林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
猛暑です。どうぞお気にな..
by sumus2013 at 09:48
見に行けず聞きにも行け..
by arz2bee at 09:43
岩田さんとも、久しくお会..
by sumus2013 at 17:33
暑中見舞い申し上げます。..
by 岩田 at 09:48
東海鯤女九歳! なるほど..
by sumus2013 at 07:21
落款は、こうは読めないで..
by epokhe at 06:23
助かりました。検索するに..
by sumus2013 at 21:46
狂草と言うのでしょうか。..
by epokhe at 21:20
フィル・スペクターの功罪..
by sumus2013 at 07:41
最初の「刷り込み」のため..
by 某氏です。 at 22:55
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


歩きながらはじまること

f0307792_17402103.jpg

西尾勝彦詩集『歩きながらはじまること』(七月堂、二〇一八年三月七日)。Pippoさんが解説を書いている。

《西尾さんの詩作のきっかけは、二〇〇七年、三十代の半ばに、美術作家の永井宏氏の通信ワークショップに参加したことだそうだが、永井氏のアドバイスは、適切かつ簡潔で、気持ちよく書き続けることができたそうだ。そして、翌二〇〇八年には早速、たまった詩篇を元に私家版の詩集を二冊(『大きな鯨』『手ぶらの人』)製作し、大阪や京都のカフェや書店にて、この私家版の詩集たちを販売してもらえるようになる。この電光石火のスピード感たるや!
 詩を書き始めること、は容易い。しかし、そこからのしっかりとした「動」に、この、自在に広がり、根をはって、空を縦横に伸びてゆく、大樹のような詩人の資質があると言えよう。》(解説)

ということは、詩を作り始めて十年少々か。あまり肩肘はらない言葉遣いでけっこう肩肘はった主張(たぶん)をしているところに好感をもつ。そんな態度は少し天野忠に似ているようにも思った。

しかし何と言っても、古本屋が出てくる、これはうれしい。「ならまちの古本屋」より。

 そんな奈良町の中心より少し東
 注意していないと素通りしてしまいそうな
 目立たない古本屋がある
 外観も内装も
 元の民家をそのまま使っているので
 靴を脱ぎ
 畳の部屋で本を眺める
 下宿している友人の部屋に来たみたいだ という人もいる
 初めて行ったとき
 ぼくは つげ義春の漫画の世界に入り込んだ気がした
 うらぶれつつも不思議とあたたかい空間
 店主は七〇年代前半に学生時代を送り
 世界中を旅した人だ

ああ、ここはあそこだな、とにんまりとする。また、詩を詩集としてとらえている、これもいい。例えば「遅い言葉」より。速いメディアに乗せても詩は取り残されてしまうという。

 だから
 詩集は
 遅さの価値を知る特別な本屋の棚に
 ひっそりと眠っている
 詩は
 誰かの目に触れる時を待っている
 そして
 長い時間をかけて人々に読まれてゆく
 すると
 その人の心に
 詩の言葉は
 ぽたりぽたりと落ちてゆく


あるいは「踊る言葉」より。

 昨日
 古い詩集が届いた
 私の好きな詩人が戦後初めて世に送り出した詩集だ
 奥付には
 昭和二十九年とある
 活版印刷の文字は
 すっかり年老いていたが
 「生は すでに宙に浮いている」と
 クールに放たれた言葉は
 まだ熱く
 踊っていた


または「コロッケ(老詩人の話 其の二)」より。十年に一冊のペースで詩集を出している老詩人。

 最近はもらってくれる人も
 ほとんどが
 となりの世界にいってしまって
 仕方なく
 なじみの古本屋に売ったりしている
 そこで得たお金で
 好物のコロッケを買うのが楽しみらしい
 ぼくが
  詩がコロッケになったのですか
  それとも 
  コロッケが詩なのですか
 と訊くと
  コロッケは
  コロッケだよ
 という答えだった


本屋の近未来(現在?)を形容したような「影書店」という作品もある。

 耳の人を誘って
 影書店へ
 行ったことがある

 その店は
 広くもなく
 狭くもなく
 新しくもなく
 古くもなく
 本屋であり
 本屋ですらない
 どこかしら定義を拒む
 よるべのない
 不思議な店なのだ


そして「パン屋詩人の私 一」(全文)

 パンを食べるように
 詩集を
 読む人はいないかな と
 ふと
 思ったことがあった

 そこで
 『パン屋詩集』という
 簡素なタイトルの
 小冊子を作って
 棚に
 置いてみることにした


まさに食うべき詩。それで、どうなったかは「パン屋詩人の私 二」を読むと分かります……。

Pippoさんは解説の最後にこう書いている。

《目をとじて。心をひらいて。
まっさらな心で、西尾勝彦の詩を読めば。
きっと、森で深呼吸したような、清涼感にみちあふれることだろう。
そして、未知の自分に、出会えることだろう。》

ちょうどこの詩集が届いたとき、滅多なことでは詩など読まないのだが(このブログではよく取り上げているにしても、自らすすんで読むということはほとんどない)、たまたま必要あって金子光晴、前からじっくり読みたかった(が、なかなか腰が上がらなかった)フランソワ・ヴィヨンを同時に読んでいた。やっぱり詩人はさかしまだ。さかしまでなきゃ。後ろ向きのおっとせい、西尾氏も、また。

粥彦( のほほん社 )




[PR]
by sumus2013 | 2018-04-06 20:29 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 春月 ささありき続報 >>