人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013


詩集雲表

f0307792_20120678.jpg


19310801 雲表
著 者 藤木九三 
発行者 中江喬三 
発行所 黒百合社 大阪市南区鰻谷仲之町三九
197×141mm 81pp ¥1.20 六百部限定版


f0307792_20190409.jpg
f0307792_20121515.jpg
f0307792_20123796.jpg

f0307792_20193275.jpg

f0307792_20203171.jpg

f0307792_20211130.jpg
f0307792_20205537.jpg

「序」によれば、山のカットは《私が愛誦する L. Pilkington の詩集"An Alpine Valley"から借用したものである。》。藤木は福知山の出身、京都三中から早稲田大学の英文科を出て東京毎日新聞、やまと新聞、そして朝日新聞へと移り、一九一九年に神戸支局長。一九三〇年にはパリに滞在し、モンブラン、マッターホルンなどの岩場を登攀した。


  屋上登攀者
   (巴里に在りし日の私の生活の横顔)

屋根裏部屋は、私ーー屋上登攀者ーーのベルグ・ヒュッテだ
三角な出窓を開けると
霧がさつ[二文字傍点]と顔を打つ
月明の夜だつたら、殊に景観は素晴らしい
DOME, TOWER, NEEDLE, PINNACLE, PYRAMID, OBELISK…
地平の果[はて]から果まで
高層建築のあらゆる近代的な精鋭さと、敏感さ
何物かを掴まうとして高く、高く差し伸べた都會の觸手を空間に林立
 せしめてゐるではないか
私は其處に、人工の山岳としての個性と特異な荘厳さを觀る
(そして街觀はその儘の山脈であり、渓谷でもあるのだ)
もし、屋上花壇
ーーたとへそれが窓際に列べられた四五箇の鉢植にもせよーーがあり
 とすれば
私にとつて、宛[さなが]らアルプの『お花畑』なんだ
晴れた日の穹窿[そら]の下で
露臺[バルコン]に椅子を持ち出し、パイプを銜へながら望遠鏡でも覗いてご覧ん
ノートル・ダムの AIGUILLE の頂上で『積石[ケルン]』をまん中に、例の怪
 物どもが日向[ひなた]ぼつこ[三文字傍点]をしてをり
そして
凱旋門[エトワール]の北の壁では
あの仲間ーー屋上登攀者ーー
ザイルをしごいて、懸垂の練習をやつてゐるのが見えるだらう
(そして今日も
エツフエル塔の尖端[とつぱな]で倒立した勇者があつた相だ)
とはいへーー深夜、裏梯子を攀ぢてこの屋根裏のヒユツテにやつて来
 て見たまへ
一歩一歩、氷壁にステツプを切る刹那の虚心と敬虔さのひと時が味へ
 る!


発行者の中江喬三についてはよく分らないが、大阪の鰻谷で印刷所を経営していたのだろう。黒百合社は昭和五年から十五年の間に登山関係の本ばかり十点ばかり出版しているようだ。

by sumus2013 | 2018-03-20 20:59 | 関西の出版社 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2018-03-29 21:51 x
いい詩集ですね。岩波文庫の『屋上登攀者』の
解説に黒百合社の説明があります。藤木九三たちが
経営する山岳書の出版社です。いい本を出していますよ。

登山が宗教であった時代です。山ガールの影は
微塵もなし。
Commented by sumus2013 at 2018-03-30 20:58
黒百合社の本はいいですね、なかなか出会えませんけど(均一で…)。
<< 追悼三輪正道 書彩13 >>