林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
久しぶりでゆっくりお話し..
by sumus2013 at 17:05
おはようございます。 ..
by 岩田和彦 at 06:48
小説を読む深い喜びを感じ..
by sumus2013 at 07:54
雑事に紛れて気がつきませ..
by 高遠弘美 at 20:59
かもしれませんね。これら..
by sumus2013 at 20:36
声をおかけしたとき洋書を..
by 神保町のオタ at 09:38
驚くべし! ゴキタン隊!..
by sumus2013 at 07:28
林様「何も存じ上げない」..
by 旧雨滴瀝 at 22:47
メールでお返事しました。..
by sumus2013 at 20:06
さすが漢文通、見事な自己..
by sumus2013 at 14:35
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


惜めども

f0307792_19400599.jpg

月が替わったので短冊をば。汚れが目立つが、手はまずまず。こちらも署名がない、ということはよく知られた歌である。

[PR]
by sumus2013 | 2018-05-02 19:43 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented by epokhe at 2018-05-07 18:02 x
なかなか解読して下さらないので読んでみました。
「惜めとも とまらぬはるも 有物を いはぬに きたる夏衣かな」」(惜しめどもとまらぬ春もあるものをいはぬにきたる夏衣かな)新古今和歌集176の素性法師の歌とか。
今回のカテゴリーは雲遅空想美術館ではないのですね。変体仮名や草書が読めると読書範囲が江戸時代の本まで広がるので、毎日少しずつ読んで慣れていきたいと思います。いつも珍しい短冊を見せて下さりありがとうございます。
Commented by sumus2013 at 2018-05-07 20:48
短冊はまだまだありますので、今後も折りに触れ、紹介していきます。この歌は有名ですので解読はいいかなと思っていたのです(笑)。

このところ手頃な漢詩の軸がなかなか手に入らないのですが、近々マクリでも少し探してアップするつもりです。

変体仮名や草書が読めて一人前という感じがしていますが、その意味では小生も、まだまだ半人前以下です。ご教示、今後ともよろしくお願いいたします。

ついうっかり古書日録にしてしまったのです。雲遅空想美術館の方へ移しました。今後も時折こちらをご覧いただければと思います。
<< 林哲夫展 in 北書店 春の古書大即売会2018 >>