林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
猛暑です。どうぞお気にな..
by sumus2013 at 09:48
見に行けず聞きにも行け..
by arz2bee at 09:43
岩田さんとも、久しくお会..
by sumus2013 at 17:33
暑中見舞い申し上げます。..
by 岩田 at 09:48
東海鯤女九歳! なるほど..
by sumus2013 at 07:21
落款は、こうは読めないで..
by epokhe at 06:23
助かりました。検索するに..
by sumus2013 at 21:46
狂草と言うのでしょうか。..
by epokhe at 21:20
フィル・スペクターの功罪..
by sumus2013 at 07:41
最初の「刷り込み」のため..
by 某氏です。 at 22:55
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


空魔鉄塔

f0307792_20023049.jpg

大下宇陀児『空魔鉄塔』(善渡爾宗衛編、暗黒黄表紙文庫、Noir Punk Press、二〇一八年四月三〇日、表紙デザイン=小山力也)。本書あとがき、番場ハジメ「ここは地獄の二丁目くんだり」によれば

《もともと、『空魔鉄塔』は、春陽堂版のものを紙面復刻のつもりでしたが、諸般の事情により、根本から新たに『大下宇陀児 少年少女探偵小説撰集 戦前編 空魔鉄塔』として、作品を選定し直すこととなったのでした。
 もともと数年前、大下宇陀児を企画していたこともあって、一度いろいろとしこたま調査をかけてあったし、さらに編成については、上記のありがたい目録もあって、わりかしスムースに進んだ。》

文中「上記のありがたい目録」は『宝石』の特集での目録と「新青年趣味」の特集大下宇陀児の目録をさす。

《こうしてどうやら、大下宇陀児先生の健全から不健全にわたる少年少女探偵小説をまんべんなくセレクト出来たのではないでしょうか? やっぱり変格探偵小説やわぁ。大下宇陀児センセイのショウケースになってるよね。なかなかどうして結構ととのった本になったわいと、おおいに自画自賛し、筆をおくことにします。》

とのこと。

子供だまし・・・と思って読み始めたら、滅法おもしろい。表題作の『空魔鉄塔』は昭和十二年『東日小学生新聞』に連載された。ロシア人と中国人が悪漢で、満州の奥地に巨大な秘密基地があるという設定が、時代をそのまま写しているようでワクワクさせられてしまう。スケール感のある構想と細かいことは気にしない飛躍がすばらしい。その他の短篇でも、意外なヒネリが利いて、これなら大人も十分だませるだろう。戦前の日本はこんなに科学技術が進んでいたのかとビックリするくらい最先端の日の丸技術を外国のスパイたちが盗みに来る、それを少年や少女が知恵を働かせて見事に防ぐというから、愛国心をくすぐって、なんとも痛快。大下宇陀児、ツボを心得た作家だ。

大下宇陀児 少年少女探偵小説撰集 戦前編
『空魔鉄塔』
著者:大下宇陀児
編者:善渡爾宗衛

[PR]
by sumus2013 | 2018-04-04 20:54 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by imamura at 2018-04-05 11:05 x
宇陀児さんはそんな作家だったんですか。宮崎翁からは推理作家とお聞きしてました。直筆ハガキを一枚所持しています。
Commented by sumus2013 at 2018-04-05 16:07
少年少女探偵小説というジャンルでも健筆をふるったということだと思います。その作品集です。わたしも詳しくないのですが。
<< 山さくら よはおぼろ >>