林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「花森安治の仕事」展図録..
by ゆうた(書皮友好協会) at 21:35
充実した内容ですね!
by sumus2013 at 07:05
貴兄の個展準備でお忙しい..
by manrayist at 21:56
似ですね!、これなら転句..
by sumus2013 at 19:38
最初の字は蕪ですか。筆脈..
by epokhe at 18:26
koganemaruさん..
by epokhe at 05:26
みなさまご意見有り難うご..
by sumus2013 at 21:17
よく揺れましたね。 地..
by koganemaru at 17:57
余震にはお気をつけ下さい..
by epokhe at 22:33
「元妻の清水マチは、TB..
by sumus2013 at 17:04
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人と会う力

f0307792_17265330.jpg

岡崎武志『人と会う力』(新講社、二〇一八年二月二六日、カバー・本表紙イラスト=著者、装丁=ロコ・モーリス組)読了。

人と会う力

還暦を迎えた岡崎武志のすべて(!)がここに集約されている、というか神の滴みたいな岡崎エキスで満たされた一冊と言い換えてもいいだろう。

《この本は、本編にも名前が登場する編集者で作家の坂崎重盛さんと、神保町の酒場で飲んで話したことがきっかけで生まれた。私は忘れていたが、もろもろ話していた時に、「ぼくは人と出会うことで、これまでの道を切り拓き、いい仕事に巡り会ってきた。人と会うことで作られた男なんです」というようなことを坂崎さんに言ったらしい。たしかにそうだし、今でもそう思う。ほんの、酒場での気負った戯れ言のような発言であったが、坂崎さんは聞き逃さず、「それ、一冊、本が書けるんじゃないですか」と返してきた。》

《自分が幸福か不幸であるかと問われれば、人に「会う」ことについては、幸福だったとしか言いようがない。自分のことを書きつつ、さまざまな「会う」バリエーションを考え、先人たちの例を挙げることで、貧しい体験を補強してみた。

はげしく同感したのは「『坊っちゃん』はダメである」の章。

《人生のいろいろな局面で、人と「会う」ことを大切にするなら、ぜったいに「坊っちゃん」を真似してはいけない。なぜなら、この若者は、ことごとく「会う」機会を拒否し、避けて通っているからだ。

坊っちゃんはサイテーな奴だな、と前から思っていた。どうしてこの小説が読まれるのか、気分が悪くなるような作品ではないか。漱石研究者ならば、ここに漱石の挫折の深刻さを読み取れるかとも思えるが、この小説を書くことが漱石のうっぷんばらし(カタルシス)になったとしたら、当時の漱石は相当に病んでいたと思う。

《こういう人物が、自分の会社、あるいは学校で同じクラスにいてごらん、果たして尊敬できるだろうか。「こいつ、バカじゃないか」と思うのではないか。
 『坊っちゃん』は、作品の出来としては素晴らしい。しかし、人間としては欠陥が多過ぎる。人と親しくなるためには、すべて「おれ」がやったのとは逆のことをしなくてはならない。

小生は、作品の出来についても疑問を持っている。駄作の多い漱石のなかでもつまらない部類に入るのが『坊っちゃん』という気がしないでもない。ひょっとして『猫』みたいに何かヒントになった先行作品(イギリスの諷刺小説とか)あるのかもしれないが……。晩年の漱石はこれが一番気持良く読み返せた自作だと弟子に語ったらしい。そういう意味では『坊っちゃん』に漱石の本音がストレートに現われているのは間違いないようだ。漱石は「おれ」みたいになりたくて、でも結局そうはなれなかった、ということなのかもしれない。

思わず脱線、失礼。『坊っちゃん』だけじゃない、他にも「男はつらいよ」やディック・フランシスの競馬シリーズ、笑福亭鶴瓶、キャロル、ザ・フォーク・クルセダーズ、高田文夫、鮎川信夫などなど、自家薬籠中の話題で「出会い」の機微を説いて行く。岡崎エキスと書いたのはこのためである。

いちばん最後のところに置かれた「小沢昭一さんに会えてよかった」、なんともスリリングな、しかし、いい話。人はすべからく、こうありたいもの。

《これから先、どれだけのことがやれるだろう。無力、無学を自認してきたが、何もなければ、何もできてこなかっただろう。支えてくれた人たちのおかげもある。そのことに、素直に、深く感謝したい。》(「『還暦』の会 感謝の言葉」より)



[PR]
by sumus2013 | 2018-03-07 20:34 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by 岡崎武志 at 2018-03-09 00:54 x
いつもながら、拙著、ご紹介いただき、ありがとうございます。『坊っちゃん』の反応、驚きました。そうですか。もし、この本が売れて、第二弾が出れば、「ブラケット」「are」「sumus」のことも書きたいと思っています。
Commented by sumus2013 at 2018-03-09 07:32
期待してますよ!
<< 花森安治装釘集成・書評その他 大阪繁昌詩 >>