日、装幀=林哲夫)を入手した。もちろん、自分用の一冊および特装本は確保している。それでも見かけると買いたい。以前、目録で注文したときにはハズレた。われながらいい装幀だなあと思う。

築添正生さんの一周忌の法要と出版記念会

いい会だったが、もう七年が過ぎたとは・・・

f0307792_20191952.jpg


表紙の写真は築添さんの仕事場(撮影:井上迅)。最初に指定した表紙の紙がラフ(表面ザラザラ)だったため、印刷所ではどうしてもうまく黒ベタが乗らなかった。仕方なく、刷り易い紙(ミルトGA)に変更したのだが、これはこれで悪くない。たまには自画自賛。


by sumus2013 | 2018-05-20 20:31 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)
Commented by tobiranorabbit at 2018-05-21 10:32 x
時の流れに驚きます。一周忌の集まりのとき、震災後10日も経っていなくて、停電したような闇のなか、そこでボッと灯影があったように覚えています。大月さん、三輪さんの姿がありましたね。
Commented by sumus2013 at 2018-05-21 20:08
そうですねえ・・・大月さん、三輪さんもいらっしゃいました。昨夜のことのようなんですが。
<< 河口から IV FREE TOWN VOL.8 >>