林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「蘆刈」欲しい本ですね。..
by 大島なえ at 14:34
小さな冊子を楽しんで下さ..
by Kat at 11:21
楽しみにしています!
by sumus2013 at 08:06
イイネ!
by sumus2013 at 17:31
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 14:57
swallow-dale..
by uroburo at 01:58
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 23:23
少年少女探偵小説というジ..
by sumus2013 at 16:07
swallow-dale..
by uroburo at 12:49
宇陀児さんはそんな作家だ..
by imamura at 11:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


稿本董一句集

f0307792_20041640.jpg

『稿本 董一句集』(私家版、平成二十八年六月)なるものを頂戴した。というか、 董一氏に句集はないのですかと尋ねたら、二年前に五人ほどに渡した手製の句集があるとおっしゃるので、送っていただいた。それはA5判八頁(A4二枚重ね二つ折)におおよそ百五十句(?)ほどが収められている。

これが素晴らしい句集であった。拙ブログでも当初は毎日、拙作俳句をタイトルとしていた時期があったが、俳句を考えるだけで一日が過ぎて行くようなことがあり(その頃から董一氏にはいろいろご教示をいただいたものである)、俳句をタイトルにするのは止めにした。自然、句作からも遠のいた。

daily-sumus 2006年4月


『稿本 董一句集』より。


 用水の涯はうごかぬ春の雲

 飛ぶ鳥の背に誰もなし三島の忌

 ドアの外の空のどんぶり猫の恋

 タクシーの次々入りぬ芒原

 春泥やひねつて閉ぢる紙袋

 雛壇の裏へとコイン転がれる

 マネキンの脚投げ出せる薄暑かな

 漱石忌書類袋の底の砂

 五月雨に犬濡れてゐる鎖もまた

 東京に立て掛けてある日傘かな

 秋旱目薬壜のなかの泡

 靴履けば靴に従ふ三島の忌

 箸先に chalaza 絡みぬ遠雪崩


優劣つけがたい秀句が並んでいるので、目に付いたものを引いてみたが、いかがであろうか。なかなかでしょう。

この句集をこのままにしておいては、いずれどこかに紛失してしまう。なにしろ紙モノで机辺はあふれている。そこで厚手の画用紙で表紙を作ってみた。以下その手順。

1)これが本文である。
f0307792_20041952.jpg


2)これが表紙の画用紙である。天地は本文よりわずかばかり大きめにカットする。左右は両袖を折り返すように画用紙サイズいっぱい使う。
f0307792_20042234.jpg
f0307792_20042565.jpg


3)そこへ模様をつける。あまり手の込んだデザインではなく、あっさりとアクリルのインクを垂らすくらいがいい。
f0307792_20042823.jpg


4)表紙に本文を麻糸で綴じ付ける(三つ目とじ)。麻糸はたまたまそこにあったもの。やや太目の色糸でも良かった。三つ目とじは山崎曜『手で作る本』(文化出版局、二〇一七年)を参考にした。
f0307792_20043065.jpg
f0307792_20043389.jpg
f0307792_20043692.jpg
f0307792_20044125.jpg


5)表紙にタイトルを貼付ける。題簽は本文タイトルをコピー(少しだけ拡大してもいい)して切り抜く。手書きでも可。
f0307792_20044357.jpg
f0307792_20044695.jpg


自家用の他に何冊か作ったので董一氏へお送りしようと思う。

 真上から屑籠を見る日永かな  董一

[PR]
by sumus2013 | 2018-04-10 20:53 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)
Commented at 2018-04-10 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2018-04-11 17:31
イイネ!
<< 岡崎和郎/瀧口修造 帝塚山派文学学会 紀要第二号 >>