林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「花森安治の仕事」展図録..
by ゆうた(書皮友好協会) at 21:35
充実した内容ですね!
by sumus2013 at 07:05
貴兄の個展準備でお忙しい..
by manrayist at 21:56
似ですね!、これなら転句..
by sumus2013 at 19:38
最初の字は蕪ですか。筆脈..
by epokhe at 18:26
koganemaruさん..
by epokhe at 05:26
みなさまご意見有り難うご..
by sumus2013 at 21:17
よく揺れましたね。 地..
by koganemaru at 17:57
余震にはお気をつけ下さい..
by epokhe at 22:33
「元妻の清水マチは、TB..
by sumus2013 at 17:04
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大阪繁昌詩

f0307792_20044766.jpg

田中金峰『大阪繁昌詩』の中巻のみ入手。むろん双白銅文庫なり。この詩と註釈からなる三冊(続が三冊の計六冊)本についてはネット上で多く取り上げられており、小生ごときがとくに註釈することもない。

f0307792_20050393.jpg

一応リンクしておくと、活字で読みやすいのがこちら。評伝も収録。


『大阪繁昌詩』上中下の全ページ画像はこちら。

大阪繁昌詩 お茶の水女子大学附属図書館

田中金峰の略歴はこちら。

大阪繁昌詩 日本漢詩選 詩詞世界

幕末の天才少年だったらしい。ところどころしか読んでいないけれど、観察が若々しいというか、やや幼い感じがしないでもない。たとえば祖母が田楽好きの部分とか。

f0307792_20051202.jpg
f0307792_20051464.jpg

心斎橋の夕涼みの様子など、いきいきと描けている。

f0307792_20262186.jpg

そして、書店はみな心斎橋筋(條)にあった。その繁昌の様子が簡潔に描かれている。

武編文帙利頻鋤   武編文帙 利頻りに鋤く
戸戸乗晴驅白魚   戸戸 晴に乗じて白魚を驅る
肆上老商私詑我   肆上の老商 私かに我に詑/ジマンイフ/す
今朝交易得珍書   今朝 交易して珍書を得たり

 書肆は皆、心齋橋條/シンサイバシスジ/に在り。肆下、白招牌/シラハリノカンバン/を安/ヲ/き、牌面に其の名を題す。二酉五車、庫に藏し、汗牛充棟、肆に列す。方伎生/イシヤ/、緇流客/ボウズ/、去來頗る織るが如し。屨、常に戸外に満つ。
 家父の七絶、華城詩鈔に見ゆ。

上下巻も……入手したいなと思って調べると、ちょうど上下巻が、なんとか手に入れられる値段で「日本の古本屋」に出ている。これは迷います。


因果道士著・中島棕隠軒編集『都繁昌記』

寺門静軒『江戸繁昌記初篇』

[PR]
by sumus2013 | 2018-03-06 20:45 | 古書日録 | Comments(0)
<< 人と会う力 中澤弘光 >>