林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


TakaMatsu Bookshop map

f0307792_17211527.jpg
f0307792_17211971.jpg

讃岐・高松の書店ガイド「TakaMatsu Bookshop map」を頂戴しました。ありがとうございます。半空、な夕書、かまんよ書店、本屋ルヌガンガ、YOMS、touca、BOOK MARÜTE、Solow、へちま文庫。ここしばらく高松から足が遠のいている。知らないうちにこんなに(古)本屋ができているとは、オドロキ。


f0307792_17272682.jpg

また別の方より「西荻窪 古本とアンティークマップ」も頂戴した。こっとうの街と言っていいくらいアンティークショップが並んでいる、これにもビックリ。一度、ゆっくり西荻巡りもよさそうだ……。



f0307792_17291876.jpg
表紙もまぶしい『雲のうえ』28号(北九州にぎわいづくり懇話会、二〇一八年二月一八日、アートディレクション=有山達也)。特集『雲のうえ旅行社』。岡崎氏が牧野伊三夫氏と北九州を旅している。門司港へ来てここへ寄らずに帰る法はないという「佐藤書店」がなんとも良さそうで旅情を誘われる。

『雲のうえ』28号

by sumus2013 | 2018-03-11 17:37 | うどん県あれこれ | Comments(0)
<< ジャコメッティについて 川内の生んだもう一人の出版人 >>