林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
熱いね!
by sumus2013 at 16:36
そんな関係があったんです..
by sumus2013 at 07:35
レッド・ツェッペリンの《..
by 小林一郎 at 03:15
猛暑です。どうぞお気にな..
by sumus2013 at 09:48
見に行けず聞きにも行け..
by arz2bee at 09:43
岩田さんとも、久しくお会..
by sumus2013 at 17:33
暑中見舞い申し上げます。..
by 岩田 at 09:48
東海鯤女九歳! なるほど..
by sumus2013 at 07:21
落款は、こうは読めないで..
by epokhe at 06:23
助かりました。検索するに..
by sumus2013 at 21:46
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


レッド・ツェッペリン

f0307792_20493604.jpg
f0307792_20493944.jpg

新潟から戻って以来、ずっと聞き返していている「レッド・ツェッペリン/コンプリート・スタジオ・レコーディングス」(WEA International Inc. 1993)。北陸自動車道、金沢を出て、福井を通り、ずんずんと南下して米原を過ぎた頃、FMラジオをオンにすると(FM COCOLO にチューニングしっぱなしだったので北陸道では聞こえなくなっていた)、たまたま、流れてきたのが、ホラホラララヴ・・・「胸いっぱいの愛を WHOLE LOTTA LOVE」。これが良かった、何だかグッときた。

このボックスは「LED ZEPPELIN」(1969)から「CODA」(1982)までの十枚入り。最近に入手したもの。それまで、これだけまとめてツェッペリンを聞いたことがなかったので、その凄さにちょっと驚いた(U2かと思うような曲もある)。

f0307792_20494184.jpg

若い頃(二十代)ある友人から「LED ZEPPELIN II」(1969)のアルバムを預かった(この経緯は複雑なのでここでは略す)。ツェッペリンのなかでも最高のアルバム。預かったまま、今も持っている。その友人は若くして亡くなった。当時、聞いてみたのだが、かなりショッキングな音作りで、印象は強烈だったものの、ちょっとついていけないなあという思いの方が強かった。だからツェッペリンについては「II」のイメージで理解していたのだ。

今、びっくりしたのだが、「LED ZEPPELIN」が一九六九年一月のリリース、「II」が十月である。バンド結成が一九六八年だから、グループとしては、結成の時点ですでにほぼ完成していた。イギリスでレコーディングし、大学ツアーを行った後、ピーター・グラントから声をかけられ、同年クリスマス・イヴにサンフランシスコへ到着、アンダーグラウンド・シーンで急速に名前を知られるようになった。そしてニューヨークへ。

《ニューヨークに着くと、ツェッペリンは既にヘッドライナーになっていた。ファースト・アルバムはトップ10入りを果たし、そのまま1年以上もチャートに留まった。1969年だけで、3度に及ぶ全米ツアーが行われた。
 「レッド・ツェッペリンII」の曲作りとレコーディングは、そのほとんどがツアー中に行われた。彼らの苛酷なツアー・スケジュールからして、決して容易なことではなかったはずだ。前作よりもバンドの個性が浮き彫りになり ー メンバー同士がより親しくなっていったことも一因だろう ー ロバートのヴォーカルにも磨きがかかっていた。アルバムからのファースト・シングル「胸いっぱいの愛を」は爆発的な売れ行きを見せ、彼らにとって初の大ヒットとなった。》(キャメロン・クロウ、大屋尚子訳)

「II」から「III」そして四枚目の「〓〓〓〓」(絵文字で記されており、それがタイトルと見なされるが、仮に「IV」と呼ばれている)へとつづく流れは、ひとつの必然のように思えるくらい、よどみのないものだ。

その後はゆるやかな解体へ向う。歌唱も演奏も並みはずれてはいるのだが、いずれのアルバムでも曲がピンとこない。熱狂から冷却へ、ひとつのサイクルが閉じる感じである。


[PR]
by sumus2013 | 2018-05-07 20:53 | おととこゑ | Comments(4)
Commented by 岩田和彦 at 2018-05-08 09:51 x
大変ご無沙汰しています。
なるほど、小生はやはり「天国への階段」辺りが、絶頂期だったかと思えるのですが。しかし、レコード上での事、時代的に
ちょっと早く間に合っていませんが♬
Commented by sumus2013 at 2018-05-08 16:14
たしかに「天国の階段」が入っている「IV」がセールスとしては絶頂ですね。でもやっぱりベストは「II」でしょう。ただ、IIからIVまでは連続してゆるみがない感じです。
Commented by くみ at 2018-05-08 23:04 x
ちょっとちょっと、V《聖なる館》も忘れないで!売り上げはともかく内容も録音レベルも高いのだぞ!お蔭でライヴ演奏ではそれを越えられないのが残念。
Commented by sumus2013 at 2018-05-09 20:32
「V」も、もちろん演奏レベルは高いと思いますが、IとかIIの何も考えずにやりたい放題な感じはなくなってますね。考えてますね、いろいろと。
<< 初稿 配偶 杖のはしめ >>